お互いに確認できるスケジュールが案件を進める上で必須

お互いに確認できるスケジュールとは?

お疲れ様です!
今日はスケジュールについてお話しようと思います。

仕事柄デザインをすることもあれば、ディレクション、プロデューサーをやったりすることもあります。
そんな中でやっぱり抑えておくべきポイントというのが案件を進めていく中で必ずあります。
そこを抑えないから案件が止まってしまう、もしくはダメになってしまうということも必ずあり、よくあるお話しでもあり

もっとみる

仕事をRPGに例えて理解する方法

タイトルに掲げたとおり、ゲーマーの僕としての感覚で、しごとはRPGの要素があるように思います。

社会人としての目標なんぞ無理に設定せずに仕事をしていくこともできますが、まぁそこは単純に、あったほうがいいじゃないですか…。

ところが大企業にせよ個人が強い小規模な業態に所属するにせよ、特技/好きな範囲をどのように自分のモノととらえ成長するかの方法を、あまり教えてくれない(というか誰も的確な正解を知

もっとみる

「競合分析」と「ポジショニングマップ」で感じたデザインの方向性

現場感で感じる違和感

ECコンサルティングとして打ち合わせをしているときに感じることが
よくあります。

自社商品と競合商品の「ポジショニング」を意識しているのかな・・・と。

目的はポジショニングを作ることではなく、競合分析から導き出されたポジショニングを元に早い段階でPR施策、広告施策を行い改善、配信を繰り返して回収してCVに繋げることが目的なのですが、その前提として必要になるのが「競合分析

もっとみる

テクノロジー時代だからこそ、"人的要因"を大切にせよ

共同編集者:まつしま ようこ

テクノロジーの発展やAIなどの話題が日本に浸透し始めてから5年くらいは経つでしょうか。アメリカを中心に1996年あたりから人工知能の台頭が予見されてからもうすでに24年が経過しようとしています。今もなお、ディープラーニング(人間が自然に行うタスクをコンピュータに学習させる機械学習の手法のひとつ)が関わるテクノロジーのニュースに驚かさることが多々あります。

僕自身テ

もっとみる
ありがとうございます!素直に嬉しいです!
18

仕事について #8 〜離職中にしていたこと〜

デザイン会社を3年程つとめ、退職した。

退職の理由は色々あった。
ひとつは、これまでの経験を生かし、絵や作品をつくって、展示がしてみたかった。

勤めていた会社はスペースの半分が貸しスペースになっていて、撮影や展示会に良く使われている場所だった。

退職する際に社長にその話をすると、「ながちゃんなら無料で貸すから、いつでも相談してよ!」と言ってくれた。

少し立ち止まってゆっくり作品をつくってみ

もっとみる
ありがとうございます!
12

2019年フリーランス一年目反省会【想像力編】

反省編。

書きかけ放置ですっかり遅くなってしまった。

だいたいのアクシデントはこれに尽きたような気がする。

想像力の欠如からの、

段取り失敗
行き届かなかった気配り

いつもこの人とはこうだから、
今回もこうだろうみたいな、
想像するのを怠った事案からのトラブルとか。
忙しくなってくると、一人では各事案に細やかに気を配れなくなるので抱える案件の粒度にも気をつけたい。

だいたい納期問題に尽

もっとみる

メンバー若干名募集!クリエイティブな実験場はこちら!

このnoteを開いて頂きどうもありがとうございます。タイトルにあるようにこのnoteでは、クリエイティブの価値ってそんなちっぽけじゃないぜって想いを持った集団「ディレクションLABO(ディレラボ)」のメンバー募集についての記事です。なのでごめんなさい、有益な事はこの記事では何も伝えられないんですけど、もし良ければ最後まで読んでいただけると嬉しいです!
と言う訳で早速本題にまいりましょう!

ディレ

もっとみる

【日記】ビジネス環境について考える

〇ベンチャー経営者からの学び

朝一から都内にて、

自分の知り合いでもある
ベンチャー経営者の方と

お話してきました

ブロックチェーン
不動産

などなど、

様々な業界における

ビジネスチャンスについて、
喧々諤々と。

その中でも印象に残ったのが、
誰かの資本等が入っていると、

報告、確認等の義務は生じるが
究極の責任は免れる、

その環境でやり続けても、
ヒトとして、ビジネスマンと

もっとみる
自己満の文章にお付き合いいただき、ありがとうございます!!!
12

"本当に"優しい世界と分かり合うディレクション-ブランドは人と人との約束-

共同編集者:まつしま ようこ

僕が関わるクレイジータンクには、ディレクションという事業があります。

ディレクション

ディレクション 英語の綴りは「direction」。 方角、方向、指示、指揮、命令、といった意味。 カタカナ語としては、「ディレクター(director)」というカタカナ語の意味合いから類比的に意味を押し広げて、「製作指導」「進行管理」といった意味などでも使われる。

例えば、

もっとみる
ありがとうございます!素直に嬉しいです!
23

目に見える商品と見えない商品の違い

どんな人でも目に見えるものは、10円だとしてもお金を払う。
しかし、情報やサービス、技術など人が行う「無形の商品」に関しては、比較的曖昧になっているケースが多い。

実例として、
Webサイトの場合、保守の契約(瑕疵担保責任のない状態)もしていない公開して数ヶ月経過している状況で、依頼主からWebサイトのテキストを一部修正してほしいという依頼がきました。
当たり前のようにテキストを修正するのに1,

もっとみる
ぶち嬉しい!
10