株式会社エンパブリック

思いのある誰もが動き出せ、新しい仕事を生み出せる社会へ。従来の「正解」が通用しない状況でも、知恵と力を持ち寄り新しい価値を生み出す人がたくさんいる社会を目指して住民主体のワークショップの開催や書籍などを発行しています。 https://empublic.jp/
  • 商品の画像

    問いかけカード「交流を促す」 ~「私のトリセツ」「私の情熱ストーリー(推しを語ろう)」「経験をシェアしよう」【ダウンロード商品】

    ※こちらはPDFファイルをダウンロードしてご利用いただく商品です。チームメンバーの交流を深め、信頼関係を構築することは、どの職場でも大きな課題となっています。近年、多様な働き方が広がる中で、また新型コロナウイルス感染症の影響でテレワークが増加する中で、メンバーの関係づくりは、ますます大きな課題となっています。 対話を通したコミュニティづくりを専門とする株式会社エンパブリックでは、プロのファシリテーターが実施してきた交流を促すワークショップを職場で、またオンラインで実施するために必要なツールをまとめた「問いかけカード」を開発、提供してきました。対話を始め、展開するために必要な「問い」、その問いを活かしたワークショップの進め方をまとめたファシリテーター・ガイドを利用することで、質の高い対話を自分達で行うことが可能になります。 「交流を促す」編では、「私のトリセツ」「私の情熱ストーリー(推しを語ろう)」「経験をシェアしよう」の3テーマ、14ワークショップのための問いカードと実施ガイドをセットで提供しています。問いかけカードを活かした対話を、チームのコミュニケーションの活性化に役立ててください!詳細はこちら https://empublic.jp/toikake_card◆3テーマ 14のワークショップを実践できるツールセット◆対面、オンライン、それぞれに対応した実施方法を解説。「私のトリセツ」・私のトリセツを作ろう!・私のトリセツを作ろう!(online)・今の私が気になる“問い”は?・あなたなら、こう言う?(online)・自分のことで伝えていること、いないこと 「私の情熱ストーリー(推しを語ろう)」・情熱ストーリーを分かち合おう・情熱ストーリーを分かち合おう(online)・情熱エピソードを話そう(online)・自分の大切にしたいことって? 「経験をシェアしよう」・経験をシェアしよう・経験をシェアしよう(online)・ミーティングのアイスブレイク・朝礼で自分のことを話そう・今の自分の基にあるものは? 「ワークショップ実施のためのファシリテーターガイド」、対話の企画シートも付いています。
    ¥1,650
    empublic STORE
  • 商品の画像

    SDGs人材からソーシャル・プロジェクトの担い手へ ~ 持続可能な世界に向けて好循環を生み出す人のあり方・学び方・働き方

    SDGsを「知る」から「実行する」へとステップアップするには?サステナブルな経済社会・地域を実現するために、働く人・暮らす人に求められることは?これから20年のキャリアを考えるガイドブックができました。 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 21世紀を生きる者には、「プラネタリー・バウンダリー(地球の限界)」の中で、貧困をなくし、誰も取り残さずに経済・社会の持続性を保つことが求められます。また、パンデミックや気候変動など様々な問題が自分の暮らしや仕事に影響を与える中で、状況に対応しながら乗り越えていくレジリエンスも求められるでしょう。この時代を生きるには、分野別の与えられた問題を解く力だけではなく、異なる分野を結びつけて考える力、正解のない不確かな状況で自分を保つ力、起きうる問題に備えるリスク対応力、違う考えの人と対話し、協働する力などが求められます。本書では、SDGsの背景と本質を踏まえて、組織・分野を超えて、環境・社会・経済の統合的イノベーションを実現する「ソーシャル・プロジェクトの担い手」の考え方・動き方・働き方を紹介しています。20世紀型思考を超え、持続可能な世界を創る一員となるために何を学び、どのような思考や動きをすればいいのか、考えるヒントのつまった一冊です。*本書は「ソーシャル・プロジェクトを成功に導く12ステップ」の姉妹本です。姉妹本セット割 販売中!*書籍特設サイト https://empublic.jp/sdgs_ninaiteー目次ー 《Dialogue 1.》2020年に考える持続可能性第1章:SDGsから始まる未来に求められる人材とは? 《Dialogue 2.》個別の問題解決から統合的な問題解決へ第2章:SDGsはどこから来て、どこに向かうのか第3章:個人の変容と社会の変容の相互作用を促す学び 《Dialogue 3.》個人と社会が結びつくには?第4章:個人・プロジェクト・ローカル・グローバルをつなぐソーシャル・プロジェクト 《Dialogue 4.》持続可能な世界の一員に求められることは?第5章:持続可能な社会への変化の中で活き、活かされる人の考え方・動き方 《Dialogue 5.》持続可能性キー・コンピテンシーを使いこなすには第6章:協働と変化を促す自分・他者・データとの向き合い方 《Dialogue 6.》学び合う関係が変化への力となる第7章:学びと協働を結びつけるソーシャル・プロジェクトの運営・活用法第8章:サステナブルなビジネスと社会の構築に求められる担い手のあり方 《Dialogue 7.》学びと協働の相乗効果によるスパイラル成長を
    ¥2,750
    empublic STORE
  • 商品の画像

