#7 ビーチの楽園で最高のステイを-The Legian Bali-

何度訪れただろうか。
1番最初はきっともう20年ほど前。
家族で毎年行くバリ島旅行の常宿はアマンキラとここだった。
「ザ レギャン バリ」

最初に見つけたのは多分母だ。
旅行雑誌を読み漁っては夏休みの恒例となっていたバリ旅行のステイ先をチェックする。
そして母のリストを持って現地に住む叔母がホテルまで足を運び評価を下す。
なので毎回ホテルで外れることはほぼなかった。

何度も訪れたそのホテルを1

もっとみる
スキありがとうございます!
4

千明の身体研究記 〜わたしが薬や化学製品をやめたわけ 前編〜

時は遡って
2014年11月。
 
徹くんと
出逢って
人生が予想外の方向に
転がり始めた。
 

(徹くんとのアレコレな日々はこちら↑)

 
学生時代わたしは
海外をボランティアしながら
20カ国くらい一人旅したりと
あっちこっちに
行きまくり
 
 
「千明はなんか凄いよね」
 
 
という印象を
周りから持たれていたと思う。
 
 
 
が、生活面に関しては
ごく一般的な感覚。
全然なにも

もっとみる

現状に満足できていないのに、今の環境を手放すことが怖くて、動かずに、その環境のまま自分を満足させようとすると、外側、起こっている出来事や環境のせいでという思考に陥り、どんどん自分軸から離れていきます。自分と繋がるための第一歩は、普段無意識に発している自分の発言を意識することです。

やったー!とっても嬉しいです♡
9

ラマダン(断食)日記

1ヶ月のラマダン(断食)が、本日無事に終了〜!!

ラマダンとは、日中(日の出〜日没)飲み食い禁止な1ヶ月。

「満足な飲食ができずに苦しんでる人の気持ちに思いをはせる」「そんな人達にできることはないか考える」「食に感謝する」なんて意味や理由があったりする。

仕事は時短になり、街には屋台が立ち並び、イベントやセール・TV特番も沢山あり、イスラム教のみんなが大好きなイベント。 

「我慢」のイメー

もっとみる

バリはフルーツ天国

今日はスーパーにマンゴーが並んでいて、美味しそうだったので、一つ購入。

味わいながら、バリ島のママがくれた瑞々しいマンゴーを思い出す。

↑の画像は、ある朝、ゲストハウスのママがくれたマンゴー、とってもジューシーで美味しかった。

バリ島には、たくさんのトロピカルフルーツがあります。

マンゴー、マンゴスチン、ランブータン、ドリアン、ドラゴンフルーツ、スターフルーツ、パッションフルーツ、パパイヤ

もっとみる
わたしもスキです♡
4

【バリ島女子一人旅⑭】緑の中の最高のヨガスタジオでワクワク!

さて、ヨガスタジオに向かう。

このヨガスタジオ、私の宿のすぐ近くだった。

歩いて、5分くらい。

昨日は暗くて、全然見えなかった道を歩く。

緑がいっぱいで、

空気が気持ちいい。

歩いているだけで、ワクワクする気持ちになる。

この海外で歩く感覚が大好きだ。

目新しいところ、見たことがないところを、

歩きながらのゆっくりの速度で、

自分の気が済むまで味わうことができる。

「あー、日

もっとみる
わたしもスキです(*^_^*)
8

今行きたい場所〜amanwana 地上の楽園

インドネシアは点在する島々からなる諸島国家。かつてダイアナ妃も訪れたリゾートamanwanaは、日本人にとって最も馴染み深いバリ島からセスナで1時間東に向かったところにあるモヨ島という小さな島にあるテンテッドリゾート、今風にいうと「グランピング」ができるリゾートです。

バリ島から水上飛行機で約1時間。そこにたどり着くまでもがアクティビティ。美しい海に面するテントで最高に贅沢なアドベンチャーを味わ

もっとみる
あなたによい1日を!
4

前向きに治療を受けられるよう、気持ちをコントロールする

私が治療するに辺り、何人かの友人の考え方に非常に助けられました。
私が病気になったからそうアドバイスをしてくれたのではなく、日常の会話から生まれる『その人ism』。
特にBaliに住む友人はユニークな人が多く、彼らの考え方がこんなに私の助けになるとは思っていませんでした。

そのうちの1人、Kちゃん。
彼女のご主人はオーストラリアの方。オージーだからこう!というのでは無く勿論人それぞれですが、ウエ

もっとみる

千明の神様日記 〜目に見えない存在から怒られる時

「こんなことを話して
 神様に怒られるかと思った…
 お優しくてホッとした〜…」
 
 
という言葉を
Love catchをしていると
よく聞く。
 
 
いまのところ
来てくださった方で
怒られている方はいない。(←😂)
 
 
ちょうど変化期の
素敵な方ばかりが
来てくださる。😭
 
 
 
その人が過ごす中で
悩んだり、困ったり
気になっていた部分にある
透明だった言葉を
わたしが声に

もっとみる