(12) 新副知事と 、 これからと 、 鶯パンと

翌朝、鮎と都内某所までタクシーで向かっていた。爆睡していた。車が揺れようが、首都高の強引極まりないカーブを曲がろうが、一度も目を覚まさなかった。前夜、ほとんど寝ていなかったので。

「着いたわよ」

時計を見ると、1時間程眠れた。スッキリした。辛かった乗車時よりも、随分楽になった。

「家を出た時に比べれば、気分が良さそうね」

「おかげさまで・・」

「男って大変ね・・って言っても、あなたの事だ

もっとみる
ご一読、有り難うございました。

G7に韓国呼べ!とカンギョンファがドイツへ、ダムは日本製だから台風被害の賠償を請求?与野党議員がヤクザ紛いの舌戦、と韓国の狂いっぷりがすご過ぎw

もう滅茶苦茶だ。韓国は間違いなく狂っている。
スキャンダルに加え、台風による増水で支持率低下が深刻になると見られる中、焦っていることが背景にあるのだろう。
だが、それを挽回しようと躍起になり、問題解決がおざなりになる愚行を韓国政府は連発している。
まずは、このところ影の薄かったカンギョンファBBAが、ドイツへ行くという。
その理由が、G7への韓国参加OKを説得する為だという。
マネートゥディの記事

もっとみる
スキありがとうございます!励みになります!
10

習近平がゾンビ中国経済にトドメを刺す時 [ 石平 ]

習近平がゾンビ中国経済にトドメを刺す時 [ 石平 ] 1,430円 

シナ共産党のアンデッドの悪玉をとどめを刺す政策。 この様な大悪党を世界から亡き者にする為には何が必要なのか? これにより石平先生が語る。

買いたい方はここへクリック・☟

https://yf-55.blogspot.com/2020/08/blog-post_9.html

中国はどこまで世界を壊すか  [ 石平 ]

中国はどこまで世界を壊すか [ 石平 ] 1,650円  楽天 

日本とアジアを初めとして世界侵略を企むシナ共産党。 この真実を見ようとしない日本政府の現実。 在日野党・在日マスゴミの支持母体はシナ共産党。 日本のニュースでは報道されない現実の中でシナ共産党の野望を以下にして叩きのめすのか? 石平先生が真実を語る。

この本を買いたい方はここへクリック・☟

https://hb.afl.rak

もっとみる
धन्यवाद
2

桜井誠先生が語る。 文春砲が桜井誠先生に向けてヘイト発言。 在日マスゴミが以下にして信用できないか。

桜井誠先生が語る。 文春砲が桜井誠先生に向けてヘイト発言。 在日マスゴミが以下にして信用できないか。

桜井誠先生に向けて表初する在日マスゴミと文春砲。
前回の東京都知事選挙ではいない扱いにされ時には誹謗中傷の記事を書く。
以下にしていい加減なのか。
まさしく世界平和など望んでいない在日マスゴミ。
最大の支持母体がシナ共産党。
シナ共産党自身も桜井誠先生の存在を無視できない。
桜井誠先生の戦いは今
もっとみる

青山繁晴の怒りの発言。 共産党党大会2017で明らかになるマルクス主義の野望。

青山繁晴の怒りの発言。 共産党党大会2017で明らかになるマルクス主義の野望。

今年の15日に共産党党大会2017が開かれた。
今までと違い野党3党民進党を含め社民党と同時に参加。
今年の修議員解散選挙で与党妥当をスローガンを行った。
真の目的は安部政権の妥当と天皇陛下の妥当。
そして最後には日本を中国共産党を受け入れる目的である。
このような野望政権を阻止するべく日本を共産党主義からまもらなけ
もっとみる

リアリティと最適性

フェイスブックにこう書いた。〜「正しさ」よりも「最適」、「真実」よりも「現実性」を求めてみたら、今よりも対立しなくなるんじゃないかな、単に言葉を変えただけではダメだけど。概念としては、正しさと真実の前に(その人にとっての)をつけてみる感じ〜自分としてはシンプルなことを言ったつもりだけれど、意味がわからないというコメントをいただいたので、もう少し丁寧に考察、表現してみる。

「豊かさ」が阻む個の連帯

もっとみる
ありがとうございます。励みになります!
4

今週のトピックス 20年7月19日~26日

今週はトピックスというより、成仏できなかった(アップできなかった)内容をまとめました。①~⑥は思ったことなど書きました。⑦~⑮までは時間の都合でザザッと所感だけです。だいぶ項目が多くなってしまったので、先にリストを作成しました。興味あるところからどうぞ。

①藤森かよこさん:ツイッター:「安楽死を望む旨を登録」
②田中竜馬さん:ツイッター:「医療現場の混乱は少なくなりそう」
③REUTERS:仏、

もっとみる
(^∇^)ノ♪
6

1944年に米国OSS(戦略諜報局=CIAの前身)が作成した「内部かく乱マニュアル」

下の抄訳は、自国が敵国に占領された場合や被占領地におけるレジスタンス活動を想定したマニュアル(Simple Sabotage Field Manual)の一部です。

(CIAの公式ホームページ内にpdfで原本が公開されている)

ここに書かれていることが、いわゆる「正論」で、その「正論」を押し通すことが、組織において「内部かく乱」を引き起こすところが皮肉で興味深い。これ、国会で野党がやっているこ

もっとみる
ありがとうございます!感謝感激!
2