繊細に描かれるその絵柄は、下書き無しで出来上がっていた

こんばんは。 6月から開始しております廻り道 初夏のうつわ展も後半になってきました。 追加作家 加賀美円さんのご紹介です。 愛知県 常滑市で作陶されている加賀美円さん のうつわが、明日からうつわ展にて、並びます。 ベトナム系ルーツからきている安南ベトナム食器を作陶されている 円さん…

取り扱い商品のご紹介です

かわいいメラミンのお皿で、おうち時間を楽しむ。

 カラフルでかわいいイラストが描かれた、cozyca productsのお皿とコップたち。メラミン製なので、軽く、落としても割れにくく、熱に強い!とっても使いやすい食器です。  今回は、cozyca productsのかわいい食器を使った日々のお家での時間や毎日の暮らしを豊かにしたり、おしゃれにするアイデアを…

みかわちカレー皿・魂

1年前のいま時分、どこからも電話のまったく鳴らない、もはや為すすべのない状態だったことを思い出します。 政府の様々な助成の手続きや金融機関へ走り回っていた中、組合から「長崎県産地パワーアップ事業」へのチャレンジを進められました。 これまで有田焼で佐賀県事業に参加してきたことはあっ…

初夏のうつわ展 風見窯入荷

こんにちは。 6月から始まりました廻り道  『初夏のうつわ展』に 新たに風見窯さんのうつわが、入荷いたします。 前回の入荷時にもご好評いただき、すぐに完売となりました風見窯さんです。 作り手紹介 風見窯 福岡県の八女茶が有名な八女市で作陶されている風見窯さん。 独特な風合いが特徴的で…

人間の原始の思考から”溶ける”デザインについて考える(2/2)

liloデザイナー 古谷阿土です。 前回のnoteでは原始の人間の思考を探り、そこから愛着の発生源を探りました。そして、人間と道具の心理的な境界線は存在せず、また、養老孟司先生の言葉をお借りして人間と自然の物理的な境界線もまた、存在しないことを確認しました。そして、この全てにおいて境界線が…

オンラインショップ200アイテム突破!!

私が自然に心を惹かれる理由

liloデザイナー 古谷阿土です。 自然を愛してやまない私が、なぜ自然に心を惹かれるのか。そして、自然を良さを最大限に感じることができる私なりのキャンプの本質的な楽しみ方について書いていきたいと思います。 私が考える自然の定義 私の好きな人の一人に養老孟司先生がいます。彼が定義する自然…

輪島塗の器に和食以外を盛り付けたら その2

黒漆の上に、水紋をイメージした金色の渦のような絵柄が描かれた小皿です。 大胆で明るい絵柄に合うような、太陽がまぶしい国の食べ物がいいかなーと思って、タコスミートとトルティーヤチップをのせてみました!

うつわ屋の店主が梅シロップをつくってみただけの話

なぜか3回目にもなるシロップやビネガーをつくるだけシリーズ。 今回は、この季節つくっている方も多いであろう(仲間ですね!) 梅シロップと梅酒を漬けました! 店主の梅しごと歴は、 去年→梅シロップづくりに初挑戦、 今年→梅酒に初挑戦、梅シロップも引き続き というまだまだひよっこ梅職人。 …