「脱・怠惰生活」始めます

はじめまして。あちです。

私は現在、大学2年生で、主に会計を学んでいます。

初投稿ということで今回は、noteを始めるに至った理由、これからどんなことを発信したいかなどを話していきたいと思います!

1. 怠惰な自分を変えたい

これがnoteを始める1番の理由です。

突然ですが、私は現在、簿記の勉強をしています。

というのも、大学で簿記の講義を受けて興味を持ったことがきっかけで、約1年前

もっとみる

中小企業に月次の試算表は必要か

月次の試算表とは?

月次とは、月ごとにということです。
試算表とは、売上や売上原価、その他各種経費などを勘定科目ごとに集計したもので、売上から経費を引いた利益も計算されます。
つまり月次の試算表とは、月単位の試算表のことを指します。

月次の試算表は必要か?

全く必要ないものではありませんが、重要度は低いです。

重要度が低いと言い切ってしまうのには、大きく次の3点の理由があります。

① 月

もっとみる
スキありがとうございます!!
3

【心理的安全性編10:”代打、俺”はダメ。~チームの日常業務もする「プレイングマネジャー」になってはならない~】

本マガジンは心理的安全性について対話形式で解説していきます。これまでの投稿は上記に入れてあります。
 このものがたりは先輩で新規事業部長の健と若くして製造課長となった正輝が登場します。ある日、リモート会議で、健と正輝が久々にあいます。正輝はどうやら課長としてのマネジメントに悩みを持っているようで、健に相談を始めリモートで定期的に対話していくことになりました。健の指導で心理的安全性について学びながら

もっとみる
スキありがとうございます!
31

“会計的に”考える(5/5)-暗黙知を形式知に変える-

過去3回の記事で“会計的に”考える3つの視点について説明させていただきましたが、いかがでしょうか。
イメージ出来てきた方、まだイメージ出来ていない方、それぞれいらっしゃると思います。
最終回となる今回の記事では、前者の方にとってはどのように“会計的に”考える力を身につけるか、後者の方にとってはもう少しイメージを膨らませていただくためにどのようなことが必要か、という観点で書いてみます。

◎第1回:

もっとみる

バランスシート(貸借対照表)の「バランス」の本当の意味知ってますか?

借り方と貸し方の総和がイコール、つまりバランスしているから

ではありません

バランスには「残高」という意味があって、『ある時点での残高表』という意味なんです

通帳の上位互換みたいですね

質問や書いてほしいテーマのご意見を是非コメント下さい!Thanks!
12

会計の活かし方:もう暗記だけでは対応できない

オンデマンド講義終えることが出来ました。

さて、どんな構成だったのか、ざっと書き出してみたいと思います。

①5/7  ガイダンス(アンケートにより実施)
②5/14 決算発表、株主総会がどうなる?
③5/21 除外付適正意見に関する話(経営者と会計士の妥協を探る)見積りの問題(貸倒引当金)(政府が保証すれば引当金の見積り額は甘くてよい?)決算簡易分析(JAL、ANA、トヨタ)新型コロナウィルス

もっとみる
ありがとうございます😊
1

長〜い四半期の末に 大塚家具

最近ネットで大塚家具とヤマダ電機のコラボ店の広告を見かけます。これぞシナジー? あまりにベタな戦略に、小馬鹿にする経営コンサル系YouTuberの動画も流れていましたが、これが意外に好成績だとか。

そんな大塚家具の気になる前期本決算データが、7月末になってようやく金融庁のEDINETに登録されていました。前決算期は、決算月変更のために2019年1月に始まり2020年4月に終わる変則16ヶ月間。第

もっとみる

【心理的安全性編9:最小のチームで最大の結果を得る】

本マガジンは心理的安全性について対話形式で解説していきます。これまでの投稿は上記に入れてあります。
 今回は、先輩で新規事業部長の健と若くして製造課長となった正輝が登場します。ある日、リモート会議で、健と正輝が久々にあいます。正輝はどうやら課長としてのマネジメントに悩みを持っているようで、健に相談を始めリモートで定期的に対話していくことになりました。健の指導で心理的安全性について学びながら自分のチ

もっとみる
スキありがとうございます!
26

“会計的に”考える(4/5)-会計は企業活動の写実である-

これまで2回の記事で、経理が直面するハードル・(経理に限らず)今後求められる能力として、“会計的に”考えることについて触れてきました。

今回は、”会計的に考える”の最後の視点について記事を書きました。是非ご覧ください!

◎第1回:優秀な会計人が持っている力
◎第2回:会計人がステップアップする際に直面するハードル
◎第3回:記録でなく示唆を意識する
◎第4回(当記事):会計は企業活動の写実であ

もっとみる

新しい飲食店のカタチ

現在、コロナ禍により飲食店はダメージが大きいですね。

これから1000店舗閉店すると言われておりますが、これはチェーン店だけのことであり、個人店は入っておりません。この状況が長く続くと壊滅的な状況になるのではないでしょうか?

継続できたとしても、席数は減らさないといけない、またお客さんが外食の機会を減らしていることからも、今までの経営スタイルでは存続は難しいと思われます。

そこで、完全キャッ

もっとみる