虫明 麻衣(Mai Mushiake)

ライティング・編集・プランニングなど。書く/伝える。 シーズン中はほぼ神宮にいます。観…

虫明 麻衣(Mai Mushiake)

ライティング・編集・プランニングなど。書く/伝える。 シーズン中はほぼ神宮にいます。観戦記を毎日アップしています。 平日(ほぼ)毎日走っています。 最近サウナに入り浸っています。

マガジン

  • 東京ヤクルトスワローズ観戦エッセイ

    ヤクルトが勝った日も、負けた日も、打った日も、打たれた日も、ノーノーの日も、(ほぼ)毎試合、観戦エッセイをアップします。勝った日は喜びを倍にし、負けた日は悲しみを半分…いや8割…くらいにしましょう。

  • ランニング日記

    月、水、金に10キロ 火、木に5キロ 週に40キロ、月に160キロを走っています。 タイムは全くもってへなちょこです。 「ランニング日記」は毎日ラン後にざっと書き、金曜日にまとめて編集し、 その週末に月〜金の分をアップしています。 5日分をまとめてアップするので1回あたり大体4000〜5000字のボリュームで、たまに7000字くらいになります。

  • 旅のキロク

    生きることは、旅すること。 私にとって大切な、旅の記録です。

  • 【2021年5月まとめ】ヤクルトスワローズ観戦エッセイ

    ヤクルトスワローズ観戦エッセイの過去分を、一ヶ月単位でまとめたマガジンです。こちらは2021年5月分の記事がすべて入っています。 (5月から購読をしていただいている方は既にすべての記事が読めますので、こちらはご購入いただかなくて大丈夫です!!)

  • 【2021年3月〜4月まとめ】ヤクルトスワローズ観戦エッセイ

    ヤクルトスワローズ観戦エッセイの過去分を、一ヶ月単位でまとめたマガジンです。こちらは2021年3月〜4月分の記事がすべて入っています。 (3月から購読をしていただいている方は既にすべての記事が読めますので、こちらはご購入いただかなくて大丈夫です!!)

最近の記事

  • 固定された記事

これを読めば虫明が(だいたい)わかる(かもしれない)、note選

プロフフィール代わりに、これを読めば虫明がわかる!というnoteをいくつか置いておきます。(誰がわかりたい!のかはさておき) 1)ヤクルト編 ★虫明さんはどうしてヤクルトを好きになったのですか?の、答えはこちらです。 ★そんな私の苦悩はこちらです。 ★2018年シーズン、よく読まれて私も好きなnote 武内さんを思い続けるお姉さん、ママになったそうです。 ★2019年シーズン、よく読まれたnote 荒川のちょっと強面のにいちゃんが通りかかります。ええもん持ってるな

    • 【4/18中日戦◯】 「ヤクルトだって必死ですからね!」、そうです。

      1点とっても2点とっても3点とっても安心できない。せめて4点くらいあれば安心かと思うとそうでもない。4点差なんてものは、1イニングでも簡単においつかれてしまう。なんといっても今年の中日は、強い。いまだに「なんでいるのよ中田翔…」とつぶやきながら絶望した気持ちで打席を見つめ、「え、上林ってあの上林?なんでいるの上林?」と今さらなことを息子に聞き、かと思えば「細川ってどこにいた細川かママはちゃんとわかってる?」と息子に聞かれたりしている。そして「なにこの2イニング無失点で抑えるい

      有料
      300
      • 【4/16中日戦●】「しあわせの瞬間」の話

        よしもとばななさんのなにかの小説で、「しあわせの最中に、ほんとうにしあわせだと気付けることは少ない。」といったような一節があった。「だけど人生に数回だけ、しあわせの最中に、しあわせだと感じられることがある」みたいなことだったように思う。もう、どの小説かも忘れてしまって、正確な表現はわからなくなってしまったのだけれど、でも私はこの「事実」についてずっと考えながら、人生の半分以上を過ごしている気がする。 私にとって、「しあわせの最中に、しあわせだと感じられた」ことで覚えているの

        有料
        300
        • 【4/14横浜戦◯】ヤフーレの好投、西武のこと、横浜中華街。

          日曜日、横浜へ向かう電車の中で、息子から西武とソフトバンクの試合結果を聞き、震え上がった。土曜日は愛するオンナトモダチたちと飲み会だったので、ヤクルト以外の試合結果やニュースを全然見ておらず、そんなこと全く知らないまま眠りについていたのだ。

          有料
          300
        • 固定された記事

        これを読めば虫明が(だいたい)わかる(かもしれない)、note選

        マガジン

        • 東京ヤクルトスワローズ観戦エッセイ
          初月無料 ¥380 / 月
        • ランニング日記
          150本
        • 旅のキロク
          7本
        • 【2021年5月まとめ】ヤクルトスワローズ観戦エッセイ
          19本
          ¥400
        • 【2021年3月〜4月まとめ】ヤクルトスワローズ観戦エッセイ
          30本
          ¥400
        • 【2020シーズン】ヤクルトスワローズ観戦記
          103本

