組織の中にプロフィットセンターはない。

「プロフィットセンター」とは、企業のなかで利益を生む部門や人のことを言います。利益をいかに発生させるか、というところに責任が発生します。プロフィットセンターでは、収益と費用の両方が集計されるというのが特徴で、その目標は、利益(収益-費用)を最大化することにあります。

この言葉は、かのP.F.ドラッカーが作った造語だったかと思いますが、ドラッカーも『創造する経営者』の中でこう言っています。

「お

もっとみる
ありがとうございます。励みになります。
5

27歳SES事業マネージャー男子、社会人4年半を振り返ってみた

初めまして、じょーさんと申します。
他の人に noteを書いて頂いた事はありましたが、自分で書くのは初めてです。

さて、我ながら筆不精の僕がnoteを書こうと思ったのは理由は2つあります。

①自分の思ったことを言語化すること

②IT人材や業界についての営業視点での情報発信

①は完全に自分への投資です。あまり言語化が得意じゃないのでそれの克服も兼ねて。あとは隔週で主宰してる読書会や日々の読書

もっとみる

メンバーからみたまともなマネージャー像

こんばんは。現在も現役のITコンサルタントとしてプロジェクト推進に邁進するサラリーマンです。ふと、メンバーが必要とするマネージャーってなんだろうと考えてみました。

経緯としては、何個か前のシステム導入プロジェクトでチームメンバーとして参画したものの相当グダグダなことになったことがあり、当時のマネージャーの背中をみて思うことがたくさんあったからです。

きっといいマネージャーは、メンバーが働きやす

もっとみる

はじめまして。800mbotです。

あれ、特に興味はありませんか。
まあ、自己紹介するのは初めてなのでそう言わずに聞いてください。

わたしは800mランナーです。

どんな肩書がつこうが外れようが800mを走る意志さえ持っていれば人はこう名乗ることができます。

そう、わたしは800mランナーです。

わたしは800mを走るときにもっとも「生きている」と実感することができます。

誇り、自負、憧れ、自惚れ、自己顕示、コンプレックス

もっとみる

マネージャーがメンバーを正しく評価できるなんて、おこがましい。

しゅんしゅしゅんです。

マネージャーのみなさん。メンバーを正しく評価できていますでしょうか?

どの会社でも毎年少なくとも1回は、マネジメント層が集まり、社員ひとりひとりのパフォーマンスとポテンシャル、キャリア目標や育成ポイントを討議しながら、昇進や昇給、ボーナスなどの重要な決定を下す、そんな会議がありますよね。

名称は、育成会議、評価会議、考課会議、タレントマネジメント会議など、呼び名は色々

もっとみる
とっても良い1日になります!
17

できる社員がなぜマネージャーになって失敗するのか

個人プレイヤーとして圧倒的に仕事のできる人が、マネージャーや責任ある立場になったとたんに失敗するのをよく見る。なぜだろうか。大きく3つの理由がある。

1.いつまでも現場のヒーローでいたい

マネージャーになっても、自分がプレイヤーでやっていたときの成功体験が捨てられず、マネージャーになっても自分でプレイしてしまうパターンだ。

個人プレイヤーとして成果をあげたときの、自分を力を示せた満足感、褒め

もっとみる
ありがとうございます!

同じ立場の人同士による報酬の差って労働時間分に対する金銭的な差くらいしかありません。でも、たったそれだけしか支払われない組織なんてとても勿体ないと思うんです。

なので私は部下に仕事を与える際に

・仕事自身
・能力
・機会
・成長

なども報酬と感じれるように仕事を配分します。

アリ_(:3」∠)_ガト
6

違っていい(「個」の尊重)/Day-172(off)

日記投稿・・・172日目

株式会社グッド・クルーで、企業の価値を創造する役割を担って仕事をしています。

毎日、ボヤキみたいにnoteを書いてます。

ストレングスファインダー(クリフトンストレングス)で出てくる僕の資質、1位は「個別化」です。

2回やって、2回とも「個別化」だったので、これが僕自身に備わっている最強の資質なんだと、自分でも確信しています。

本から引用すると、「個別化」とはこ

もっとみる
よろしければシェアもお願いします!
5

マネージャーの心得

私が管理職…いわゆる課長になった頃でしょうか。

その頃に知ってから、今に至るまで心得として常に意識していることがあります。それが、P.F.ドラッカーの『経営者の条件』にある三つの領域です。

あらゆる組織が三つの領域における成果を必要とする。
すなわち、

 「直接の成果」
 「価値への取り組み」
 「人材の育成」

である。これらすべてにおいて成果をあげなければ、組織は腐りやがて死ぬ。したがっ

もっとみる
ありがとうございます。励みになります。
9

優秀なキャプテンの共通点

部活などでキャプテンやそれに近しい存在になろうと考えている人、既になっている人であれば、キャプテンや副キャプテンという存在について一度は深く考えたことがあると思います。

キャプテンをはじめとしたチームの顔とも呼べる人たちは、周りとは違う何かを持っていたからこそそのポジションを担っていはずです。

では、なぜ彼らはキャプテンといった肩書を持つことができるのでしょうか。
周りの選手とは何が違うのでし

もっとみる
大吉!!!最高の1日を!
4