きょうこ/伝統工芸が好きなライター

伊賀焼との出会いからうつわを買いあさるようになり伝統工芸にハマる。人がつくったものから感じるあたたかみが生活を変え心を豊かにすることを実感。陶芸歴2年。noteで職人にインタビューをしています。あんこが好き。特に豆大福ラブ。★10月から奈良町にある「風の栖」で働いています。

夕陽をみる時間

家で過ごす休みの日、楽しみにしていることのひとつに『夕陽』がある。 15時を過ぎると少しソワソワし出して、やりかけている家事の段取りを考えはじめ、16時には家を出る...

魅惑の食器棚。

ずっと食器棚がほしかった。 東京にいたころはコンパクトな部屋に住んでいたので、うつわは備え付けの小さな棚に入れていた。外観は白くて外から中身は見えない、いわゆる...

ものを買うこと、売ること。

奈良にきてから1ヵ月が経った。 自分でもびっくりしているのが、「いい状態」を保っているということ。想像していたのと違った、などマイナスなことは何もなくて、私の中で...

「楽しむプロ」だっていいじゃないか。ひょっとこフェスの話。

夏に、鈴木心&いなわしろ写真館主催の「ひょっとこフェス」に参加した。場所は福島県猪苗代湖にある、赤い家。 ここはいなわしろ写真館の拠点になっているところで木造で...

「ありがとう」のシーンが多い、接客の仕事

学生時代、私はド〇ール系列のカフェでアルバイトをしていた。 「いらっしゃいませー」 「店内でお召し上がりでしょうか...?」 仕事中は、マニュアルに沿って呪文のよう...

土楽窯へいったら、土鍋がもっと好きになった。

今日は三重県伊賀市にある、土楽(どらく)の窯元へ。 奈良から伊賀までは電車でいったのだけど、スマホを見るのをやめて外の景色に見入るくらい、緑豊かできれいなところ...