きょうこ|暮らしとうつわのお店 草々

2019年に神奈川→奈良へ移住。生駒市高山町で「暮らしとうつわのお店 草々」をやってい…

きょうこ|暮らしとうつわのお店 草々

2019年に神奈川→奈良へ移住。生駒市高山町で「暮らしとうつわのお店 草々」をやっています。noteで陶芸家さんへのインタビューや暦生活で文章を書いています。あんこ好き。特に豆大福ラブ。畑で野菜を育てています。

マガジン

  • 草々のこと

    暮らしとうつわのお店「草々」のことや、陶芸家さんのインタビューを紹介していきます。 住所:〒630-0101 奈良県生駒市高山町7782-3 営業日:木・金・土 11:00-16:00

最近の記事

  • 固定された記事

私の自己紹介です。

こんにちは、はじめまして。 私は、高根恭子といいます。noteやツイッターではきょうこの名前で発信しています。 今日は改めて、はじめて訪れてくださった方に私のことを知ってもらいたいなぁと思い、プロフィールとしてまとめてみました。どうぞ読んでいただけるとうれしいです。 第1章:私の自己紹介神奈川県秦野市出身の1985年生まれ。 社会人になってからはしばらく東京で働いていたのですが、2019年10月に奈良県へ移住しました。誰も自分のことを知らない場所で、人生をイチからやり直し

    • 畑中篤さんの個展、無事に終わりました。ありがとうございました。また会いましょう。

      今週でオンラインショップも含めて畑中篤さんの個展が無事に終わりました。みなさんほんとうに、ほんとうに、どうもありがとうございました。 ちょうど昨日畑中さんがお店に来てくれて、色々振り返りながら話をしました。あの人が来てくれてこんなことがあったね、あんな話をしたね、こんな感想が届いたよなどなど、お互いそんな話ばかりが溢れてきて、あぁよかったなと心からホッとしました。 草々としては2回目の個展。 毎回そうなのですが、はじまる前までは人が来てくれるかドッキドキでした。畑中さんが

      • 草々オリジナルお茶パッケージ『ゆい』をつくりました。

        畑中篤さんの個展、後半へ向けてもうひとつの「おたのしみ」があるのでここで紹介します。 実は… 草々オリジナルのお茶パッケージをつくりました。 お茶は、奈良市田原地区のお茶農家、田原ナチュラルファームさんの『ゆい』。農薬・化学肥料を一切使用せずに、太陽の光をたっぷり浴びた茶葉を育てています。 ゆいは、草々オープン以来ずっっとお客さんにお茶を出し続けてきたあのお茶で、ついに本格的に販売をスタートすることになりました。今日はこの販売に至った経緯などをたっぷり語らせてください。

        • 明日からいよいよはじまります。「畑中篤 展」5/24(金)-6/2(日)@草々

          個展前日です。やばいです、私も畑中さんもすごくドキドキしています。 といいますか、だいぶドタバタでもはや緊張するどころではありません。 畑中さんはほぼ寝ずに作陶していますし、前日まで窯焚きするものだから、私も祈る気持ちで初日を迎えることになりそうです。 でもそれくらい個展って、直前まで粘るものなのだなぁと2回目にして実感しています。 今日、ディスプレイをしました。 畑中さんから届いたほやほやの作品たち、もうすんばらしいです。言うことありません。心配なのは、お客さんが殺到して

        • 固定された記事

        マガジン

        • 草々のこと
          109本

        記事

          畑中篤さんの個展まであと11日。当日開催するイベントのお知らせです。

          畑中篤さんの個展まで、2週間を切りました。ひゃー、早い早い。 毎日少しずつ畑中さんより作品が届いているのですが、それがもうね、どれもすんばらしくて気が引き締まる思い。作品に恥じないよう、私もことばと写真を尽くしてみなさんにお知らせしていきたいと思います。 畑中さん、最近会うたびに顔つきが変わってきているようです。 そりゃあもう…陶芸家さんはたいへんですよね。限られた時間でどれだけのものをつくれるか。追い込まれないわけがありません。 会うたびに私は「がんばれ」としかいえないの

