菊地純

山形県在住。2008年子どもの誕生をきっかけにイラストレーターに。子育てとフリーランスを開始。現在はイラスト、デザイン、企画プロデュース、コーディネートなども。2021年シェアアトリエを開始。作家仲間と地方からマーケットを。http://junkikuchi.com/

菊地純

山形県在住。2008年子どもの誕生をきっかけにイラストレーターに。子育てとフリーランスを開始。現在はイラスト、デザイン、企画プロデュース、コーディネートなども。2021年シェアアトリエを開始。作家仲間と地方からマーケットを。http://junkikuchi.com/

    マガジン

    • 地方でアートすること

      個人のイラストレーターの活動と、グループ展、団体、企画展のステートメントなどのまとめ。ARTSSEEDについてはこちらhttps://artsseed.tumblr.com/

    • よりみち通信

      • 46本

      毎月1回発行している『よりみち通信』。 紙媒体でも配布していますが、noteでも読めるように1年分をこちらのマガジンにまとめていきます。

    • よりみちラジオ

      • 22本

      2021年夏からの新企画「よりみちラジオ」! 毎回、山形のさまざまな場所で多文化実践をされている方々をゲストに招いて、お話をおききします。毎週、金曜日に30分程度ずつ配信。

    ストア

    • 商品の画像

      Jun Kikuchi Graphic Art Book -アトリエのリノベーションについて-

      アトリエのリノベーションの資金調達のために、ミニ画集付きの冊子を作成しました。A5サイズ、16ページ、糸綴じ製本になります。以下、本文からです。・・・・・・・・・Jun Kikuchi Graphic Art Bookアトリエのリノベーションについて① イントロダクションこの冊子(ミニ画集)の売り上げは、アトリエをリノベーションする費用にあてます。アトリエは母屋のとなり、庭を望むように立っています。もとは農機具小屋だったようです。11年前引っ越してきて以来アトリエとして使っています。その1階をリノベーションしたいと考えています。コロナ禍以降、ギャラリーや展示にも使ってきました。ギャラリーやアトリエ、コワーキングスペース、教室もはじめたいと思います。カフェスペースも用意するつもりです。地域に開かれたセミパブリックな場にできたらと思っています。② ギャラリー、展示空間コロナ禍以降、休校になった子どもたちとセルフリノベーションで、壁をはったり照明をいれたりしました。その後、ARTS SEED OKITAMAのメンバーとグループ展を年に2、3回開いています。置賜地方にギャラリーはそう多くありません。展示はできても販売が難しかったり、カフェと併設の場合が多いでしょうか。様々な形の展示できるスペースがあちこちにできると地域はより楽しくなると思います。飲食も可能なように保健所の許可も取るつもりです。「器と料理」や以前好評だった「甕(かめ)からつくって味噌をしこむ」のような企画もまた行いたいと思っています。③ 教室・コワーキング・シェアアトリエ昨年から、東北芸術工科大学グラフィックデザイン学科でイラストレーションの授業に、非常勤講師として関わらせていただいています。仮に展示できるスペースはあっても、身近にアートや表現をできる環境がそろっているでしょうか。障がいのある人のアートや表現活動に関わる中で、より表現(創作と展示)できる環境の保証ということに関心があります。教える、教わる、という関係よりも、創作できる環境が整っている、共有できる人や時間があることが大事なことのように思います。同じ目標や課題ではなく、それぞれ一人ひとりにあった課題であったり表現を一緒に模索してみたいと思っています。④ 文化的な場地域に文化的な場は必要でしょうか。それとも不要不急でしょうか。経済性では測りきれない、もしかしたら無駄に思える時間や場所が実はとても大事に思えます。街に映画館、劇場、音楽ホール、スポーツ施設、なにも大きな施設でなくとも、小さな本屋さんやカフェ、ギャラリーが、それぞれの街にあることが大事だと思います。大きなものだけでは多様性を保てないからです。偶然、なんとなしに出くわす人とひと、そういった場や空間が地域にあること。楽しそうな人のまわりには楽しそうな人が集うもの。それが遠回りのようで、独自の多様性にあふれた地域を作っていくのではないでしょうか。⑤ 2階のはなしアトリエの2階は菊地の事務所として使用しています。いつでもデザインや企画の相談をしていただけます。地方にも素敵なものはたくさんあります。それを届けるためのデザインのお手伝いをしています。気軽に相談ください。お話をお聞きして一緒に考えます。考えた結果、デザインやイラストの仕事にならなくても構いません。ときおりお話をしただけで満足して帰られる方もいます。デザイン業務は物事を整理することからはじまりますので、相談いただくだけでも役に立つとこともあるようです。もちろん、イラストやデザインのお仕事を発注いただけたら幸いです。成果物をとおして人とひと、人と物や場所を伝えたりつないだりすることを大切にしています。⑥ 具体的な改修内容の話1階部分のリノベーションになります。農機具小屋でしたのでシャッター部分を入り口に作り替えます。コロナ禍もあってシャッターを開け放ち、季節の庭と展示がひとつなぎの空間のように使ってきました。そのイメージを生かします。合わせて断熱工事、空調設備の工事も予定しています。上下水道工事、キッチンスペース、水場、お手洗い。できるかぎりバリアフリーにしたいと思っています。社会の側のバリア(障がい)があることで、表現の機会が損なわれないように考えます。⑦ まとめ「文化芸術基本法」には、誰しもが「文化芸術を創造し、享受することが人々の生まれながらの権利である」とあります。アート、作品をつくることも楽しいことですが、作品としての形を持たずとも日常にはたくさんの表現があります。もしかしたら忙しさの中でわすれていた自分らしい表現というのもあるかもしれません。地域の中で私らしく輝き表現する人がふえることは、それだけで楽しい地域であり文化的ではないでしょうか。人はいくつになってもチャレンジできると思いますし、都会でなくとも地方であっても、だからこそ自由に楽しく暮らせると信じています。非日常的な空間が日常の中に確かにあること。そういった場をつくりたいと思っています。よかったら一緒につくっていって頂けないでしょうか。・・・・・・・・・・・ぜひ、ご購入いただき応援いただけら嬉しいです!
      ¥1,500
      Jun Kikuchi Graphic
    • 商品の画像

