When your heart is going to break off

最近、LINEに「フレーズの種」をつくった。
「これ英語でなんていうんだろう」参考フレーズを片端から放り込むのである。

ふと思った。「心が折れそう」ってなんていうんだろう。
heart とbreakは使うんだよね。

My heart is going to break off.

過去の自分は感じたことあっただろうか?
もういっぱいいっぱい。耐えられない。でも気持ちを伝えられない。苦しい。寸前

もっとみる
スキありがとうございます!

心の傷をケアせず、放置し、『真実』から逃げるとき

私は、小さいころ、おまじないが大好きだった。

魔法使いにあこがれた。

いつも変身して、『自分ではない』誰かになりたかった。

自分のためにセラピーを受けるようになって初めて、私は、未だに「理想化した夢の世界で生きていた」のだと気がついた。

私はここ(現実)にいるけれど、全身全霊では、ここ(現実)にいられない感覚。

今、思うと、私は、大人になってからも、「魔法の世界」にいたかったんだよなぁ。

もっとみる

ふむふむ。なるほどね。
攻撃的な人との関係で疲弊している方にお薦めです😉

よろしければシェアもお願いします^^
1

今ニュースになっている
ドコモ口座事件

改めて個人情報が危ういかを知る事件です。

この事件、決して他人事ではなく
誰しも被害を受ける可能性大です。

今出来ることは各自の銀行口座の記帳!

そこに見覚えない"ドコモ決済"などが印字有れば、事件に巻き込まれている可能性大です。

よろしければシェアお願いします
14

自己欺瞞から自己受容へ

こんばんは。すずきあい です。

今日は、会社での内示の日。

誰がどの地域のどの部署に配置換えがあるのか
本人だけでなく、周りもソワソワする日です。

電話が鳴る度に、皆のお耳がダンボになります。

▼誰かのせいにしたがる自分

今朝の私は、遅刻するかしないかの瀬戸際で
非常に焦っていました。

朝起きると、リビングの時計の針が20分早まっていたのです。

どうやら息子が、変更したらしい。。。

もっとみる
わーい!ありがとうございます!
7

備よ!これからの感染防止に。

秋冬に向け、第二波第三波到来を考えた上での、with coronaニューライフスタイルの在り方で、感染予防の為の自己防衛(自助努力→生活習慣)として、絶対的重要性を感じることは、下記の通りです。是非是非ご一読下さい!!!

①市中感染を意識してマスクの徹底!

最近デザイン性を重んじる人が多く見受けられますがそれは意味がない。予防性機能性の高いマスク。いまなら買えます。サイトをご覧下さい。

②帰

もっとみる
ありがとうございます!今後共何卒宜しくお願い申し上げます。
3

感受性が高いのは自己防衛

*** 気功整体師の個人的《健康観》#3 ***

先日、自宅のコーヒータイムがアイスからホットになって、今日、さらに秋の気配が濃くなったなーと感じます。

まだまだ日差しは強くて気温も30度越えてるけど。
まだまだ真夏と言えるけど。

吹く風に、空の色に、秋が混じってる。

こう書くと、いかにも情緒豊かな感性高い人、みたいですが、なんのことはない、ただ私が寒がり故に気温の変化に敏感なだけなのです

もっとみる
ありがとう大スキです!
5

防衛生活(一般)

毎日毎日、事故が起き
人が死に、又は、殺されていく・・・

防衛生活の勧め
たいした事ではありません

用心深く生きましょうってことです
ボーッと生きてたらチコちゃんに叱られる?

では、寝起きから始めましょうか・・

いきなりババッと起きないように
まず目覚めたら、廻りを見回す
横向きになって手を付き、ゆっくりと起き上がる
ベッドに腰かけたまま、1~2回深呼吸してから立ち上がる

ドアは一気に開

もっとみる
💓ありがとうございます~💓
8

「ちゃんとする」と意識すると出来なくなる

今日は題名にそのままテーマを持ってきました。
ちゃんとしなきゃ!と思うと余計に出来なくなる、ということについてお話ししていきます。

昔から親や先生から言われていた「ちゃんとしなさい!!!」という言葉とは少し違った感覚なのですが、例えば目上の人と仕事で会ってお話しさせてもらう、とかいう時になぜか「ちゃんとしなきゃ」という意識が生まれることありませんか?

こういう風に「ちゃんとしなきゃ」と思うと、

もっとみる
また次の更新も楽しみにしてください!
7

来たる国難と人生への向き合い方

さて、emadurandalのnote上での一発目の実用記事である。
 タイトルは「来たる国難と人生への向き合い方」だ。

 ご存知の通り、この日本という国は確実に苦境に向かっており、これまでと同じ努力の仕方を続けたとしてもジリ貧が目に見えている。おそらく議論の余地はないだろうと思えることを挙げてみよう。

労働環境
・コロナ(COVID-19)流行が与えた世への影響は収束後も持続する。リモートワ

もっとみる