          畑中篤さんの個展まであと11日。当日開催するイベントのお知らせです。

          ガラスとともに旅した1ヶ月。奈良での展示、原宿でのスナワチPOP-UPストアを終えて思ったこと。

          4/9に飛騨高山へ行ってから約1ヶ月。 こんなに濃くて濃くて濃ゆい1ヶ月は初めてだったので、備忘録もかねて書いておこうと思います。 先週、安土忠久さん・天平さんのガラス展が無事に終わりました。 期間中は連日たくさんの方に来ていただき、ほんとうにありがとうございました。「たのしみにしていました」という方ばかりで、みなさんのガラスを見る眼差しがキラキラしていて、グッとくるような光景が広がる毎日でした。 今回とくにお酒を飲む方がたくさん来てくれたのですが、 「グラスにロックアイ

          ガラスとともに旅した1ヶ月。奈良での展示、原宿でのスナワチPOP-UPストアを終えて思ったこと。

          5/24(金)-6/2(日)に陶芸家 畑中篤さんの個展を開催します& 初夏の茶会も開催します。

          もう4月も終わり…。早い早い! ゴールデンウィークが待ち遠しい今日この頃ですが、来月の草々はビッグイベントを控えているので早めにお知らせします。 5/24(金)〜6/2(日)「 畑中篤 展」を開催します。5/24(金)〜6/2(日)に奈良市内で作陶する陶芸家・畑中篤さんの個展を開催いたします。 草々としては昨年の砂田政美さんに続き、2回目の個展開催となります。 畑中篤 展 日程:5/24(金)〜6/2(日)11:00-18:00 住所:〒630-0101 奈良県生駒市高山

          5/24(金)-6/2(日)に陶芸家 畑中篤さんの個展を開催します& 初夏の茶会も開催します。

          【インタビューと工房探訪記】ガラス作家・安土忠久さんと天平さんが残す痕跡。

          ものからなにかを感じて人に会いたくなる、会いに行く。 そこからさらなる広がりを見つけて、好奇心がかき立てられて、もっともっと好きになる。人に伝えたくなる。 そんなことをあらためて感じたのが、今回の飛騨高山の旅だった。 会いに行ったのは、ガラス作家の安土忠久さん、息子の天平さん。 目的は「ガラスのうつわを仕入れること」だったのだけれど、やっぱりそれ以上に大きかったのはお二人と会って話せたことだった。 作品を選びながら、梱包をしながら、ご飯を食べながら、お茶を飲みながら、

          【インタビューと工房探訪記】ガラス作家・安土忠久さんと天平さんが残す痕跡。

          草々2周年と、4月企画のお知らせです。

          本日4月8日で草々は2周年を迎えました。 これもひとえに、みなさまのおかげでございます。ほんとうにどうもありがとうございます。ありがとうございますありがとうございますといいながら街頭演説でもしたい気分です。 2年やってきても、大事にしてきたいことは全く変わっていません。 長く残る、いいうつわを届けること。ものだけではなく、人との出会いも届けること。この2年、色々な人に出会う中でその気持ちはさらに強くなったように思います。 正直、もうダメだー!と思うことは日々たくさんあり

          草々2周年と、4月企画のお知らせです。

          第3回「うつわを愛でる会」は、やっぱり好きが広がるイベントだった。

          第3回目の「うつわを愛でる会」無事に終わりました。 今回もはじめから終わりまでたのしくって、終わってからもしばらくみんなでお喋りが続くほどでした。 参加してくれたのはこの4名。 左から齋藤さん、藤本さん、いぬつかさん、山本さん。 なんとみなさん、京都、兵庫、大阪、熊本と県外から集まってくれて驚き。貴重な祝日の午前中に、わざわざお越しくださりほんとうにありがとうございました。 最初は、恒例の自己紹介からスタート。 お茶を飲みながらそれぞれの話をしてほどよく打ち解けたとこ