    ソーシャル・プロジェクトを成功に導く12ステップ -コレクティブな協働なら解決できる!SDGs時代の複雑な社会問題

    小さな個人・組織・会社がつながり、協力して、大きな社会を動かすには、どうしたらいいのか?そのための考え方とプロセスを、12のステップに整理!社会で起きている問題に挑もうと考えている方のためのガイドブックです。書籍紹介ページ https://empublic.jp/sp12steps※*研修などで利用の場合、10冊以上で10%の割引が適用されます。【目次】第Ⅰ部 ソーシャル・プロジェクトの 成功に求められる視点・視座 第1章 ソーシャル・プロジェクトの成功の条件 第2章 コレクティブな協働へ   ――問題解決に関わる用語の定義をシフトしよう 第3章 コレクティブな協働を 実践するための協働ガバナンス第Ⅱ部 コレクティブな協働ガバナンス の考え方・進め方12ステップ 第4章 問題解決の前提を整える協働   ――課題の再発見とゴールの明確化 第5章 問題解決の 運営基盤を整える協働   ――計画策定と運営制度整備 第6章 問題解決の 推進力を強化する協働   ――継続的改善と中間支援 第7章 成果を生み出し、定着させる協働   ――継続力強化と成果の見える化 共著:佐藤真久(東京都市大学)× 広石拓司(エンパブリック) 発行:みくに出版 出版:2018年6月 初版第1刷発行 価格:1,980円(税込) ISBN-13:978-4840307154
    ¥1,980
    empublic STORE
  • もっとみる

目と耳をしっかりひらいて、ビビらず、未来への準備をするために

Empublic Studioの淵上(ふっちー)です。 5月から「2025年の社会とビジネスを預言する」というプロジェクトを始めますが、これは2016年に代表の広石が主となり作成した情…

【EMPUBLC STUDIOを120%使いこなそう!】ソーシャルプロジェクトを成功に導く12ステップの解説動画が生まれ…

みなさんこんにちは。エンパブリックの瀬沼です。私は「コーディネーターを世の中に増やすこと」を目標に日々活動しています。エンパブリックの中でコーディネーターを語る…

「学びの新定番」はどうして必要なの?

Empublic Studioの淵上(ふっちー)です。 わたしは、育ち盛り(遊びたい盛り)の子どもがいることもあって、「学ぶことをもっと楽しく深く、いつでもだれでもできるように…

開催レポート:ゼミ「しあわせな暮らしを専門職が支えるコミュニティの始め方」現場訪問

エンパブリックでは3月9日からこれまで6回にわたって「しあわせな暮らしを専門職が支えるコミュニティの始め方~東京府中で”イン・コミュニティの医療福祉”を実践する糟…

「なぜ、それをしているのか?」と問いを深めるー広石コラムVol.49

エンパブリックでは「問い」というキーワードが頻繁に登場します。私自身エンパブリックに出会う前は「問い」というと、相手がいてその相手に、”何かを教えてもらう”とか…

「活動・仕事を生み出すために、学びの作戦変更を!」ー広石コラムVol.48

私は、誰かと何かのテーマについてじっくり話をする機会があると、いかに自分が勝手にそれを常識と思いこんでいたのか、当たり前のことと思っていたのか、気付かされるとい…