藤野英人

【だし友通信No.1】だしパックの中身のことを考えてみたよ。

といっても、添加物云々ではなく、投資のお話です。

世にあふれる ”だしパック” 。

調査会社の富士経済は、2018年のだしパック市場を5年前より3割以上多い120億円と見込む。今後も拡大し、23年には144億円になると予測する。(上記記事より)

だし好きで、見かけると買って試してみる。ところが、これだけあると、何を基準に選べばいいのかわからなくなる。

値段?味?ブランド?直感?

とこ

もっとみる

『投資家みたいに生きろ』を読んで

【投資】って、「お金でお金を稼ぐ行為」とか「マネーゲーム」と思っていませんか?実はそうではないんです。

【投資】とは、「エネルギーを投入して、未来からお返しをいただく行為」です。
どういうことかって?気になる方はぜひ読んでみてください😁

本書は、「投資家マインド」を持ち、行動に移すことによって、今の生活を変えることが出来るというのが大枠です。
現状に不満がある人、向上心のある人、お金

もっとみる

「投資家みたいに生きろ」著 藤野英人 to doリスト

・収入の1/4を投資(株式、投信)する。

・利己よりも利他的な目標を掲げることでより大きな成功をつかめる。

・「運が良いと思い込む」                      →成功しても運が良かっただけだと謙虚に!              

・惰性の習慣に打ち勝つ                       →二度寝、コンビニで余計なお菓子、ドリンク買わない

・流行に敏感になり、新サー

もっとみる

【新春企画】ビジネスにも投資にも効く!将棋が強い人の底力 藤野英人&女流棋士・鈴木環那さん対談(後編)

こんにちは。ひふみラボnote編集部です。

新春企画としてお送りしている「将棋対談」。レオス代表の藤野英人が大好きな将棋について語るということで、お相手に女流棋士の鈴木環那さんをお招きしました。

前編では、ファンドマネージャーという仕事と将棋の共通点について取り上げました。後編ではビジネスや投資に効く、将棋の魅力について語ります。将棋好きの方はもちろん、将棋のことを知らない方も、意外な発見があ

もっとみる

お酒を控えようと決めた理由

「投資家みたいに生きる」(藤野英人 著)
という本を読んだ。

著者のいう投資とは「今この瞬間に、エネルギーを投入し、未来からお返しを得る行為」

この言葉を少し補足する。

「エネルギー」とは、
「お金」の他、「時間」「主体性(将来どうありたいか・意志・情熱)」などをいう

「未来から」とは、
投資家は短期利益・一発逆転を狙うのではなく、時間がたつ程価値が上がるものに投資するため、将来のリター

もっとみる

「投資家みたいに生きろ」
読み始めたらとまらない、何度も読み返してる

藤野英人氏の『投資家みたいに生きろ』を読んで考えたこと

以前から考えたことを言葉や文字にして伝えることに苦手意識を感じていましたが、特に最近仕事で自分の考えをわかりやすく伝えることを求められるようになり、うまく言語化にできずに、もどかしく悔しく思うようになりました。

今回読んだ『投資家みたいに生きろ』の中で「得た知識はアウトプットすることで自分の資産(スキル)となる」ことを学んだので、苦手意識を克服するため本を読んで考えたことを発信していこうと思いま

もっとみる

Taimeeの小川社長が授業に!

ここ数日、怒涛の勢いで過ぎてしまい、
記事の鮮度が若干落ちてしまいました…

イベント参加したりもしていたので、それは後ほど。

先週水曜日、明治大学の「ベンチャーファイナンス論」にて、
株式会社タイミーの社長であり、現役立教大学生の小川嶺さんが登壇されました。

若干授業の中身と、後ほど書く『HOPE』のイベントの内容も合わせて、
個人的な学びや感想をかければ、と思ってます。

授業概要

もっとみる

「偉い人」には分からない、大企業離れ時代を生き抜くのに必要なこと

藤野さんが大企業離れが凄いという話を書かれていましたが、私のまわりでもこの手の話を、特に優秀な学生層でよく聞くようになりました。大企業のみならず、国家公務員希望も同様です。つまりは今まで「いい仕事」と言われていたものを優秀な若者が評価しなくなっているということでもあり、別にもっと面白くやりがいあるものを見つけ始めているとも言えます。

そして、これらが次の時代に必要な社会変動を作り出すというのにも

もっとみる
ありがとうございます!! ぜひSNSでもシェアいただければ幸いです。
156

KK13読書 「投資家みたいに生きろ」

タイトル:「投資家みたいに生きろ」

著者:「藤野英人」

◆あらすじ◆

いわゆる投資家の「お金でお金を増やす」テクニックではなく、投資家の思考を学べる1冊でした。目に見える資産「お金・プロダクト」に投資するのが投資家ではない。目に見えない資産「スキル・健康・人間関係」に投資し、長期的・継続的に成長を果たすことの重要性を再認識しました。

◆具体的に◆

①「投資か浪費」か自問自答する。

投資

もっとみる