          第3回「うつわを愛でる会」は、やっぱり好きが広がるイベントだった。

          【工房探訪記】高野山で見た森岡成好さん、由利子さんの焼き物屋としての生き方。

          和歌山県の北東部、高野山の麓で暮らし、作陶する陶芸家さんがいる。 森岡成好さん、由利子さん。 成好さんは陶芸キャリア50年。 陶器、とりわけ「南蛮焼締め」という釉薬をかけずに高温で焼成する作品をつくり続けている。 森岡由利子さんはキャリア40年。 白磁の作品をつくっている。 私はお二人のうつわに出会ってから、不思議な感覚で満たされるようになった。 使っているうちに、感性が研ぎすまされていくような、 慈しみの気持ちが育てられていくような感覚。 さらに、お二人がどんな想

          【工房探訪記】高野山で見た森岡成好さん、由利子さんの焼き物屋としての生き方。

          3/20(水・祝)に第3回「うつわを愛でる会」を開催します!

          毎年、草々ではあたたかくなると必ずやっているイベントがあります。 おやつを食べたりお茶を飲みながら、好きなうつわを持ち寄って語らう… そうです、あれのことです。あれ。今年もやっちゃいます。 第3回「うつわを愛でる会」を開催します!日にちは3月20日(水・祝)10時〜12時、場所は草々で開催します。 持ち物はお気に入りのうつわと、好きなおやつ。うつわは草々で購入したものじゃなくてもOKです。当日はお互いの「好き」を見せ合いながら、ただただお喋りする会です。 実は、昨年草々が

          3/20(水・祝)に第3回「うつわを愛でる会」を開催します!

          【お店雑記】もの選びの基準と対話。

          どうやって陶芸家さんやうつわを選んでいるのですか? と聞かれることがある。 そのたびに、あぁ…こればっかりは、直感です!などとかっこよく言いたいんだけど… じつは、私には「影のアドバイザー」がいる。 元うつわ屋店主の鎌野さんだ。鎌野さんには、私が奈良に移住してきたときから、あらゆることで相談しまくっている。 「あなた、これはセンス悪いわよ」 「私はこれ好きじゃないわ」 などとはっきりバッサリスッパリ切ってくれるのがありがたくて。 悩んだときはたいていラインや電話で相

          【お店雑記】もの選びの基準と対話。

          【インタビュー】土器から学んだ「いのり」の心ー陶芸家・畑中篤さんが作品に込める想いとは。

          私が畑中篤さんのうつわにはじめて出会ったのは、2020年の冬。 場所は奈良県のとあるギャラリーだった。 パッと見たとき、それはそれはうつくしい佇まいのうつわたちが並んでいるなぁと思った。触れるとさらにつくり込まれた世界観が伝わってくる。こわいくらいに、という表現がはたして適切かどうかわからないけれど、ほんとうにこわさを感じるほどだったのだ。 陶芸家の畑中篤さんは、とても柔らかな雰囲気をまとった人だった。 技術的なことやできあがりの過程を細かく説明してくれる。まるで、話しな

          【インタビュー】土器から学んだ「いのり」の心ー陶芸家・畑中篤さんが作品に込める想いとは。

          2024年の草々は...

          この前お正月だったのにもう1月も終わり…。早い早い。そして、寒い寒い。 今年はお店にストーブを導入したのですが、この子がね、ほんと優秀なんですよ。あたためたり、お湯を沸かすだけじゃなくてたくさんたのしませてくれています。 焼き芋をつくったり、 お汁粉をつくったり(ちなみにあんこは自家製)、 そうそう、年始には甘酒もつくってふるまいました。 今週もどこかでふるまう予定です。 ちなみに自宅のストーブも大活躍しています。 こんなにも使い倒して。 きっとストーブも色んなも

          【お店雑記】 「また来ます」が現実になったとき。

          私はもう1年半以上お店をやっているというのに、いまだに人が来るとびっくりする。ここまでよく来てくれました、という新鮮な気持ちがいまだにあるのだろう。 先日も、男性がひとりで来てくれてびっくりした。 掃除をしていたら「入っていいですか?」と聞かれて、「あ、はい。もちろんです」と焦り気味でいったら男性は低姿勢でお店に入ってきた。 あれれ、なんだかお見かけしたことあるような気がするぞ? でも間違っていたらだいぶ失礼だよな、と思いながらおそるおそる 「あれ?もしかして…はじめて

          【お店雑記】 「また来ます」が現実になったとき。