八代成実 | narumiyashiro(陶芸家)

東京暮らしの陶芸家。 2018年に独立後、2020年より東京・世田谷にアトリエを移し、活動中。 仕事のこと、サラリーマンから陶芸家になった経緯、フリーランスとして生きていくこと、好きな深夜ラジオについてなどをnoteに綴ります。

八代成実 | narumiyashiro(陶芸家)

東京暮らしの陶芸家。 2018年に独立後、2020年より東京・世田谷にアトリエを移し、活動中。 仕事のこと、サラリーマンから陶芸家になった経緯、フリーランスとして生きていくこと、好きな深夜ラジオについてなどをnoteに綴ります。

    マガジン

    ストア

    • 商品の画像

      shallow mini bowl

      ※表示価格は税込価格です。___手に取りやすいサイズで、すっきりとシャープに洗練された印象の浅鉢。フルーツ、デザート、ちょっとした副菜にも。濃淡の表情が美しいカーキとグレーの2色。日常使いしやすい落ち着いた色味でありながら、食材がのっていないときも、眺めていたくなるようなアートとしての愛着を持ち合わせた作品です。こちらは個体差が大きいものとなります。色味や表情はお選びいただけませんが、複数オーダーいただいた場合は、相性の良さそうな組み合わせをこちらでセレクトさせていただきます。size:約W16×D16×H4cm素材:陶器◯ microwave× dishwasher× ovenすべて手作業にて制作しているため、持ったときの馴染み方や色の濃淡、ムラなどひとつひとつ表情が異なります。少し歪んでいたり、濃淡が大きく表れていたりするものもありますが、風合い程度であると思える作品のみを販売しております。表情や色の出方に対するイメージの違いを理由とした返品交換はご遠慮ください。とくにマットな釉調のものなど、どうしても使ううちに色が入っていくものもあります。経年変化を楽しみながら、末長くご愛用していただけたら幸いです。茶渋等が気になる場合は、家庭用の漂白剤をお試しください。
      ¥3,740
      narumiyashiro ceramic works
    • 商品の画像

      tarte 18

      ※表示価格は税込価格です。___横から見るとふちがまっすぐ立ち上がったフラットなお皿。まるでタルトのようなかたちですが、これだけで色々と盛りつけの幅が広がり、印象が変わります。上から見るとwelcomeシリーズと同じように。焼き締めのふちがアクセントになり、シンプルな料理も美しく見せてくれます。size:W18×D18×H2cm素材:陶器◯ microwave× dishwasher× ovenすべて手作業にて制作しているため、持ったときの馴染み方や色の濃淡、ムラなどひとつひとつ表情が異なります。少し歪んでいたり、濃淡が大きく表れていたりするものもありますが、風合い程度であると思える作品のみを販売しております。表情や色の出方に対するイメージの違いを理由とした返品交換はご遠慮ください。とくにマットな釉調のものなど、どうしても使ううちに色が入っていくものもあります。経年変化を楽しみながら、末長くご愛用していただけたら幸いです。茶渋等が気になる場合は、家庭用の漂白剤をお試しください。
      ¥4,400
      narumiyashiro ceramic works
    • 商品の画像

      shallow mini bowl

      ※表示価格は税込価格です。___手に取りやすいサイズで、すっきりとシャープに洗練された印象の浅鉢。フルーツ、デザート、ちょっとした副菜にも。濃淡の表情が美しいカーキとグレーの2色。日常使いしやすい落ち着いた色味でありながら、食材がのっていないときも、眺めていたくなるようなアートとしての愛着を持ち合わせた作品です。こちらは個体差が大きいものとなります。色味や表情はお選びいただけませんが、複数オーダーいただいた場合は、相性の良さそうな組み合わせをこちらでセレクトさせていただきます。size:約W16×D16×H4cm素材:陶器◯ microwave× dishwasher× ovenすべて手作業にて制作しているため、持ったときの馴染み方や色の濃淡、ムラなどひとつひとつ表情が異なります。少し歪んでいたり、濃淡が大きく表れていたりするものもありますが、風合い程度であると思える作品のみを販売しております。表情や色の出方に対するイメージの違いを理由とした返品交換はご遠慮ください。とくにマットな釉調のものなど、どうしても使ううちに色が入っていくものもあります。経年変化を楽しみながら、末長くご愛用していただけたら幸いです。茶渋等が気になる場合は、家庭用の漂白剤をお試しください。
      ¥3,740
      narumiyashiro ceramic works
    • 商品の画像

