【偶像の黄昏】信じたいものを探した先には、ミイラしかいなかった

言葉は自由で、生きている。

「私」は、無意識に、自由で、生きている「誰か」の言葉を切り取って、「私」が信じたいように解釈する。「私」の心が助かりたいように、受け取る。

この瞬間に、言葉は、「偶像崇拝者」がしたように、「私」にミイラにされてしまうのかもしれない。

生きていた言葉たちが、「私」によって概念にされて、「私」の手から逃れられなくなった。

「それで「私」の心が救われるならいい」

もっとみる
スキありがとうございます
2

100分de名著をアーカイブで休日に見た話。

昨日、アマゾンプライムビデオから、NHKオンデマンドの登録をした。

NHKのアーカイブは充実しているね。

大河ドラマも全話視聴できる。

とりあえず、「龍馬伝」「なつぞら」はも一回観ようかな。

あと、100分 de 名著ですわ。

これが、本好きの私にはたまらんです。

とりあえず、今日は、ニーチェの「ツァラトゥストラ」とパスカルの「パンセ」の回を視聴した。

ニーチェの回は、司会が堀尾 正

もっとみる
とてもうれしいです。
3

【哲学者:ニーチェ】未来のビジョンから来る行動

======================

過去が現在に影響を与えるように、未来も現在に影響を与える。

======================
事業家として成果を出し続けていく上で、未来のビジョンから、そのために必要な行動をすることが大切です。

現在の自分は過去のいろいろな経験がつくっていますが、未来どうしていきたいかで、現在の選択が決まります。

過去は生ゴミだと教わりました。

もっとみる

8月若獅子の会(鈴木大拙に学ぶ人間学)

久々に参加の若獅子の会

鈴木大拙がテーマという事で、父親から教えられたのはハイデッガーとお友達の人

横田館長からは、円覚寺の隣に住んでた方であり、禅を日本中、世界中に広めた方

そして、鈴木大拙が晩年、大谷大学で京都に行き、いわゆる京都学派の西田幾多郎との親交など

多分、あまり一般受けしない、名前が殆どなんだと思いますが、、、

かじった程度レベルですが、鈴木大拙は禅よりも日本的霊性の方が興

もっとみる

【連載小説】雨恋アンブレラ_4

4

「自分で蒔いた種は、咲かすも枯らすも自由だが、責任を持って面倒を見ないといけない」
 なにそれ、ニーチェ? と櫻井美姫が言う。
「おれ」
 教室の床に寝そべった歌川萌音を一瞥して、天海陸はため息をついた。数分前の自分に、首を絞められているかのようだ。
「美姫、先に帰ってていいよ。あとはおれがなんとかする」
「そんなに、コイツとふたりきりになりたいの」
「そんなことは言ってない」
「別にいいよ

もっとみる

【内容量を重視する】

何かに挑戦する際に考えること。
それは
「初期段階で内と外どちらを重視して進めるか」
ということ。

これが建築なら当然、図面設計(内)から入る。

しかし、無形な物において、かつスピードを求める際は
まずは箱を作り、中身は順次埋めていくことも必要になる。

今後とも宜しくお願いします(^^)
10

「嫌な思い出をどう乗り越えていくか」学んだことのまとめ

本日のschooで受けた授業

「嫌な思い出をどう乗り越えていくか」その悩み、哲学者がすでに答えを出しています。
https://schoo.jp/class/5853

小林昌平先生

小林昌平先生 著書

その悩み、哲学者がすでに答えを出しています

あくまで働く人間としての哲学者です
どうやって哲学って活用できるのか?を勉強している

前回と同じテーマでのお話

世界中に今大変な状態でどう生

もっとみる
よろしければシェアもよろしくお願いします
6

新しい自分になるために

こんにちは ちょりい です

きょうはnote初投稿の【自己紹介】で少しだけ触れた

ーこれからー
について書いていこうと思います。

高校生の頃に出会った本
【ニーチェの言葉】より

〝自分は常に新しくなっていく〟
という一節が今の自分の中で響きました。

子供の頃って、初めての体験の連続でひとつひとつの事柄に毎度丁寧に新鮮に 
傷ついたり、喜びを感じたり していたと思うのですが、年を重ねてい

もっとみる

後悔と運命愛

後悔と運命愛





みなさんはよく後悔をする方ですか?


「ランチのメニューAセット
Bセットにすればよかったな」

とか

「この道じゃなくて
あの道からいけばよかった」


これらは小さな後悔ですが
(人によっては大きいかもしれません^^;)

人生に関わるような大きな後悔は?


「A社じゃなくてB社に行けばよかった」

「もっと勉強

もっとみる
ごちそうさまです!
4

Philosophy 哲学

わたしが好きなもののなかに、哲学があります。

ニーチェの名言は一番心に届くものがあり、本を買ってよく読んでいました。

思考が哲学的になっているのか、よく深く考えすぎだと言われますが、本人は考えることを楽しんでます。

一時期、自分で名言ぽいものを考えたりして、ノートに書き溜めていました。

noteではなんにでもなれる、ということで

エセ哲学者として、名言・・・迷言をたまにつぶやいていきます

もっとみる