      和楽房/鳥の置物

      作家名/和楽房鳥の置物。サイズ、約高さ7.5×幅7.5cm
      ¥2,200
      Jun Kikuchi Graphic
      • 地方でアートすること

      • よりみち通信

        • 46本
      • よりみちラジオ

        • 22本
    • 商品の画像

      Jun Kikuchi Graphic Art Book -アトリエのリノベーションについて-

      アトリエのリノベーションの資金調達のために、ミニ画集付きの冊子を作成しました。A5サイズ、16ページ、糸綴じ製本になります。以下、本文からです。・・・・・・・・・Jun Kikuchi Graphic Art Bookアトリエのリノベーションについて① イントロダクションこの冊子(ミニ画集)の売り上げは、アトリエをリノベーションする費用にあてます。アトリエは母屋のとなり、庭を望むように立っています。もとは農機具小屋だったようです。11年前引っ越してきて以来アトリエとして使っています。その1階をリノベーションしたいと考えています。コロナ禍以降、ギャラリーや展示にも使ってきました。ギャラリーやアトリエ、コワーキングスペース、教室もはじめたいと思います。カフェスペースも用意するつもりです。地域に開かれたセミパブリックな場にできたらと思っています。② ギャラリー、展示空間コロナ禍以降、休校になった子どもたちとセルフリノベーションで、壁をはったり照明をいれたりしました。その後、ARTS SEED OKITAMAのメンバーとグループ展を年に2、3回開いています。置賜地方にギャラリーはそう多くありません。展示はできても販売が難しかったり、カフェと併設の場合が多いでしょうか。様々な形の展示できるスペースがあちこちにできると地域はより楽しくなると思います。飲食も可能なように保健所の許可も取るつもりです。「器と料理」や以前好評だった「甕(かめ)からつくって味噌をしこむ」のような企画もまた行いたいと思っています。③ 教室・コワーキング・シェアアトリエ昨年から、東北芸術工科大学グラフィックデザイン学科でイラストレーションの授業に、非常勤講師として関わらせていただいています。仮に展示できるスペースはあっても、身近にアートや表現をできる環境がそろっているでしょうか。障がいのある人のアートや表現活動に関わる中で、より表現(創作と展示)できる環境の保証ということに関心があります。教える、教わる、という関係よりも、創作できる環境が整っている、共有できる人や時間があることが大事なことのように思います。同じ目標や課題ではなく、それぞれ一人ひとりにあった課題であったり表現を一緒に模索してみたいと思っています。④ 文化的な場地域に文化的な場は必要でしょうか。それとも不要不急でしょうか。経済性では測りきれない、もしかしたら無駄に思える時間や場所が実はとても大事に思えます。街に映画館、劇場、音楽ホール、スポーツ施設、なにも大きな施設でなくとも、小さな本屋さんやカフェ、ギャラリーが、それぞれの街にあることが大事だと思います。大きなものだけでは多様性を保てないからです。偶然、なんとなしに出くわす人とひと、そういった場や空間が地域にあること。楽しそうな人のまわりには楽しそうな人が集うもの。それが遠回りのようで、独自の多様性にあふれた地域を作っていくのではないでしょうか。⑤ 2階のはなしアトリエの2階は菊地の事務所として使用しています。いつでもデザインや企画の相談をしていただけます。地方にも素敵なものはたくさんあります。それを届けるためのデザインのお手伝いをしています。気軽に相談ください。お話をお聞きして一緒に考えます。考えた結果、デザインやイラストの仕事にならなくても構いません。ときおりお話をしただけで満足して帰られる方もいます。デザイン業務は物事を整理することからはじまりますので、相談いただくだけでも役に立つとこともあるようです。