      tarte 18

      ※表示価格は税込価格です。___横から見るとふちがまっすぐ立ち上がったフラットなお皿。まるでタルトのようなかたちですが、これだけで色々と盛りつけの幅が広がり、印象が変わります。上から見るとwelcomeシリーズと同じように。焼き締めのふちがアクセントになり、シンプルな料理も美しく見せてくれます。size:W18×D18×H2cm素材:陶器◯ microwave× dishwasher× ovenすべて手作業にて制作しているため、持ったときの馴染み方や色の濃淡、ムラなどひとつひとつ表情が異なります。少し歪んでいたり、濃淡が大きく表れていたりするものもありますが、風合い程度であると思える作品のみを販売しております。表情や色の出方に対するイメージの違いを理由とした返品交換はご遠慮ください。とくにマットな釉調のものなど、どうしても使ううちに色が入っていくものもあります。経年変化を楽しみながら、末長くご愛用していただけたら幸いです。茶渋等が気になる場合は、家庭用の漂白剤をお試しください。
      ¥4,400
      narumiyashiro ceramic works
    • もっとみる

    最近の記事

    2022年もお疲れ、私。

    さて久しぶりのnoteではございますが。 もう年末も年末ですね。 既に頭の中は2023年に向かっていて、アレやりたい、コレもやりたい、スケジュール引かなきゃ、あああの人に連絡しなきゃ!と突っ走っております(特性:前のめり)。 でもやっぱ、これまでのことも振り返っておこう。 常に先のことばっか見てしまいがちで、積み重ねてきたものを確認したり、穏やかに見つめ直すことってなかなかできないんですよね、私。 前しか見てないぜ!という気概は大切なんですが、PDCAのCね、Check!

      • 運を味方につけておく。|フリーランスで生きていく #14

        仕事を進めていく上で、「運がよかったな」と思うことは多々ある。 「たまたま欠員が出た企画展の穴埋めに声をかけてもらう」 「インスタで繋がった人から新しい仕事の依頼がくる」 「新規オープンの飲食店がうつわを使いたいと声をかけてくれる」 こういうものは、結局「運」によるところが大きい気がする。 周りの人たちを見ていても、ビジネス本なんかを読んでいても。 成功している人、良い仕事をしている人は口を揃えて「運がよかっただけだよ」と言っている。 「たまたま」「タイミング」「ご縁で」

        • インスピレーションが欲しかったら散歩するのが一番良い。|フリーランスで生きていく #13

          「作品づくりのインスピレーションはどこから受けますか?」 と、聞かれることが最近重なったので、はてと思い返してみる。 私の作品については、 「使うたびに心潤う 美しい日用品」 というコンセプトが軸になっております。 日常で使う道具としての要素と、 手にとるたびに心潤うアートとしての要素。 その二つを両立させたものづくりをしたい。 *** だからこそ、出発点は「使いやすさ」から考える。 食器棚の中から、ついつい手に取ってしまう使い勝手の良いサイズや重さ。 これを盛りつけ

          • 元気ないときに元気ないって言えるといいよね。|フリーランスで生きていく #12

            個展前になると毎回メンタル崩壊している貧弱系陶芸家ですこんにちは。 さて出だしから鬱陶しいけど、でも聞いて。 お願い、聞いて。行かないで。 (メンヘラ発動) クリエイティブの仕事ってつらくない? 一人で責任負ってリスク取って己と向き合い続けるしかない仕事つらくない? いやフリーランスだとか会社員だとかに限らず、一生懸命仕事してたらつらいよね?仕事じゃなくて家事だって育児だって介護だってさ?一生懸命やってるんだもん誰か褒めてくれよ!!!!! ハァ、すみません取り乱しました

