ジャイアントキリング

こんばんわ!ナイタツサロンビジネスインターンシップ生の高林祐河です!

今回のテーマは「ジャイアントキリング」です!

どういうこと??

って思った方いますよね。いまから説明しますね。

先日僕はサッカーの天皇杯の1回戦の

岩手県代表 富士大学(大学生)

vs

宮城県代表 ソニー仙台(社会人)

の試合を見に行きました。天皇杯というのは、プロサッカーチーム以外で各県のトーナメントを勝ち上が

もっとみる

グループからチームへ:チームビルディングのすすめ

※この記事は全文無料で読むことができます。

2020/09/26

こんにちは。HACOです。

人が育つ環境をつくる(主体性と楽しむ力を育む環境)には、集団凝集性というようなグループの力を引き出していくことが大切になると考えています。そのようなことを考える時に参考になる本の紹介です。

スポーツのことだけでなく、職場やビジネスシーンでも役立つ、マネジメント:チームビルディングの解説書の一つとな

もっとみる
いまこの瞬間を楽しもう✨
10

2010.10.29 達海猛

このままで
いいのか?

想像
してみろよ

ここで
レギュラー組を
倒す

レギュラーの
座をつかむ

それで
リーグ戦を
勝ち進む

その時
お前達の
立場は変わる

これは
お前達の

ジャイアント・
キリングの
始まりだぜ

やる前から
ひるんで
どうするんだ

試合前に
有利も
不利もねぇ

スコアは
常に
0―0から!

誰に
対しても
平等だ

長年お前が
自分を変えたいと
思ってき

もっとみる
ありがとうございます!

コミックレビュー「GIANT KILLING(56)」椿がヤバい!

読んだコミックのタイトル

GIANT KILLING(56)
著者: ツジトモ 氏
   綱本将也 氏

あらすじ・内容

アジアカップ準決勝、日本とオーストラリアの一戦は、4対3と日本が一点リードして、最終盤へ。絶好調の椿と窪田の五輪代表コンビだったが、窪田がヒザを負傷し、途中退場。その光景を目の当たりにした椿は動揺を隠せない。一方、相手の主将サリバンは相手の混乱をよそに、勝負どころを見極める

もっとみる
励みになります!ありがとうございます。
13

すごく…僚機です…

ver2.1での小隊コストアップとサーキット実装に向けて前回に続き今度は僚機(MkII)の訓練の様子を中継。

※当然ジャイアントキリングでお送りします。

3機目となると被りなしでは良パーツが回しにくいので、低攻撃力でも格上を攻略出来るようスキル回転数と時間稼ぎに特化した構成となっている。

不利属性でも戦闘力80万差をジャイアントキリング可能なレベルには仕上がった。

星6覚醒は2箇所のみのリ

もっとみる

伊達じゃない僚機

例によってイベントが即行終わってしまったので、いずれ来るであろう小隊ミッションに備えてここ最近は僚機を鍛えているが…

最新ガチャ限のνガンダムが流行っているようなのでスパーリング相手になってもらった。

(もちろん当日記のテーマ、ジャイアントキリング要素含む)

弾数系でペチペチ押し込んでゲロビに繋げれば上手いこと火力不足を補えている感。

12秒クラスの無敵EXには後出しで被せてフィニッシュ。

もっとみる
精進しまする
2

『ドン底から念願のインカレ出場』

■結果が出なくても確固たる信念を持つこと

『堅実なディフェンスからパッシング・フリーランス・オフェンス』を構築できるようにコーチとして試行錯誤しながら最善の努力を継続して来ました。

ジョン・ウドゥンは、
 『コーチは、信念を持って指導することができるならば、自分が採用する基本的なオフェンス、ディフェンスのシステムに確固たる自信を持って、それを信頼することである』と指摘しています。

 ただ、す

もっとみる

【卓球との違い】17年振りにスラムダンクを読んで気になった場面

スラムダンク。1990年代前半のジャンプ黄金期の看板漫画であり、特に説明する必要がないだろう。

オリラジのあっちゃん、藤森のYouTubeチャンネル。

また、毎日聞いているハライチのターン。ハライチ澤部はバスケが大好きなので、度々スラムダンクの話題が出てくる。

その為、「スラムダンクまた読みたいなー」とここ数か月思っていた。

スラムダンクを全巻読んだのは、高校2年生の1度しかない。

スラ

もっとみる
ありがとうございます!嬉しいです!
3

動物園みたいに多様性のあるカオスな組織を作るために

※2019年3月に書いたものをnoteに移植したものです。

『【自戒】こんな組織じゃオワコンだ。と、ミラティブ社で意識・実践している16のこと【逆張り】』というnoteを読んでいて思うことがあったのでメモ。
個人的に自戒させられたのは『コントロールからアラインへ』という話。

多様な価値観を持つ人間を「コントロール」できるなんていうのはおこがましさの塊でしかないと思う(それはたいてい全能感からく

もっとみる

考えてサッカーをすることの大切さ

GIANT KILLINGやアオアシといったサッカー漫画を読むと、考えて(頭を使って)サッカーをすることの大切さを強く感じます。そして自分自身、あまり考えてサッカーができていなかったのだなと思います。

僕は小学校から高校までサッカーをしていました。当時は自分なりに一生懸命やっていたのですが、今振り返ると感覚に任せてプレーしすぎていたなと思います。

プレーの反省も深くしていませんでした。どこがダ

もっとみる