田口 真行

株式会社エンタミナ(旧:デスクトップワークス)代表取締役/ウェブディレクター https://webdirection.jp

田口 真行

株式会社エンタミナ(旧:デスクトップワークス)代表取締役/ウェブディレクター https://webdirection.jp

    マガジン

    • ライブ配信ノウハウ

      株式会社エンタミナ(旧:デスクトップワークス)は、いちウェブ制作会社として、これまで1,300回以上の動画配信(ライブ、アーカイブ動画)を手がけてきました。 様々なトライ&エラーの経験の中で培った、発見や気づきを「ライブ配信&動画制作ノウハウ」としてまとめています。 株式会社エンタミナ https://webdirection.jp

    • ライブ配信セミナー『現場学校』参加者レポート

      • 74本

      全国各地から場所を問わず参加できる、ライブ配信セミナー『現場学校』 参加者さんによる濃密なレポートをご紹介します!

      • ライブ配信ノウハウ

      • ライブ配信セミナー『現場学校』参加者レポート

        • 74本

    最近の記事

    ライブ配信ビギナー向け「音声ノイズ対策」

    音声ノイズの種類と対策ノイズ除去ソフトウェアの効果ノイズゲートとコンプレッサーの違い

      • ライブ配信ビギナー向け「マイクについて」

        目に見えない空気振動を捉えるマイク、その電気信号を取り扱う周辺機器。ライブ配信を通じて「良質な音声を、ユーザーの耳に心地よくに届ける」ためのディレクションにご活用いただけたら嬉しいです。 用途で選ぼう!マイクの種類ダイナミック型とコンデンサー型の違いワイヤレス(無線)とワイヤード(有線)それぞれのメリット/デメリットクリアな音声を狙う!マイクの指向性

        • オンラインプレゼン表現の追求『田口ブラックの変遷』2018年→2022年

          ウェビナーやテレワーク会議におけるオンラインプレゼン。 人物(カメラ)とスライド(PowerPoint)を画面上で合成する「画づくり」は、プレゼンターとユーザーを繋ぐ接点です。 「その接点をどう演出するか」という課題の中、私が考案したのがライブ配信業界の一部で『田口ブラック』と呼ばれるオンラインプレゼン技法です。 2018年から今日までの変遷をたどりながら、進化の軌跡を振り返りたいと思います。 第1形態「黒背景を導入」 黒い背景布を初導入。 「人物とスライドを(同じ比

          • 2022年度「出張ライブ配信システム」リニューアルプロジェクトまとめ

            2022年の新たな展開に向けて、株式会社エンタミナは『出張ライブ配信システム』を大幅リニューアルしました。 ここに至るまでのプロセスは、とにもかくにも試行錯誤の連続。まさに「トライ&エラー祭」でありましたが、その一部始終をYouTubeライブで紹介しています。 下記の写真(左)が、今回のYouTubeライブでも使用した(いつもの)ライブ配信システム。そして写真(右)が新たに誕生した『出張ライブ配信システム』です。 最終的には、機能性と汎用性を重視した「臨機応変なケースに

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • ライブ配信ノウハウ
            田口 真行
          • ライブ配信セミナー『現場学校』参加者レポート
            現場学校 他

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            テレワーク時代のプレゼン探求番組『一日一伝』

            田口真行(株式会社エンタミナ)は、いちプレゼンターとして、いちディレクターとして、これまで様々なスタイルの「オンラインプレゼン表現」を追求してきました。 今月よりスタートしたプレゼン探求番組『一日一伝』は、テレワーク時代のプレゼンテーションをテーマに、1回あたり111秒の動画を(平日は可能な限り毎日)配信しています。 それぞれ短尺のYouTube動画ですので、サクッとお楽しみいただければ嬉しいです。

            単調になりがちなウェビナーに空間演出を

            ウェビナーは、参加者に向けてメッセージを伝達し、参加者を次のアクションへと導くための手段。「どんなメッセージを届けるか」以上に「どんな印象を与えるか」が重要なポイントです。 そこに必要なのが「デザイン(演出)」です。 ウェビナーの画づくりは、スライド資料の上に小窓でカメラ映像(講師)を重ねる「ピクチャー・イン・ピクチャー方式(PinP)」が一般的ですが、それらウェビナーの多くは「どれも似たような印象、単調な印象」になってしまいがちです。 株式会社エンタミナは、これまで様

            再生

            iPadがビデオスイッチャーに!ローランド『AeroCaster Switcher』日本最速レビュー

            ローランド株式会社さんがリリースした国産初のソフトウェアスイッチャー『AeroCaster Switcher』を、いち早くお試ししてみる配信! アクティベーションに苦悩したフルサイズバージョンはFacebookにて https://www.facebook.com/TaguchiMasayuki/videos/915703249060475

            『ライブ配信ディレクション』シート用の手書きアイコン

            ライブ配信コンテンツの「プランニング(設計)とマネジメント(進行管理)」を支援するツール『ライブ配信ディレクション』シート。 私たちの現場では、ドキュメントを作成する際にいつも「flaticon」という海外のサービスを利用しています。 弊社は有料プランを使用してますが、一部のアイコンは(条件つきで)無料でも使用できます。 こうした素材サイトのアイコンは便利で実用的なのですが、たまに「味わいのある手書きテイスト」を、業務ドキュメントに盛り込みたくなるケースもあります。

