CraftDataという会社を立ち上げます!

CraftDataのコンテンツ、代表のFuneoについてまとめたページです。

ヒストリカルデータやデータカスタマイズなど個別のご連絡については、twitterのDMよりお問い合わせください。

CraftDataとは?

CraftDataは「データが使えるコンテンツ」を掲げています。

「2019年のIPO社数は86社」
「国内上場企業の平均ROEが8%越え」
「マネーフォワードのARRが59

もっとみる

#26 財務諸表の読み方

~数字は嘘をつかない?けれど,嘘をつこうとする人もいる~

こんな笑い話があります。コンサルタントと経営者との会話。
コンサルタント:おたくの経営状態は,安全性でいえば○○率は○%となんとか資金繰りは問題ない状態ですが,効率性については○○率が○○なのでやや在庫過多ですな。それよりも問題なのは収益性,○○率が業界平均に較べてかなり低い状態ですな,このままでは将来的に設備投資のためのキャッシュが足り

もっとみる
嬉しいです,ありがとうございます(=゚ω゚)ノ
12

ランダム企業分析-part1

会社四季報を目をつぶりながらテキトウに開いて指を指し、選ばれし企業を分析していくコーナーです。

まったくもって訳の分からない企画ですが、定期的に続けていこうと思います。

今回は、その記念すべきPart1です。

今回の企業

早速ですが、本日選ばれた企業は、、、、
「テンポイノベーション」です!!

正直、聞いたこともないような企業ですが、
名前が横文字でカッコイイ。

なんとなく、働い

もっとみる

メルカリ概要論 第2講 〜メルカリポイントでウハウハ?!〜

こんにちは。
ステキなイベントの写真をもっと紹介したいのですが、2講目はピリリと金勘定の話題を。

メルカリお友達ご招待で300ポイント。
メルペイ登録で1,000ポイント。
いま、付与されます。プラットフォームの利用者の裾野を広げる単純な施策ですが利用者はウハウハなんでしょうか?!

利用者はウハウハです。
が、株主はウハウハじゃありませんねえ。

東証マザーズに上場しているので、発行株にはそれ

もっとみる
泣いて喜んじゃいます!ありがとう(^^)
6

【財務諸表分析(第七版)】メモ&感想

【財務諸表分析(第七版)】

▼ポイント&まとめ(※個人的なoutputメモと感想です)
①本書は一部(財務諸表の見方)・二部(分析手法)・三部(投資意思決定への応用)から成る三部構成
②内容は主に財務諸表の見方とその応用に重点を置いている
③これから金融業界へ就職する方や一般事業会社の経理や財務に携わろうとしている方におすすめ
④既に上記環境に身を置いている方かつプレイヤー層はリファレンス目的で

もっとみる

【最後まで無料】英語で決算書を読んでみよう ドロップボックス編

はじめに

決算書ってなんかとっつきにくい、難しそうという苦手意識を持っている方は多いと思います。

その上、英語で決算書を読むなんて無理!と感じてしまうのもしょうがないと思います。

ですが、英語で決算書を読むのは思うほど難しいことではありません。

決算書に出てくる会計用語は決まったものが多いので、一度覚えてしまえば比較的応用が効きます。

現代のビジネスパーソンに求められる3大スキルは英語、

もっとみる

【入門】企業決算をスラスラと読む7つの方法 - 決算説明会資料・決算短信の読み方 -

ZAIMの教室 財務諸表専門の学校 のこすぴーです(@zaim_academy)

みなさんは、企業の決算資料を読んだことがありますか?

上記は、カルビーの決算資料のひとつです。

こういう資料をスラスラと読んで

ビジネスや経営のヒントに活かせたら、カッコイイと思いませんか?

ということで、今回は、『企業決算をスラスラと読む方法』について、記事を書いていきたいと思います!

・財務諸表/決算

もっとみる

株主総会とは?初めて参加するなら知っておきたい7つのポイント!!【株主総会の入門書】

[最終更新日]2019年11月12日

『ZAIMの教室 財務諸表専門の学校』のこすぴーです。

今回は、6月になると株主総会のシーズンになるということで、「初めて参加するなら知っておきたい7つのポイント」を教えていきますね。

・初めて株主総会に参加するから、ルールを知っておきたい 

・参加したことあるけど、いまいち総会の役割を知らない

こういう方へ向けて発信していきたいと思います。

事前

もっとみる

【会計制度】監査上の主要な検討事項(KAM)とは?

有価証券報告書には、必ず独立監査人(公認会計士や監査法人)の監査報告書が添付されていますが、今後この監査報告書に「監査上の主要な検討事項」が記載されることになりました。
 
1. 「監査上の主要な検討事項」が導入される背景
財務諸表の監査は、財務諸表の信頼性を担保し、適切な企業内容の開示を確保するという点において、資本市場において非常に重要な役割を果たしています。

その一方で、不正会計の事案等が

もっとみる
うれしーーぃ!!(とり君)
4

そもそも会計の意味とは?

むかちんのなんとな~く学べる会計ノート

記念すべき第1回目は

会計の意味について

お伝えしたいと思います。

一般的な会計のイメージといえば

お金の計算

でしょうか。

もちろんこれも会計です。



会計をかっこよくいうと
こうなります。

経済活動を
貨幣を単位として
記録や計算や統括をして
報告をすること

を会計といいます。

ちょっとかっこつけすぎましたかね。

要するにこう

もっとみる