もちろん、イラストやデザインのお仕事を発注いただけたら幸いです。成果物をとおして人とひと、人と物や場所を伝えたりつないだりすることを大切にしています。⑥ 具体的な改修内容の話1階部分のリノベーションになります。農機具小屋でしたのでシャッター部分を入り口に作り替えます。コロナ禍もあってシャッターを開け放ち、季節の庭と展示がひとつなぎの空間のように使ってきました。そのイメージを生かします。合わせて断熱工事、空調設備の工事も予定しています。上下水道工事、キッチンスペース、水場、お手洗い。できるかぎりバリアフリーにしたいと思っています。社会の側のバリア(障がい)があることで、表現の機会が損なわれないように考えます。⑦ まとめ「文化芸術基本法」には、誰しもが「文化芸術を創造し、享受することが人々の生まれながらの権利である」とあります。アート、作品をつくることも楽しいことですが、作品としての形を持たずとも日常にはたくさんの表現があります。もしかしたら忙しさの中でわすれていた自分らしい表現というのもあるかもしれません。地域の中で私らしく輝き表現する人がふえることは、それだけで楽しい地域であり文化的ではないでしょうか。人はいくつになってもチャレンジできると思いますし、都会でなくとも地方であっても、だからこそ自由に楽しく暮らせると信じています。非日常的な空間が日常の中に確かにあること。そういった場をつくりたいと思っています。よかったら一緒につくっていって頂けないでしょうか。・・・・・・・・・・・ぜひ、ご購入いただき応援いただけら嬉しいです!
      ¥1,500
      Jun Kikuchi Graphic
    • 商品の画像

      和楽房/鳥の置物

      作家名/和楽房鳥の置物。サイズ、約高さ7.5×幅7.5cm
      ¥2,200
      Jun Kikuchi Graphic
    • もっとみる

    最近の記事

    山形県置賜地方にアートや表現活動を楽しむ地域の拠点を作りたい!

    改めまして、山形県南陽市でイラストレーターをしている菊地純といいます。 アトリエをリノベーションして、地域に開かれたアートや表現の場、地域の拠点を作りたいと考えています。 そのためクラウドファンディングにも挑戦します。 2022年7月19日(火)10時スタートです! それまでの間、ちょっと長いですが読んでいただけらた嬉しいです。 もし共感いただけたら、SNSでシェアや応援よろしくお願いします! 自己紹介 僕は山形県置賜地方の白鷹町で生まれ、結婚を機に南陽市に移住し17

    スキ
    18
      • よりみち読書会「女たちのサバイバル作戦」上野千鶴子

        よりみち読書会3回目に取り上げる本は、「女たちのサバイバル作戦」上野千鶴子 著/文春新書/2013年」選者は小笠原千秋さんです。 日時は、2021年10月31日(日)10時〜 ライブ配信は右のアカウントから行います→ https://www.instagram.com/j.kikuchi714/ よりみち読書会の様子をインスタグラムのライブで中継します。ご興味のある方はご視聴ください。事前に本を読まれた方でトークにも参加されたい方は、ご連絡ください。ライブ機能を使ってオンラ

        スキ
        4
        • よりみち読書会「震美術論」をおえて

          よりみち読書会「震美術論」 2021年8月18日 10時〜11時半 インスタライブで配信  よりみち読書会、最初の一冊は僕の選書から、椹木野衣「震美術論(2017、美術出版社)」を。積読の中から取り上げた一冊で、今回の機会がなければまた当分積読ままだったのではないかと思います。読書に付き合ってくれた、よりみちメンバーのお二人に感謝です。 読書会のルール ① 月一回、一冊ていど ② 選書はその回の担当者が、前回の本の内容をふまえて(つながるように)。 ③ 参加はインスタライ