            ウェビナー主催者必見!ライブ配信コンテンツの設計~進行管理ツール登場(無料公開)

            ウェブディレクション・カンパニー株式会社エンタミナは、ライブ配信コンテンツの「プランニング(設計)とマネジメント(進行管理)」を支援するツール『ライブ配信ディレクション』シートをリリースしました。 下記のウェブサイトで、無料でダウンロードできます。 今回の『ライブ配信ディレクション』シートは、数々の現場経験ノウハウを8つのシートに凝縮!ライブ配信コンテンツの企画準備段階で「事前に決めるべきこと」の要点を整理し、「リハーサル~本番進行まで」のディレクションをサポートします。

            2021年度、ライブ配信機器&ツールまとめ

            これまで、様々な機器やツールを試しに試しまくってきた、私たちのライブ配信ワーク。 教科書のない手探りのプロセスは、機材選びも、使いこなしも、すべてが試行錯誤の連続でした。 溢れんばかりの選択肢の中、ひとつひとつ経験を積み重ねることで培かってきたノウハウ、そして絞られていった機器&ツールたち。 2021年、クライアントワークや自社コンテンツのライブ配信において「頻繁に使用中の機器&ツール」をズラっとリストアップしてみました。 カメラ単焦点レンズズームレンズ マイクビデオ

            『ライブ配信ノウハウ(2021年版)』ウェビナーのダイジェスト

            今月末に開催のウェビナー、『ウェブディレクターのためのライブ配信ノウハウ』 ニッチなテーマをニッチなターゲットに向けて存分にお届けすべく、今回のウェビナーは内容を充実させる仕込み&準備はもちろん「プロモーション活動」にも力を注いでいます。 その施策と成果は、予想より反応が薄かったものもあれば、予想以上に反応が高かったものもあり、とても興味深い発見が多数あります。やはり、やってこその発見がなにより多い。 この辺りの気づき&発見も、今回のウェビナー後半パート(事例の紹介)に

            ライブ配信のために、自宅を真っ黒にリフォームしました

            まず、こちらがBefore そして、After あらゆるカメラアングルの背景を「黒くしたい!」理由のみで、リフォームを決行。 当初、住宅専門のリフォーム業者さんに相談をしましたが、「住居の一室、部屋全体を真っ黒にした実績がない」という理由で、ことごとく断られてしまい...結果、ゲームセンターやBARなどを手掛けているBtoBな業者さんが引き受けてくれました。 壁、天井はもちろん、エアコンも真っ黒に。 窓を目隠しする蓋は、オリジナルで制作してもらいました。 3日間の

            経験則に依存しがちな「ライブ配信のプランニング」を可視化するツール

            ライブ配信の現場は、カメラ、マイク、配信ツールなど、様々な専門機器を組み合わせて運用します。 ケースバイケースな状況は、まさに「経験がものを言う現場」であり、経験豊かなプロの経験則によるところを「いかに未経験の人材に、スキルとして共有しつつ浸透させるか」が大きな課題でもあります。 思えば、3年前。 私は、ウェブ制作のマネジメント&プランニングを手掛けるウェブディレクター向けに『Webディレクター手帳』というツールを開発し製品を販売をしました。 最近は、「ライブ配信ディレ

            ライブ配信前の「チェックリスト」ver.1

            入念に準備してリハーサルをして「いざ本番!」を迎えるものの、当日は何かとバタバタしがち… というわけで、ライブ配信前の『チェックリスト』を作成してみました。 随時、更新していきます。 2020年11月3日 更新 (Special Thanks ヒマスタ川井さん) カメラ周りのチェック・映り込み要素、モノの見切れ具合 ・自然光の変化 ・電源確保(バッテリー残量) ・HDMIパススルーの状況(メニュー表示) ・出力フォーマット ・F値、SS、ISOの設定 ・マルチカムの色合

            オンラインイベントのライブ配信プランニングの現場(前編)

            2020年12月19日(土)、CSS Nite Shift14「ウェブデザイン行く年来る年」が開催されます。 ウェブ業界の方にはおなじみのイベント「Shift」は、毎年年末、全国各地のクリエイターが参加する、まさに「ウェブ制作業界を代表する歴史あるセミナーイベント」です。 今回、CSS Nite史上初となる「リアル&オンラインのハイブリッド開催」ということで、株式会社エンタミナがライブ配信を担当することになりました。 いつもは、社内で黙々と取り組んでいる「ライブ配信シス

            【最適化ハック】ビデオスイッチャーのプリセットメモリー

            ビデオミキサー/スイッチャーの「Roland V-8HD」は、ワンボタンでセッティングを呼び出せる機能が充実しています。 株式会社エンタミナが手掛ける、オンラインイベント向けのライブ配信セッティングをご紹介します。 インプット: ①PC_A(PowerPointスライド) ②PC_B(Zoomリモートゲスト画面) ③ブランク(予備) ④ブランク(予備) ⑤カメラ_A(登壇者バストアップ) ⑥カメラ_C(ステージ全景) ⑦カメラ_B(登壇者+ディスプレイ) ⑧カメラ_D(司