【Shuntaro’s kitchen】白子と舞茸の天ぷら

鱈の白子がシーズンなので、天ぷらにしました。あわせて、舞茸も揚げてます。塩をふって食べると、外はサクサク、中はトロリで美味しいです。やはり日本酒ですかね。

【白子と舞茸の天ぷらの作りかた】
材料(4人前)
白子 1パック(ボウルに入れ、塩ひとつまみふり、水を入れて洗う。一口大にハサミで切る)
舞茸 1パック(一口大にさく)
⭐️天ぷら粉 100g
⭐️水 140g
⭐️氷 3個
サラダオイル 適

もっとみる
ありがとうございます!宜しければ、フォローお願いします!
5

【Shuntaro’s kitchen】大根おろしとほうれん草の中華スープ

大根おろしとほうれん草を入れただけの簡単スープですが、とっても温まります。風邪予防にも良さそうです。今回は中華風にしましたが、白だしで和風にしてもいいと思います。

【大根おろしとほうれん草の中華スープの作りかた】
材料(4人前)
大根 1/3本(皮を剥いて、すり下ろす)
ほうれん草 1/2袋(5cm幅に切る)
水 600cc
創味シャンタン 大さじ2

1.鍋に水、創味シャンタンを入れ、中火で一

もっとみる
ありがとうございます!宜しければ、フォローお願いします!
4

料理教室ではなく、たべもの教室なのです。

今月は、具合が悪いけれども、どうしても参加したいという生徒さんに、見学でご受講いただきました。2年ほど通われ、たなかれいこのレクチャーを聞いてきた結果、調味料など口にするものや体の不調に対する考え方がずいぶん変化しているとお気づきのようです。体が弱く、薬が身近にある環境だったということもあり、当たり前のように薬を服用されていたようですが、今回の不調は薬に頼らず治り、本当に清々しく嬉しいと、その後ご

もっとみる

こく旨!かぼちゃとひき肉のカレー

カレーの具材と言えば!
じゃがいも、にんじん、たまねぎを思い浮かべますが、
入れるお野菜を変えると定番のおうちカレーがごちそうに。
フライパンでささっと作れる手軽さも嬉しいカレーレシピ。

基本スパイスのクミンも使うとさらに本格的な味わいに☆

●材料●
かぼちゃ 300g
合いびき肉 200g
玉葱 1個
トマト缶 1缶(400g)
水 100cc
にんにく 1片
生姜 1片(10g)
ヨーグル

もっとみる

ちっちゃいおっさんと「芽キャベツのアンチョビクリーム煮」

芽キャベツを見たことはあると思いますが、「芽キャベツ畑」を見たことはありますか?

きっと、キャベツ畑のちっちゃい版みたく、小さな畑の上に小さなキャベツがコロコロと並んでたら可愛いだろうな。そしてちっちゃいおっさんが、収穫してたら可愛いだろうな。

…と妄想してしまう今日この頃。
「芽キャベツのアンチョビクリーム煮」を作ってみました。
(Instagram投稿風)

今回の食材は「芽キャベツ」

もっとみる
嬉しいです!
41

【Shuntaro’s kitchen】きりざい

先日新潟にスキーに行った時に、ホテルの朝食に出てきた「きりざい」。野沢菜や大根など細かく切った野菜に納豆が加えられていて、ご飯にかけて食べると最高でした!今回、自宅で再現してみました。野菜も沢山取れて、かつネバネバが最高に美味しいです!

【きりざいの作りかた】
材料(4人前)
きゅうり 2本(5mm角の賽の目に切る)
人参 1本(2mm角の賽の目に切る)
大根 5cm(2mm角の賽の目に切る)

もっとみる
スキありがとうございます!励みになります!
5

5品で30分!化学実験から学んだ時短で自炊を行うコツを伝授するゾ

コンバンワ。yuです。

理系学生の方は感じたことも多かったと思いますが、料理と化学実験って似ているなーと感じてました。

昔、研究員者をやっていた時、実験作業がものすごく長くかかることが多々ありました。

一回の実験に少なくとも3〜5時間、長くて8時間を超えることも多くあり、なかなか時間を拘束される仕事になります。

実験だけでは無く、分析、データ処理、ドキュメント作成等の作業があるので、1日で

もっとみる

【Shuntaro’s kitchen】舞茸とほうれん草と卵の和風炒め

舞茸を使ったパパッとできる一品です。ほうれん草と卵を加えて、ボリュームアップ。麺つゆで味付けしているので、ご飯に合います。

【舞茸とほうれん草と卵の和風炒めの作りかた】
材料(4人前)
舞茸 1パック(適当な大きさにさく)
ほうれん草 1/2袋(5cmくらいに切る)
卵 2個(溶いておく)
サラダオイル 大さじ1
麺つゆ3倍濃縮 大さじ1 1/2
胡椒 少々

1.フライパンにサラダオイルを入れ

もっとみる
スキありがとうございます!励みになります!
7

続・スイスチャードについてのノート

自分は料理人、そして栽培の経験もありますが、もう樋口さんがまとめた記事の方がとてもわかりやすいので紹介させてください。

以前書いた記事も見ていってください。

プランターで充分に栽培することが出来ます。

ただこの寒い時期に始める場合、ビニールで防寒するか、日当たりの良い窓辺で育てることをお勧めします。

個人的には鍋料理に加えてクタクタに煮たものも好きですよ。

もっとみる
おおきにです!野菜たっぷりの料理と南仏のロゼワインが気分ですね!
3