          スキ
          9
          • よりみち読書会「日本社会のしくみ」小熊英二

            よりみち読書会2回目に取り上げる本は、「日本社会のしくみ」小熊英二 著/講談社現代新書/2019年」選者は滝口克典さんです。 日時は、2021年9月29日(水)10時〜 ライブ配信は右のアカウントから行います→ https://www.instagram.com/j.kikuchi714/ よりみち読書会の様子をインスタグラムのライブで中継します。ご興味のある方はご視聴ください。事前に本を読まれた方でトークにも参加されたい方は、ご連絡ください。ライブ機能を使ってオンラインで

            スキ
            1

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 地方でアートすること

            • 6本

            個人のイラストレーターの活動と、グループ展、団体、企画展のステートメントなどのまとめ。ARTSSEEDについてはこちらhttps://artsseed.tumblr.com/

          • よりみち通信

            • 46本

            毎月1回発行している『よりみち通信』。 紙媒体でも配布していますが、noteでも読めるように1年分をこちらのマガジンにまとめていきます。

          • よりみちラジオ

            • 22本

            2021年夏からの新企画「よりみちラジオ」! 毎回、山形のさまざまな場所で多文化実践をされている方々をゲストに招いて、お話をおききします。毎週、金曜日に30分程度ずつ配信。

          • よりみち読書会

            • 7本

            毎月一回、一冊とりあげています。 インスタライブの機能を使って読書会の様子をご覧いただけます。事前に参加表明をいただければライブ機能を使ってトークにもご参加いただけます。参加の際は読後の感想をレジュメにしてご用意ください。 選書はメンバーが月替りで、前回の本の内容をふまえて、つながるように選んでいます。

          • 主夫とイラストレーター

            • 5本

            「イラストレーター」の名刺を作って10年くらいになりました。 娘が産まれるのをきっかかけに、仕事をやめて主夫になりました。 妻が一人、長女と長男、コーギーとの、10年くらいのあれこれを書こうかと思います。

          • 地方でアートすること

            • 6本

            個人のイラストレーターの活動と、グループ展、団体、企画展のステートメントなどのまとめ。ARTSSEEDについてはこちらhttps://artsseed.tumblr.com/

          • よりみち通信

            • 46本

            毎月1回発行している『よりみち通信』。 紙媒体でも配布していますが、noteでも読めるように1年分をこちらのマガジンにまとめていきます。

          • よりみちラジオ

            • 22本

            2021年夏からの新企画「よりみちラジオ」! 毎回、山形のさまざまな場所で多文化実践をされている方々をゲストに招いて、お話をおききします。毎週、金曜日に30分程度ずつ配信。

          • よりみち読書会

            • 7本

            毎月一回、一冊とりあげています。 インスタライブの機能を使って読書会の様子をご覧いただけます。事前に参加表明をいただければライブ機能を使ってトークにもご参加いただけます。参加の際は読後の感想をレジュメにしてご用意ください。 選書はメンバーが月替りで、前回の本の内容をふまえて、つながるように選んでいます。

          • 主夫とイラストレーター

            • 5本

            「イラストレーター」の名刺を作って10年くらいになりました。 娘が産まれるのをきっかかけに、仕事をやめて主夫になりました。 妻が一人、長女と長男、コーギーとの、10年くらいのあれこれを書こうかと思います。

          記事

          記事をすべて見る すべて見る
            • よりみち読書会のおしらせ

              よりみち読書会をインスタグラムのライブ機能を使って行います。 今回取り上げる本は、「震美術論」椹木野衣 著/美術出版社/2017年」選者は菊地です。 日時は、8月18日(水)10時〜 ライブ配信は右のアカウントから行います→ https://www.instagram.com/j.kikuchi714/ よりみち読書会の様子をインスタグラムのライブで中継します。ご興味のある方はご視聴ください。事前に本を読まれた方でトークにも参加されたい方は、ご連絡ください。ライブ機能

