【『ジジイの片づけ』を実践する①】 「朝の10分間片づけ」

沢野ひとしさんの本『ジジイの片づけ』をお読みになった方々から、「さっそく“朝の10分間片づけ”を始めました!」という声を多くいただきます。
「朝の10分間片づけ」は本書に書かれている、沢野さんが毎朝行う習慣です。
これは誰にでもすぐ、簡単に始められる片づけで、朝起きたら10分間片づけをする、それを毎日続けるというもの。
片づける場所やものは何でも構いません。
朝が難しければ夜でもいい、と沢野さんは

もっとみる

【読書感想】2.43清陰高校男子バレー部

【読書の秋2020】課題図書ではないけれど読書感想文を書いてみた。

「2.43清陰高校男子バレー部」

息子が通う中学では毎朝「読書タイム」を設けている。とても有難いことだが、すぐに新しい本が欲しいとねだられる。すべて本人に選ばせるとジャンルが偏るので私が選ぶことも多々ある。
何が良いかと探していた時に1冊の本の帯が目に入った。
「2021年TVアニメ化」
これは興味持ってくれるのではと思い手に

もっとみる

【「地下芸人」とはどのような存在なのか?】おぎぬまX先生インタビュー

おぎぬまX『地下芸人』の発売を記念して著者インタビューを公開します。

おぎぬまさんのジャンプ小説新人賞受賞記念インタビューはこちらから。

――そもそも「地下芸人」とはどういう存在なのでしょうか。
TV出演やブレイクとは無縁で、世間的には全く知られておらず、芸人界のピラミッドの底辺にいるようなイメージです。
かといって蔑称という意識で使用しているわけでもなく、地下芸人の中には、世間的には無名であ

もっとみる
ありがとうございます!今後もよろしくお願いします!
14

【忠臣蔵映画を読み尽くす!】谷川建司『戦後「忠臣蔵」映画の全貌』

12月14日は、赤穂浪士の討ち入りの日として知られています。
その前後から年末年始にかけて、「忠臣蔵」「赤穂浪士」の話題を耳にすることが増えるものです。
この記事を書いている現在は10月下旬。忠臣蔵にはまだ気が早いのでは……という頃ですが、さにあらず。忠臣蔵の物語をたどっていくと、本伝、外伝、前日談、後日談と果てしない広がりがあり、もののひと月やふた月ではとても把握しきれません。
もはや「師走に赤

もっとみる

竈門炭治郎は半神化し、神話性を帯びた令和漫画のマスターピース『鬼滅の刃』

3つの「英雄・ヒーロー」の意味

「英雄」という言葉があります。”才覚や膂力(りょりょく)でもって崇められるような男性”といった意味で、「豪傑」と換言することもできます。歴史上の人物で言うなら、フランスのナポレオン・ボナパルトや古代ギリシャのアレクサンドロス大王、日本ではみんな大好き織田信長、豊臣秀吉、徳川家康などでしょうか。

そして英雄は、英語では「ヒーロー(hero)」です。大人気漫画『僕の

もっとみる
ありがとうございます!漫画はもう買いましたか?
19

男性にもおススメの集英社オレンジ文庫の小説5選

老舗少女小説レーベル「コバルト文庫」の後続レーベル「集英社オレンジ文庫」。

女性が読むレーベルだという印象が非常に強いオレンジ文庫ですが、中には男性が読んでも楽しめる小説もあります。男性にも是非オレンジ文庫を読んで欲しい!という事で幾つかPUさせて貰いました。

興味を惹かれる小説がありましたら、文庫でも電子書籍でも構いませんので是非読んでみてください!

-------------------

もっとみる

漫画で苦手な人続出の”アノ”シーンに見る、アニメ『呪術廻戦』の読者獲得戦略

週刊少年ジャンプで好評連載中の『呪術廻戦』のテレビアニメの放送がスタートしました。

テレビアニメの第1話をご覧になった方は、既にそのクオリティの高さに驚かれたことと思いますが、今回はそのテレビアニメ第1話の演出と漫画原作の違いを解説することによって、本作の魅力を紹介したいと思います。

『呪術廻戦』という作品は週刊少年ジャンプで連載している少年漫画です。が、やや王道とはかけはなれた部分があるのが

もっとみる
好きの気持ちが僕たちを強くさせます(ありがとうございます)。
55

香りの本棚*『鎌倉香房メモリーズ』1〜5

タイトル:鎌倉香房メモリーズ1〜5
著者:阿部 暁子
出版社:集英社

鎌倉が舞台で、お店をやっていて、祖母と孫娘と…というと、代筆屋さんの話(『ツバキ文具店』)となんか似ている気も…と最初は思いましたが、一気に5巻を読んでしまいました。

人の心の動きを香りとして感じる力を持つ香乃と香りのお店を営む祖母の三春、お店のアルバイト、雪弥くんを軸に物語が展開していきます。

普通の人

もっとみる

鬼滅の刃発行部数1億円で作者印税は44億円以上に!吾峠呼世晴は女性!

吾峠呼世晴のマンガ鬼滅の刃22巻が初版370万部を発行されました。

 1巻から22巻までのコミックス累計発行部数が、電子版を含めて1億部を突破しました。

作者の印税が10パーセントと言われています。

単行本440円×1億×10% =44億円

鬼滅の刃の作者の吾峠呼世晴は、44億円以上の印税を得ることになります。

これから最終巻23巻の発売や劇場版のヒットによりさらに発行部数を伸ばすのでな

もっとみる

【試し読み】劇場版 鬼滅の刃 無限列車編 ノベライズ

昨日10月16日に『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編 ノベライズ』が発売いたしました!!
発売を記念して、本編冒頭の試し読みを公開させていただきます。

あらすじ

蝶屋敷での修業を終えた炭治郎たちは、次なる任務の地、《無限列車》に到着する。そこでは、短期間のうちに四十人以上もの人が行方不明になっているという。一行は、鬼殺隊最強の剣士である《柱》のひとり、炎柱の煉獄杏寿郎と合流し、闇を往く《無限列車》

もっとみる
何よりの励みになります!ありがとうございます!
26