ウシジマくん童貞問題

※この記事は以前ブログに更新したものと同一です。

ウシジマくんについて書いていくにあたって、ツイッターなどで質問を募集していたので、気になったものをちょっとずつ考えていきたいとおもう。今回は掲示板で質問のあった、みんなが気になるウシジマくん童貞問題。

といっても、最初に断っておきたいことは、本文は「真相を解明する」というような筋のものではないということだ。ほんとうのところ丑嶋が童貞であるかどう

もっとみる

美しき獣と語らう。

楽しみにしていた友人とのデート。
駅の改札に、美しい獣は佇んでいた。
少し青白い顔で。
高いヒール、エレガントなドレス。
彼女には夜と黒がよく似合う。
しなやかでほっそりとした身体に長い髪。
私が持ちたくて持てなかったアンニュイな美しさを彼女は全て持っている。

獣は優しいけど、野性が残っているから、弱っているとすぐ解る。
ほんとうは、自分のテリトリーで傷を癒やさないといけない時期だけど、優しいか

もっとみる
あなたの存在が必要です
5

ちくわパンの意味のなさ

今日もまた、酒井健先生「バタイユ入門」に入門している。
明日の講義(ほんとは読書会だけどほぼ、私が一方的に教えを乞うことになるに決まっているので)に備えて読んでいるものの、全く間に合いそうな気がしない。噛み締めながら読んでいるので進まないのだ。

私は、かつて一方的にバタイユにすごい悪印象を持っていた。
まるで薄気味悪い呪術師、胡散臭い霊能者、みたいに。
それは、当時周りにいた、所謂バタイユ信者た

もっとみる
あなたの存在が必要です
6

あいも変わらない日々

非日常(姪に会う)が終わり、また日常が戻ってきた。

まだ胃腸がおかしいので、蒸しパンとかミルクとか柔らかいうどんとかを食べている。

病気でも、わたしは食べることに拘る。
食べることは生きることだし、拒食に逃げるのも過食に逃げるのも、好きじゃないからだ。
淡々とその日の体調に合ったものを食べる。
寝ること、食べることを疎かにしてまで、やるべきことなんて、私にはない。
多分、そこまでしてやり遂げな

もっとみる
あなたの存在が必要です
3

バタイユ入門に入門

心身ともに疲れ過ぎていて、マトモに本が読めていない。読書ミーティングも近いというのに…焦る。

朝からずっとバタバタしていた。
きのうの夜、
「ある人を赦さない自分を赦す」
と決めてから物凄く疲弊して、
23時過ぎには布団に入って泣いていた。

許せないという感覚は常に罪悪感を伴い、私の精神をズタボロに傷付けるが、生きると決めた以上、無駄な人間関係に関わっていることそのものが生死に関わるから仕方が

もっとみる

訳のわからないものを読む

バタイユとゾラを読み比べていてちょっと思う事が。
 ゾラの短編集も私には概要を把握しきれない感触はあるのだが、でもそれほど関心が向かなかった。何故かはよくわからない。一方でバタイユの『マダム・エトワルダ』は魅力に満ちていた。プロットは単純にもかかわらず、そこで描かれる謎めいた出来事━━いや「街娼と性交する」という説明の中に収まるはずの出来事が、それ以上の事を描いてしまう意味の広がり、そして広がりは

もっとみる

連休と読書

やっぱりおフランス文学よいわ。
ゾラもバタイユも、小説でやたら性的放埒が題材になっていて心底うんざりするが(そのような放埒に覚えがないし)、胸やけを抑えて小説全体を読めば、表現も描かれたものもたいへん自由な印象が。
シェイクスピアやゲーテとも重きを置くものが違う。そういうものはやはりフランスという土地とその文化的文脈と分かちがたく生まれて来るからなのかな。

特にバタイユは気に入った。『目玉の話』

もっとみる

初バタイユ

なんとなくフランス祭りに。まあフランス文学の古典を読むのが元々の目標だったのだけど。というわけで、昨夜は初バタイユ。あまり時間がなかったので、掌編の『マダム・エドワルダ』を。
昨日のゾラにはやや親しみ切れなさを感じたが、バタイユ先生は、まあそうじゃないかと思ったけど好きな作家という第一印象。例によってセクシャル大好きな人達の話なのだが、私は作中人物が自分のろくでもなさやダメさの極みを晒け出した話に

もっとみる

現代の春画家・佐伯俊男とヤリチン男

皆さんは佐伯俊男というアーティストをご存知でしょうか。
寺山修司や澁澤龍彦の激励を受け、1970年に『平凡パンチ』誌でデビュー。ジョン・レノンとオノ・ヨーコのアルバム『サムタイム・イン・ニューヨーク・シティ』のジャケットにイラストレーションがコラージュされたことなどもあって、海外でも知名度があります。
その作風から、“画家”や“イラストレーター”よりも、「絵師」という肩書きが似合う人です。"tos

もっとみる

バタイユって哲学者の宗教感覚

もう少し宗教のはなし続けます。
(といっても、自分の経験ベースなんですが)

▫︎▪︎ ▫︎▪︎ ▫︎▪︎

ってフリからの、突然、野球のはなしです。

自分は小学校から高校まで野球をやってたんですが。

その時、2度ほど、ボールが止まって(正確に言うとスローモーションで)見えたことがありました。これはマジなんです。ふわーって感じで、自分がやや俯瞰気味に、あれ?球おそいじゃんって突っ込むぐらいのス

もっとみる
ありがとうであります!
2