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • フリーランスで生きていく。
            八代成実 | narumiyashiro(陶芸家)
          • 作陶のこと。
            八代成実 | narumiyashiro(陶芸家)
          • たくさん読んでいただいている記事
            八代成実 | narumiyashiro(陶芸家)
          • 会社員だった頃
            八代成実 | narumiyashiro(陶芸家)
          • フリーランスの週報
            八代成実 | narumiyashiro(陶芸家)

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            基礎があってこその自由。|フリーランスで生きていく #11

            今回の個展では、濃淡の大きなものや、一つ一つの個体差が大きく出ているものを多く作りました。 それが皆さまに好評なのがとても嬉しい。 (お手にとっていただいた皆さま、ありがとうございました。) これ私にとってはちょっと大事な変化で。 というのも今までは、「ベーシックになるもの」を意識して作ってきたんですよね。 どんな場面でも使いやすい デイリーに使えて合わせやすい 気に入ったら買い足せる 色違いで数枚持つのにも良い そういうことを軸にして、作品を考えていました。 naru

            個体差について。

            私の作品のほとんどは、轆轤(ろくろ:映画ゴーストのあれね。ってずっと言ってるけどこれそろそろ通じなくなる世代いるんだろな。)で作っています。 「どうして同じかたちが作れるんですか!?すごい!」 と驚いてもらうことも多いのですが、 いやいやそんなことはないのです。 重ねられたお皿や、並んだマグカップをよーく見ると それぞれの個体差が分かるかと思います。 少し高さが違ったり、立ち上がりのカーブの具合が違ったり。 微妙な色味や、濃淡の表情も、一つ一つが異なります。 それらの個

            どうやって仕事を作っていくか。|フリーランスで生きていく #10

            仕事をするにあたって、そういえば「営業」のようなものを私はしたことがありません。 ものづくりを仕事にしているので、ものを作って終わりじゃなくて、それが売れないと話にならない。 そのための「売る場所」はどうやって見つけたらいいのか。 *** 陶芸家としてはまだまだひよっこのワタクシですが、 それでもここ数年は休む暇がないくらいのお仕事をいただいております。 個展だったり、企画展だったり、卸販売だったり。 本当にありがたいご縁をたくさんいただいております。 振り返ってみて

            ネガティブな出来事は元気があるときに分析しとく。|フリーランスで生きていく #9

            日々生きている中で、ちょっとしたモヤモヤだったり、イライラだったり。 アレこれ私が悪いのかな?と思ってしまうような違和感。 ありませんか? 30代になって、だいーぶこういうものも受け流せるようになってきたんですけど(あーはいはい、あなたはそういうかんじね、私とは考えが違うんだね、それではグッバイ~~微笑みを添えて)。 こういうものって、元気があるときにはちょっと冷静に分析してみるのもいいのかなと思います。 元気があるときにってのがポイントですよ。 疲れてるときにわざわざ

            仕事の内側にご褒美はあるかい。|フリーランスで生きていく #8

            RADWIMPSが歌い出しそうなタイトルでこんにちは。 朝のランニングを頑張ったご褒美に、パン屋さんのパンを買って帰ってきました。普段ゆるグルテンフリー生活をしているので、パンは私にとってたいそうご褒美なのです。 頑張ったもんね、と言いながら、シャワーで汗を流した爽快感と共に摂取する小麦粉。はあああああーーーー美味しい。 ああこのために走ったのだ、早起きしてよかったーーーーの瞬間でございます。 *** ここまで頑張ったらご褒美! というのは私たち日常的によく使うんじゃ

            何が欲しいのかを明確にしておく。|フリーランスで生きていく #7

            なーんか甘いもの食べたいんだよねーー。 ケーキじゃないな。 シュークリームでもないな。 生クリームやカスタードじゃないんだよな。 フィナンシェ、クッキー、、うーん小麦粉系も違う。 チョコレート?も違うねぇ。 甘いものだけどなーんか違う。 あ、和菓子かな。和菓子かも。 お団子、、、みたらしではないなあ。 あんこなんだけどもうちょっと違くて 甘さとほろ苦さが両方欲しくて、、、 ああああああ!桜餅いいいいっ!! アナタだったのねええええ!!!!! ってとき、ありません? (やし

