『話にオチをつける技術』山田周平【1行引用から140文字で紹介する実用書】

オチがあれば、伝わり方が変わる

デキる人の話には「オチ」がある

「オチ」=「笑いがとれる」ではない!

聞き手が興味をもち、しっかり話を伝えられる話し方

「オチ」の仕組みを理解して、効果的に表現する方法を学ぶ必要がある

それが"6つの話術"だけでマスターできる

これを身につければ、話に「オチ」がつき「デキる人」になれる!

【合わせて読みたい!】

今後の紹介していく本の購入資金のために

もっとみる
読んでくれてありがとうございます!
15

夢小説

更新遅くなってすみません!🙏🏻
また書き始めますので、よろしくお願いします。(見捨てないでくださいね笑笑)

さて今回は、夢小説を書いてみたいと思います!イェーイ
「夢小説」といっても、私の大好きな『探偵チームkz事件ノート』という青い鳥文庫の本の登場人物を使って書きたいと思っています!
探偵チームkz事件ノートの登場人物などを知らない方は、「大人気!探偵チームkz事件ノート」という記事を読ん

もっとみる
ハッピー😊
1

呪いと化した過去を、noteに捨てていくね。【高松days】 (前回シリーズから今後を繋ぐブリッジ回)

人生を変えようと思った。引きこもって何もできなくなっていたから。
障害や病気を抱えてる事を自覚して、どう生きていくのか。

画伯ちゃんは何がしたくて、"生きる"を選んできたのか。
何に恐れて、生きてきたんだろうか?

1つ目の行動

2019年の6月。
長年やりたい気持ちを抱えたまま止まっていたバンド。

もう一度始めるために"行動"を決意した。

勘を取り戻すべく、1人DTM(宅録)で曲を作って

もっとみる
すきすきすきすきすき!!!!!
63

地口落ちは好きじゃない

(これ書く前に、談志師匠の本を読んじまったよ。嗚呼、俺は今からほんと瑣末だし、薄っぺらいことを書くよ。いや、談志師匠と比べるのがおかしいんだけどね)

落語のサゲ、つまりオチには分類がある。大した正確な分類じゃないからひとつひとつはまあいいとして、『地口落ち』っていうのは使えるカテゴリーだ。はっきりしてるから。洒落でオチをつけるというやつだ。

で、洒落ってそんなに面白いかネ、っていう話だ。あ、で

もっとみる
あなたの生活に数理と笑いを(あ、怪談だった?)
3

知らんけどおじさん

はー忙しい忙しい。今はちょ、忙しいねん。

お前は誰やて? 

俺は「知らんけどおじさん」や。

関西人な、なんやテキトーにもの言うたあと、

「…知らんけど。」

言うやろ⁉

あれのな、エビデンス取ってくるのが俺の仕事やねん。

お前ら関西人、ほんま何にでも「知らんけど」つけるやろ?

やから俺、毎日チョー忙しいねんで。ほんまやってられんわ。



ん?なんや?昨日の仕事教えて?

あー昨日

もっとみる
うれしい、ありがとうございます!
8

100日後

100日後に死ぬワニが亡くなってから100日が経ったそうですね。

わたしは、100日後に死ぬワニを読んでなかったんですが、本当に亡くなった時は世間が少しざわつきましたよね。

ワニが出てくるとしか知らないわたしは、時代の波についていけてないと思っていたのですが、そうでもなかったようです。

100日後に死ぬワニが死んでから100日後の現在、自宅の玄関の前でイタチが死んでいました。

以上。

この言葉が何かの役に立てれば幸いです💫
1

短編小説その18「FINAL QUEST」

――僕の冒険も、これまでだ。

 心の中でそう呟いて、僕は右手に持った聖剣を目の前のドラゴンの鼻先に向けた。全長は7メートルにも及ぶ、動く山と言ってもいいその巨体は、しかし今はその迫力の大半を失っていた。その全身はだらりと地にうつ伏せに張り付いており、その頭も力なく僕の足元に突っ伏し、その凶悪な戦闘力を有した口も今は完全に閉じられていた。その目も眠そうにぼんやりと宙を彷徨っており、完全に戦闘力を失

もっとみる
感謝感激雨嵐、これからの青貴空羽にもご期待ください!
4

「結論」が見えないとき、「クライマックス」を頼ってみる

例えば、物語であったり、そうでなくとも何かコンテンツを制作するというとき。
そこには必ず、「結論」や「オチ」が用意されている。
そうでなければ、その創作物を受け取とる人々に、なんの印象も抱かせることなく、そのコンテンツは霧散する。

けれど、創作をするときにといつでも、その「結論」や「オチ」が見えるわけではない。
作者自身が迷いながら創作することもあれば、単純に五里霧中、なにも見えずに創作を始める

もっとみる
ご興味もっていただけたなら幸いです
7