スポーツ庁

【大島恭平の格闘ニュース】スポーツ庁は29日、海外選手も出場予定のフィギュアスケート国際大会(12/9)を開催に向けて調整していく方針を明らかにした。外国人選手が入国できるとなればボクシングやRIZINファンにとって吉報となる 情報元:https://00m.in/IiCe1

オリンピック・パラリンピックの見解①

先日、スポーツ庁での勉強会に行ってきました! その内容を何回かに分けて、記事にしていきたいと思います。 今回は、メダルの個数からスポーツ庁の見解 その内容の一部ですが、 今回のオリンピックの開催は、コロナ禍であり、1年の延期もあり、物凄く大変だったと思います。 <日本選手の成績について> 今回の日本選手の成績は、 〈オリンピック〉 金メダル数(27個) 総メダル数(58個) 柔道は9個の金メダル、水泳の大橋選手の2冠、卓球は初の金メダル、女子バスケが初めてのメダル 新

雑感 2021/08/10

東京オリンピックのレガシーに関して考えてみる。 『レガシー』って、単に、物質的な遺産だと思っていた。 東京オリンピックでは、『功績』という意味も含まれるらしい。 物質的な遺産 ・国立競技場 ・各競技場 ・道路などのインフラ 功績 ・世界的なパンデミック下でオリンピックを行う決断 ・オリンピック初の無観客開催 ここで、今一度、東京オリンピックの開催意義を見てみよう。 東京オリンピックは、開催地決定の際は『復興五輪』などと言われていましたが、その起点は東日本大震災より前

+1

東京オリンピック2020が残してくれたもの

コロナ禍において史上初めて1年延期を余儀なくされた東京オリンピックが終わった。 ◆歓喜に包まれたオリ・パラの『TOKYO』招致決定 ◆アスリート達からトレーニングの場や環境をコロナが奪い取った ◆コロナ禍で五輪史上初めての延期となった。 ◆多様性を日本に定着させるきっかけをつくった ◆開催を懐疑的に思う意見、反対をする意見がクローズアップされた中、無観客で開催された。 ◆日の丸を背負ったアスリート達が獅子奮迅の活躍をみせた。 ◆次世代アスリートの大活躍により、明るい将来性へ

スキ
7

学習指導要領にスポーツ鬼ごっこの導入を提案しています。

おはようございます!鬼ごっこ協会です。 鬼ごっこ協会では、「スポーツ鬼ごっこ」を学習指導要領に導入をしてもらえないかと、2019年辺りから関係各所でお話しをするようにしています。項目としては、「体育」における小学校期での導入です。 もともと、学習指導要領の中の体育の中には鬼ごっこを「鬼遊び」というように言い換えられた形で「鬼ごっこ」は体づくり運動などの分野で入っています。また、スポーツ鬼ごっこの原型となっている「宝取り鬼」も入っています。宝取り鬼は、鬼ごっこ協会会長の羽崎

スキ
41

【2021年5月~6月発表】「海・水辺にまつわる安全・事故防止啓発情報」(環境省、スポーツ庁、日本ライフセービング協会、国土交通省、警察庁)まとめ

一年を通して、官公庁や日本ライフセービング協会から、海や水辺にまつわる安全や事故防止のための啓発情報が通知されています。 ※このページでは、2021年5月~6月に通知された環境省、スポーツ庁、日本ライフセービング協会、国土交通省、警察庁のお知らせをまとめました。 今年は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の予防をしながら、海・水辺での事故防止や、浜辺での熱中症対策などをおこなわなければいけません。 最新の情報を、海や水辺に接する機会がある教育現場や職場、また、ご

スキ
4

スポーツ庁「子供の運動遊び応援サイト」にFAVEFUNが掲載されました。

おはようございます!FAVEFUN運営です。 FAVEFUNの「コロナ禍でも楽しくあそぼう!」のページが、スポーツ庁が運営されている「子供の運動遊び応援サイト」にご掲載をいただきました。 こちらのサイトには、スポーツ関係団体や、運動・レクリエーションの団体、民間企業や公益法人などが協力されています。コロナ禍で困難な状況となっている子どもの運動遊びの現状を、何とか良くするための多様なアイデアや活動事例を、それぞれの想いの込めて投稿されています。日本全国の地方自治体や教育機関

スキ
20

スポーツ庁〝子供の運動あそび応援サイト〟に、FAVE FUNが掲載!

こんにちは!平峯です。 スポーツ庁の「子供の運動あそび応援サイト」に、FAVE FUNの〝コロナ禍でも楽しくあそぼう!〟の特集ページが掲載されました。 めちゃめちゃ嬉しいです。 スポーツ庁のWebサイトに掲載されて! 日本全国のスポーツや教育関係者に、こちらのサイトを見て、コロナ禍の運動あそびの指導に、ぜひご参考にして頂けたら嬉しいです! FAVE FUN〝コロナ禍でも楽しくあそぼう!〟 スポーツ庁〝子供の運動あそび応援サイト〟

スキ
24

Sport in Life コンソーシアム加盟団体認定のお知らせ

一般社団法人 全日本サッセン協会は、国民生活の日常にスポーツが取り込まれる社会を目指す Sport in Life コンソーシアム加盟団体として、スポーツ庁より認定を頂きました。SASSEN(サッセン)を通じて、一人ひとりが自然とスポーツを楽しみ、スポーツを通じて健康になったり、毎日をいきいきと過ごせるよう努めてまいります。 Sport in Life コンソーシアムとは スポーツ庁では、2020年東京オリパラ大会の機運を生かし、2021年度末までに国民のスポーツ実施率65

スキ
1

【2021年4月~5月発表】「海・水辺にまつわる安全・事故防止啓発情報」(スポーツ庁、日本ライフセービング協会、国土交通省、海上保安庁)まとめ

一年を通して、官公庁や日本ライフセービング協会から、海や水辺にまつわる安全や事故防止のための啓発情報が通知されています。 ※このページでは、2021年4月~5月に通知されたスポーツ庁、日本ライフセービング協会、国土交通省、海上保安庁のお知らせをまとめました。 今年は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の予防をしながら、海・水辺での事故防止や、浜辺での熱中症対策などをおこなわなければいけません。 最新の情報を、海や水辺に接する機会がある教育現場や職場、また、ご家庭

スキ
1