            人生の舵を切る瞬間に間違ってはいけないこと。|フリーランスで生きていく #6

            私たちには人生の舵を切る瞬間がきっと何度かあって。 最近立て続けに、仕事を辞めて、故郷に戻るという友人に遭遇している。まさに人生の舵を切った人たち。 一人はそれから半年ほど経って久しぶりに会いにいった。 一人はこれから引っ越しをするということで会いにいった。 二人とも、すごく良い顔をしてたんだよね。 なんだろうなーーー。 この不思議なかんじ。 きっとそれまでの彼女たちの人生も豊かに充実したものであって、楽しく過ごしていたと思うし、私の目にもそのように映っていた。 だか

            日本には「縁」という便利な言葉があって。

            「縁がなかったんだなー」 と、口にすることが近年増えた。 これはネガティブな意味ではなく、むしろとっても前向きな気持ちで使っているものです。 *** 例えば、半年前から企画して、スケジュールも開けておいた展示の話が急に立ち消えるなんてこともある。(あんまり頻繁にはあってほしくないけど) あなたのためにスケジュール空けといたんだけどな。 このタイミングまで連絡してこないとかちょっと失礼よね。 見込んでいた売上がゼロになるってことかあ。 その分のリカバリーはどう責任とって

            自分の仕事に美しさと変態性を見出すとき。

            ああ、美しいな。 ものづくりを仕事にしていると、そう思う瞬間がふいに訪れることがある。 それは、個展に向けて一点ものの大物を作っているときでも、新しい作品を試しているときでもなく、これまで100個、1000個(もしかしたら10,000個)は作っているであろう、いつも通りのマグカップを挽いているとき、その並んだ姿を見たときなんかにふと訪れる。 一つ挽き終えて、板と粘土の隙間に糸を入れて切り離し、ろくろから板を外して、それをテーブルに乗せるべく振り返る。 その瞬間に、それま

            夢の話ができますか。|フリーランスで生きていく #5

            今の仕事でどこまでいきたい? 今年は具体的に何がやりたい? メンタル保つためにどうしてる? どうやって自分の仕事をブランディングしてる? こういう話、身近な友人やパートナー、家族と話せますか? 「全然気兼ねなく話せるよ!」という方は素晴らしい。 私はね、どうも苦手です。 もちろん友人や家族は大事な存在だし、たくさんのことを話す。 ただそれが「仕事の話」となると、話してもわからないだろうな、、と一歩退いて思ってしまうこともあるし、実際伝わらない部分も多いと思う。 だから

            その気になれば何でも一人でできるようになる。|フリーランスで生きていく #4

            新年最初の展示会への搬入を終えた帰り道。 知らない道を一人で運転しながら考えていた。 つい数年前まで私はペーパードライバーで、自分一人で遠くのお店に車で搬入するなんて考えられなかった。 けれどとある人に、「この先陶芸家として仕事していくなら、絶対自分で運転して搬入できるようになったほうがいいよ」と言われたので、「そうか」と素直に受け止め運転の練習をした。 今では高速道路も、都内のダンジョンのような入り繰った道も、行ったことない土地の細かな路地も、ナビを相棒になんとかたどり

            暗黒期を抜けるためのご褒美を用意しておいたよ。

            明けましておめでとうございます、やしろです。 1月に入って10日も過ぎてるじゃねえかと怒られそうですが、私としてはようやく年が明けた気分ですハローニューイヤー!ハッピー2020!寅年ガオガオ! えっとですね、年末から一昨日くらいまでずっと調子悪かったんですよ。 なんでかっていうと単に忙しかった。 (忙しいと言いたいタイプのポケモン) 実家に帰る時間も、甥っこ(天使)と遊ぶ時間も削って土をこねておりました。 そうこうしながら年を越してなお土をこね、片付いていない上に外かな