塩田泰伸

トレインド・ディマティーニメソッド・ファシリテイタ―|バリューファクター・ファシリテイター|1980年生まれ|3児のパパ|趣味は家メンテ&クルマいじり

塩田泰伸

トレインド・ディマティーニメソッド・ファシリテイタ―|バリューファクター・ファシリテイター|1980年生まれ|3児のパパ|趣味は家メンテ&クルマいじり

    最近の記事

    バランスとれると

    宇宙はバランスで出来ている。 というフレーズを 最近よく見かけるようになりました。 バランス。 プラスとマイナス、 良いと悪いといった 相反するものが 互いに同質同量ある状態。 感情にも 同じようなことが言えます。 もし 感情のバランスがとれたとしたら、 単純に プラスマイナスゼロになったとか、 どちらでも良いとか、 そういうものではなくて それなら自分はどうしたいか? が明確になるのです。 なぜなら 人はバランス取れている時に 一番自分らしい氣持ちや

    スキ
    1
      • 人は学ぶことが好きなんだと思う

        おはようございます。 東京は久しぶりの雨模様です。 長らくカンカン照りでしたので 本当に恵みの雨といった印象です。 ちょっと蒸し暑いですが 久しぶりに瑞々しい景色です。 さて、 7月に入って新たな学びを始めました。 私の最高価値に 物事の本質(ありのまま)を学ぶというのが ありますが、 まさにそれに通じるものです。 ただ、これまで違うのは 身近なものと本質を結びつけること をテーマに置いています。 これまでは ひたすら内面的な世界に フォーカスを置いていたの

        スキ
        3
        • 情報を活かしていく

          今日はnote連投です。。 日頃から スマホやタブレットなどから あらゆる情報に触れることができます。 その情報のほとんどが 過去に閲覧した情報を元に導かれたもの。 その選択した情報は これまで答え合わせを深めるもので、 極論言えば 過去の焼き増しの可能性が高く 情報の新しさはあるようで無い。。 ですので、 焼き増しにならない 新しい情報を掴みにいくのも大事です。 例えば 気になることがあれば 積極的に検索すること。 自動的に閲覧させられる情報に 反応するだけ

          スキ
          2
          • リアルなコミニケーション

            久しぶりにnoteです。 この数週間、 いろんな方と リアルにお会いしております。 週の半分くらい会食して 旧友と話し込んだり 最近交流あった方と初対面したり、 地元のクリエィターの方々と ブレストしたりして、、 思いもよらない ご縁をいただいたり 盲点や気づきを得たりしています。 少なくともこの2年間は リモートという ある意味バーチャルコミュニケーションに 慣れきってしまっていたので リアルコミニケーションは新鮮です。 そんなリアルコミニケーションを通じて

            スキ
            2
            • 人は学ぶことが好きなんだと思う

              スキ
              3
              1か月前
              • 情報を活かしていく

                スキ
                2
                1か月前
                • リアルなコミニケーション

                  スキ
                  2
                  1か月前
                  • 情報は、全ての真実を語っているものではない。。 情報をどう捉えるか?色々照らしわせてみたり、自分なりに分析してみて情報と向き合うのが賢明。新聞1つにとっても、何紙も同時に読んでみるとよい。動画もあれば、実際の状況が見て取れるかもしれない。情報過多の時代、情報との向き合い方が大事。

                    スキ
                    2
                    • 日本人の特徴

                      ようやくマスクを外すことを 方々で推奨し始めているようですが、 周りを見渡しても 99.99%マスクをしているのが現状のようですね。 マスクする/しないは 個人の判断ですので そのこと自体に 良い悪いはそもそもないのですが 客観的にみても、 日本人は マスクをしっかりしており みんなに合わせることに 長けている民族だと氣づかさせられます。 そんな中 日本人の民族としての特徴について 興味深い話を伺ったのでシェアしたいと思います。 1つ目は、 日本人は稲作文化

                      スキ
                      2
                      • 先週から寝ても寝足りないくらい睡魔が続いている。。力が抜けまくり。こんな日もたまには良いよね。週末 #河口湖 のアジト(zing)で友人らとBBQして楽しんだ。雨が降ってもタープと焚き火は楽しめるもんだ!翌日は子供たちが作ったてるてる坊主で快晴に!