        記事

          【4/2〜6広島戦、阪神戦(ずっと●)】ソウルと野球

          子どもたちの春休みが終わった。中学生の息子はテスト休みを入れるとなんだかんだ一ヶ月くらい休みがあり(大学生か!と、つっこんだ)、私もプライベートはすっかり休みモードになってしまっていた(お弁当作りもないし。)しかし日々容赦なく仕事は降ってきて(ありがたいことです)、新しい仕事も始まり(ありがたいことです)、体が何個あっても足りないけれども私という人間は一人で十分なので私より優秀な人をあと数人ください。という感じだった。 と、そんな中で韓国へ3泊4日の旅に出た。(だからバタバ

          有料
          300

          【4/2〜6広島戦、阪神戦(ずっと●)】ソウルと野球

          【3/30・31中日戦△◯】 夢の国で、ずっとヤクルトを見ている

          春休み、土曜日の東京ディズニーシーは、めちゃくちゃ混んでいた。混んでいるだろうと予想して来たけれど、想像以上に混んでいた。春休みに行こうと約束していたディズニー、あいている日が今日しかなくてやってきたけれど、あまりの人出にびびった私はとりあえず、ビールを飲む。 ここのビールは、なんと神宮よりも安い。物価高の折、なんだか相対的に、ディズニーリゾートの物価が手頃に感じるようになってきた。不思議な時代である。 さて、混んでいるディズニーといえば、待ち時間である。そして待ち時間の

          有料
          300

          【3/30・31中日戦△◯】 夢の国で、ずっとヤクルトを見て…

          【3/29中日戦◯】だから毎年、ヤクルトに来てくれてありがとう、と誰かに思う

          なんとなくわかっては、いた。 2/1の浦添で、ヤクルトのユニフォームを来た西川遥輝さんは、たいへんたいへんかっこよかった。生ハルキ!!!と、私と息子はテンションが上がった。 青木とにこにこ話す姿も、外野の守備練習をするところも、3番を背負った後ろ姿がなんか一瞬なおみちに見えるところまでも、とても印象深かった。オープン戦で見るたびに、これはハルキストが増えるわけだわ。と、心底思った。新しいシーズンの、象徴みたいだな、と、そう思った。開幕戦が楽しみだなと、心底思った。

          有料
          300

          【3/29中日戦◯】だから毎年、ヤクルトに来てくれてありが…

          2024、開幕によせて

          動と静のコントラストがあまりに激しい3月がもう半分以上過ぎようとしている。動と静というのは私の仕事とプライベートの話ですが、考えてみればヤクルトたちも動と静である。勝ったり勝ったり連勝したり連敗したり大敗したりしている。まあそれはいつものことかもしれない。ヤクルトだから。 でも、考えてみれば動と静のコントラストが大きいときというのは、変化の時期なのかもしれない。ほっておいても3月というのは変化を迎える前章のような時期ではあるから、それもまた、あたりまえのことかもしれないけれ

          有料
          400

          【ランニング日記】首里の坂道と、宮古島をヒルトンまで走る 【※2013年※2/10(金)〜2/17(金)】

          2/10(金) 受験からまだ一週間だなんて、信じられない。もう、1ヶ月くらいが過ぎた気がする。それくらい、長い長い一週間だった。 この一週間は、私が先週の疲れで半分ダウンしていたみたいな状態だった。いや、それでも重い腰をあげてなんとか5キロだけは走り、毎日ジムへは行った。でもそれが精一杯で、そのあとはもう、家で抜け殻のようになってダウンし眠り続けていた。村上春樹の、いつまでも寝続ける女性の話があったけれど、あれはこんな感じだったのかもしれないと思う。自分の底にある疲れが、

          【ランニング日記】首里の坂道と、宮古島をヒルトンまで走る 【※2013年※2/10(金)〜2/17(金)】

          【ランニング日記】 息子にとってベストの受験とか、自由と自律とか。 【※2023年※1/23(月)〜1/27(金)】

          (先に〜2/3までの日記をアップしちゃって、アップしそびれてた分です)(一年後の私より) 1/23(月) 昨日はまたまた息子の受験付き添いで千葉へ。せっかく日曜日だし家族みんなで行くか、と思ったのだけれど、どうもここのところ仕事のストレスマックスの夫がなにかとあると私につっかかり(こどもか!)受験よりそっちに疲れてしまうため、次からは一人で送迎しようか…と、考える。夫の仕事がたいへんなのはわかるが、それは私にはどうしようもできない。昔は若かったので、「私もなんとか家庭の雰

