大人の色気の出し方

ゆるっと生きながら

時々、本気で攻めてみる

オンとオフのバランスを取りながら

イク時は真っ直ぐに突き抜けてみる

手加減しないからねと唇を動かし

ワタシの色はより濃く際立つ



セクシーな服や隙のあるメイクで
作った薄い色気より

大人が本気で攻めた時に放たれる色の方が
断然濃い。


女子はオンとオフを上手く使い分けつつ
オンナらしさをなくさ

もっとみる

恋が連れて行く場所と愛が教える軸

私は、「恋」をするとき上手くいかない。

私の容姿や年齢のせいだとずっと思っていた。

「もっと美人だったら」「もっと可愛かったら」「もっと大人だったら」「もっと若かったら」「もっとスタイルが良かったら」

でも気づいた。「恋をする」時は、私がいくら「美人ですね、可愛いですね、大人ですね、若いですね、スタイルが良いですね」と、いい感じの男性に言われても、やっぱり上手くいかない。付き合ったとしても。

もっとみる
Merci Beaucoup
2

ポルノグラフィティの逆読み②エロティシズムとの違い

日本にとっての「ポルノグラフィティ」があるのかと言うと、残念ながらい。いや正確に言えば極度のマイノリティになったと言うべきだろう。

ポルノフラフィティに類する「エロティシズム」というのがあるが、それは「私」が森羅万象において性的なものと感じる衝動である。静的なものであり、時空を超えた謎めいた感情である。しかし「ポルノグラフィティ」は「今」に重きを置いた社会のムーブメントでいかようにも形が変わる動

もっとみる

美と汚れのエロティシズム

私は最近、バタイユの展開するエロティシズム論に納得するのですが、彼の著書の一節が、私の以前書いた詩の一部の表現に通ずるように思われたので引用します。
禁止と侵犯にかかわる話題です。

美の完成は動物性の排除であるのだが、しかしそのような美が情熱的に望まれているのは、美においては所有することが動物的な汚れをもたらすからなのである。人は美を汚すために美を望んでいるのだ。美そのもののためにではなく、美を

もっとみる
( 'ω') ありがとうございます。
4

欲望の在りかと愛の行方:行く場所と発せられる言語

「行為ではなく場所」

そこがどういう場所かを言語化すること。

夫婦の、恋人同士の当然の義務でもない。

テクニックではない、相手の良し悪しではない、自分の良し悪しではない。

太ってるとか痩せてるとか、身体に自信があるとか、自信がないとかは関係ない。

美人とか不細工とかではない。

「相手に気持ち良くしてもらう」のでもないし、「自分が相手を気持ちよくしてあげる」のでもない。

Deo sex

もっとみる
よろしければシェアもお願いします
1

エロについて語る

はーい、ヘカテだよ!

これからある事件を元にしたアニメを作るよ〜。第一話め。なんか生々しくエロくなっちゃったので閲覧注意です。

バーレスクダンサーとか、ちょっとえっちなモチーフ、性や死をテーマにしている作品を創作していると、時々エロについて語りたくなります。

不思議な概念だよね〜、エロティシズム。

エロティシズムってなんぞや

ヘカテのエロティシズムの認識は"禁止されていることを犯すこと"

もっとみる
今夜、アストラル界でお会いしましょう!
14

ちんかめ

‪ちんかめってエロ本見てる。‬

 ‪初版発行年からみて紙からネットへの過渡期あたりの作品なのかな。‬‪

情報過多気味な今時のエロサイトでは感じられないヘルシーなエロティシズムがとっても心地よい(^ ^)

ありがとうございます(^ ^)
6

愛とエロス

最近、コロナの悪影響と言うべきか、嘆かわしいことにSNSの影響などで接触が増えてそれが可視化するようになったからか、猥褻行為のニュースが散見されて、何だかやり切れない気持ちになる。

そういうニュースを見ると、相手の合意だけでなく、自分の意思だけで行動を起こしてしまう人の多さに複雑な気持ちになる。
(もっとも成年と未成年との不純異性行為は、未成年の意思によるものもあるから難しい。単なる愛情としての

もっとみる
感謝カンゲキ雨嵐💛
3

エロスは芸術

裸体はアート

ハダカは美しい

性的欲求は神秘

オーガズムは楽園

マスターベーションは瞑想

うふふ❤︎ありがとう
2

今、あの人に読ませたい作品

レディコミにハマっている。
 Amazon万歳、Kindle万歳、実にいい時代だ。男でも、誰に知られることなく読み始められる。コロナ渦で生まれたマイブームである。

 特に好きなのが、ダレノガレ明美さんもTwitterで紹介していた『セフレの品格~プライド~』という作品。品格と書いて、プライドと読む。
 物語は、子持ちでバツ2の女が、同窓会で初恋の男と再会。意気投合した二人がその場から抜け出し、ホ

もっとみる
次回も頑張ります、またお願いします