              スキ
              4
              • あなた やまがた たからびと⑩

                (山形県生涯学習センターだより 生涯学習やまがた  2021.3 Vol21 寄稿) 菊地 純 さん  イラストレーター・Be Here Now企画代表(南陽市) 県内で自ら学び続け、いきいきと活躍している方を「たからびと」として、インタビュー形式でご紹介します。今回は、イラストレーターとして活躍しながら、置賜地方を中心に地域を巻き込んだアート活動「ARTS SEED OKITAMA」を行っている菊地純さんにお話を伺います。 ① 始めたきっかけと現在の活動は? 東日本大

                スキ
                2
                • ARTS MEET OKITAMAの5年

                  (米沢市芸術文化協会かいほう Vol.94 令和3年2月25日発行 寄稿) ARTS MEET OKITAMA(アーツミートオキタマ、以下AMO)は、立ち上げから参加せていただき、おかげさまで今年5回目を迎えます。 当初は置賜文化フォーラムさんに加わっていただくことで、置賜八市町も入れた実行委員会形式でスタートしました。 その後、主催や担当者が変わる中、今回は置賜文化フォーラムさんと主催はそれぞれ別ですが、会期を同じくすることで、またご一緒に仕事をすることがかないました。 ま

                  • よりみち通信13号表紙イラスト

                    スキ
                    1
                    • よりみち通信12号表紙イラスト

                      スキ
                      1
                      • よりみち通信11号表紙

                        スキ
                        2
                        • よりみち通信10号表紙イラスト

                          スキ
                          3
                          • アーティストって?

                            「アーティストです」と名乗ることありません。 名乗っても「作家(ものつくり)です」くらいです。 ひとには2種類います。 1. 他人の目が気になるひと 2. そんなもの気にしないひと 他人の目が気になるの彼は、まず壁を作ります。 そして、壁のなかにお城を建てます。 そのお城のなかでしか通じない法律があり、 それに乗っ取って、ものごとが進みます。 やがて、彼は裸の王様になるでしょう。 そんなもの気にしない彼はちがいます。 壁なんて見えていません。ヒラッと飛び越えます。 も

                            スキ
                            4
                            • 画家さんからもらった「三つのアドバイス」

                              額屋さんでの話。まだ「額装」の意味もよくわからず、悩んで教えてもらっていたころのこと。 額屋さんが、初老のお客さんに、 「先生、こちら初個展されるんですよ」 と、ぼくを紹介してくれたのだ。 「いや、先生はやめてくれ、あなたの先生じゃないから」 冗談めかしながら、 「教室では生徒さんに、「先生」と呼ばれてもここでは〇〇です。」 と。 ひらめいた、という感じで初老の画家さんは、三つアドバイスをぼくにくれるという。 1.先生とよばせない2.家族や友人にたよらない3.額

                              スキ
                              5
                              • 家族のことは書きにくい

                                イラストのこと、しごとのことは自分のことだから何でも書けます。 でも、家族のことは少し気後れしてしまう、それはやはり「他者」だからだと思うのです。 ・他人と他者のちがい ・母との関係 ・他者として接する 他人と他者のちがいはじめ、妻は間違いなく「他人」でした。 よく知らない他人と出会い、結婚し、1つ屋根の下、家族を作るダイナミズム、それは間違いなくあると思います。 子どもは、後からやって来ます。 はじめから知っている、でも「他者」にはちがいないと思うのです。 他人と他

                                スキ
                                12
                                • とりあえず100冊読んでみた

                                  イラストレーターになることを決め、すぐのことです。友人作家の紹介で、初個展の予定までトントンと決まってしまいました。初個展は地元デパートのギャラリースペース。 しかし「絵」のこと「アート」のこと、「展示会」のこと、何も知らないことに気が付きました。さぁ大変です。個展の日程は決まっています。そう、〆切のはじまりです。 とりあえずアート芸術関係の本を100冊読んでみることにしてみました。 ・ぼくの読書のしかた ・学歴も経歴も何にもない ・読めば読むほど、読む本が増える ・読書

                                  スキ
                                  3
                                  • 主夫とイラストレーター

                                    「イラストレーター」の名刺を作って10年くらいになりました。 娘が産まれるのをきっかかけに、仕事をやめて主夫になりました。 妻が一人、長女と長男、コーギーとの、10年くらいのあれこれを書こうかと思います。 ・主夫になること ・なぜ、イラストレーター ・じぶんたちで子育てがしたい ・でも、だからこそキャリア形成 主夫になること結婚したのは、23歳(いまは36歳!)でした。妻は9つ上。ぼくは派遣社員で妻は公務員。そう世に言う格差婚です。さて、ここで問題です。 格差婚で多い離

                                    スキ
                                    12