                        スキ
                        2
                        • 呼吸に意識を向ける

                          合氣道の先生から その基礎となる呼吸について 学びを得ています。   当たり前で 当たり前すぎる呼吸ですが とっても大事な エッセンスが詰まっています。   その大意は、 呼吸に意識が向けられてくると   「今この瞬間」   に向き合えるようになる。 そういうこと なんだと実感しています。     ゆっくり深呼吸をして   風船玉の中心に 自分がいるようなイメージを持つ。   すると 不思議と一体感が味わえます。     まさに「今この瞬間」     今この瞬間にいる

                          スキ
                          4
                          • 無意識でやってるからと言って、 なんでも最適というわけではない。 今までの反復動作が、 #潜在意識 に刷り込まれているので、 反復動作の精度が低ければ、 そのままその動作が無意識化される。 #合氣道

                            スキ
                            4
                            • 呼吸に意識を向けてみる

                              人は 当たり前なことは いつだって無意識的に行なっている。 例えば、 喉が乾いたので カップに入ったお水を徐に飲む。 コップを持つその瞬間から 肌触り、 質感、 重さ、 五感で感じてみる。 そして ゆっくり口元に持ってきて 口に水を含ませる。 飲みこんで 五臓六腑に広がる感覚を 感じてみる。 そんなふうにして 五感がさえて いろんな感覚を感じることが できることでしょう。 同じコップの水でも 無意識で飲む水と 瞬間瞬間味わう水とでは  まるで違うの

                              スキ
                              2
                              • 意見がバラバラになった時

                                職場の会議などで 議論する際に たとえ 精鋭メンバーが集結しても、 文殊の知恵どころか 話がまとまらなくて かえって混乱してしまうことがあります。 なぜなら 人は自分の価値観に沿って話をしてしまう 傾向にあるからです。 価値観は いわば色眼鏡のようなもので 個々人の色眼鏡がバイアスとなり、 思い思いに話し始めてしまうんですね。 そうなると、 建設的な議論になかなか発展できません。 こんな時に役立つのが 水平思考です。 みんなが 同じ目線に沿って議論をし アイデ

                                スキ
                                3
                                • 心残りは持ち越さない

                                  過去の心残りは 時間が解決してくれるものでもない。 今すぐ解決したい場合は ノートとペンを用意すること。 なんじゃそりゃーと 思われるかもしれませんが かなり有効です。 自分にとって 「こうだったらよかった」 という罪悪感の原因になっている 行動を書き出すとよいのです。 行動とは 〇〇したこと、〇〇しなかったことです。 いつまでも 過去の出来事を 心に抱えたままだと モヤモヤを引きずったままです。 まずは 紙に書き出すこと。 それだけでも 意外と自分を客観視でき

                                  スキ
                                  2
                                  • 漢字と意味

                                    漢字には 面白いもので新旧でスタイルが異なる場合があります。 私は「氣」という文字(言葉)が好きなのですが 氣という漢字は旧スタイル。 現在は「気」というスタイルを使うのが主流ですね。 旧文字と新文字をよくみると 气(きがまえ)に「米」か「〆」がミックスされています。 米:八方へ広がる 〆:文字通り〆る 真意を紐解くと 意味合いも変わってきそうですね。 氣(気)とはエネルギーという意味でもありますから ・八方へ広がるというエネルギー(旧) ・内側へ〆てしまうエ

                                    スキ
                                    1
                                    • 感情と呼吸の関係

                                      最近、 合氣道や漢方の先生から 呼吸のお話をしていただいたので 簡単にシェアをしたいと思います。 題して、 呼吸は感情(気持ち)と 密接に関係するということ。 人は 感情にむらがあると 呼吸が浅くなりがちです。 例えば、 過去の嫌な思いや 未来への不安を抱えているとき。 「今ここ」 という中心点にいないため 気持ちが重たくなり  呼吸が浅くなります。 そこで 「今ここ」を 意識するために 深呼吸が役立ちます。 深呼吸するポイントは ①鼻からゆっくり履いて  

                                      スキ
                                      3
                                      • 未来への願望

                                        自分の望み通りのものを手に入れたい! 誰しもそう考えていると思います。 はい、私もそう思っています。 人は 願望を持つことで 未来への活力を見出していると思いますし、 願望が実現できるものだと信じ、 思い込んでいるんではないでしょうか? 願望が実現するプロセスが 願望し→実現する というものだとすれば 今願望していることは 未来に実現すること。 人は 未来のことをよく考えています。 しかし。。 未来のことばかりを考えていることで 見落としがちなのが 過去

                                        スキ
                                        1
                                        • 聞いてから話す

                                          先日「教育」をテーマにした 座談会に出席させていただきました。 3人の子供を持つ身としては 「教育」は家族の関心ごとの1つになっています。 登壇された方のお話を伺い たくさんの気づきを得ることができました。 詳しいお話は 長くなってしまいますので 割愛しますが とっても印象深ったのが 子供たちの声に 耳を傾けて(聞いてから)会話する コミュニケーションのあり方でした。 私自身(妻もそうですが) 子供たちに あれしない、これしない! と ついつい押し付けてしまっ

                                          スキ
                                          10