          【ランニング日記】 息子にとってベストの受験とか、自由と自律とか。 【※2023年※1/23(月)〜1/27(金)】

          【オフシーズン観戦エッセイ】 強いことより、丈夫なこと。

          開幕前とか、もちろんシーズン中とか、一番、ああ…、と思うのは、怪我のニュースをみたときだ。毎年キャンプ中に誰かしらが離脱してしまうわけだけれど、今年は田口の離脱を見て「ああ…」と思い、そして奥川くんの離脱のニュースを見て「ああああああああああ…」と、思った。ああああああ…。 いや、もう、怪我というのは仕方がない。仕方がないけれども、今年はそこかーー!!みたいな人が離脱すると、そのたびに、そう、「今年はそこかーーーー!!!」と、思いながら、落ち込む。まあまあ、落ち込む。 で

          有料
          400

          【オフシーズン観戦エッセイ】 強いことより、丈夫なこと…

          【ランニング日記】 息子の受験本番、息子の強さと私の弱さ。 【※2023年※1/30(月)〜2/3(金)】

          1/30(月) 30日である。入試二日前である。「いまさら緊張してきた!」とか息子が言っているので「いまさら」の使い方がちがう!!とか、返している。もう、なにがなんだかわからない。 結構遅くまで、息子の勉強につきあっていて(まじで、ここ一週間だけ、ほんとうに一週間だけ、急に勉強につきあっている)日々寝不足である。なので毎晩、もう明日はランニングも筋トレも休もうか…と、思いながら、寝る。なのに、起きるとほぼ無意識に、ランニングウェアに着替え始める。もはやこわい。 とはいえ

          【ランニング日記】 息子の受験本番、息子の強さと私の弱さ。 【※2023年※1/30(月)〜2/3(金)】

          【ランニング日記】 息子の第一志望の受験まで、あと二週間。 【※2023年※1/16(月)〜1/19(木)】

          1/16(月) 眠い。目覚ましのアラームで目が覚めるけれども外はめちゃくちゃに暗い。眠い。何が悲しくてこんな暗い中起き出してウェアに着替えて外に出ようとしているのか。何年経ってもわからない。なんで人は走るのか。解せぬ。 それでもまあ先週のマッチョトレーニングで案の定増えていた体脂肪と案の定減っていた筋肉量(ぐすん)をなんとかすべく、私は泣く泣く着替えて外に出る。受験生の息子は爆睡中、むすめは一緒に起きてパンを焼き始める。 この週末はとにかく家にこもってゆっくりした。先々

          【ランニング日記】 息子の第一志望の受験まで、あと二週間。 【※2023年※1/16(月)〜1/19(木)】

          【2/1浦添キャンプ】もう戻らない夏のこと、大切な記憶

          私にとって究極に懐かしいもの、そしておそらく二度と訪れないもの、に、子供の頃毎年夏に訪れた岡山のおばあちゃんちの記憶、というのがある。 浦添の空気はなんだか、その岡山の夏の記憶を思い出す。2月の浦添はくもりの日が多かったけれど、今年はよく晴れている。東京から持ってきたコートが、所在なさげにベンチに置かれていた。そういえばスーツケースにはニットも数枚入っている。どうやら持ってきた服を思いっきり間違えたらしい。 懐かしい空気の中、久々に見る選手たちの声が響く。「たてさんもいる

          有料
          400

          【2/1浦添キャンプ】もう戻らない夏のこと、大切な記憶

          ひるおびの取材を受けて、改めてnoteと私をふりかえってみた

          「ひるおび」のnote特集を見てくださったみなさま、ほんとうにほんとうにどうもありがとうございました! 放送時、私は那覇に到着したばかりでホテルのチェックインもまだだったためリアルタイムでは見られず、(というか、今もまだほとんどの部分を見られていない。恥ずかしくて。)子どもたちと首里の町を歩きながら、友人たちから続々と来る「出てるよ!!」報告にどきどきしていました。みなさまお昼前の貴重な時間を割いてくれてどうもありがとう。そして Mayim さん、ビデオ出演ほんとうにほんと

          ひるおびの取材を受けて、改めてnoteと私をふりかえってみた

          【オフシーズン観戦エッセイ】山田哲人さんのキャプテンマーク。

          (サムネイルは、久々に昔の写真を見返していたら出てきた、小1の息子がキティちゃんのペンでスコアブックを真剣に書く図。) かわいい。 とても、かわいい。 なんでも、我らが山田哲人がデザインしたキャプテンマークだという。いやまあ、手に筆を持ち一から描いたわけではなかろうが、少なくとも「これがいい」と自ら選んだデザインである。「つばくろうがいい」と言ったのだ、我らがキャプテン、山田哲人は。つばくろうを腕に抱きたいと考えた山田哲人を考えると、とりあえずのところ、一人でにやけてし

          有料
          400

          【オフシーズン観戦エッセイ】山田哲人さんのキャプテンマ…