再生

「行動できない自分を責める前にすべきこと」吉濱ツトム/「聖徳太子の預言書」飛鳥昭雄「ザ・フナイ12月」みどころインタビュー

◆「行動できない」と自分を責める前にすべきこと 吉濱ツトム ・行動できないのは、その人が怠け者だから、意識が低いからではない!人間は防衛本能上、生産的な行動ができなくなっているからだ! ・現実的な次元で問題を解明し、原因をなくしていくことで、結果として「行動変容」を促すことができる! ・行動変容を促す3つのポイント ・「行動分析」の視点から行動をとらえると…  「心が行動を変える」のではなく「行動が心を変える」! ・行動変容を促す3つのポイントを意識をして行動を変えてければ心も人生も変わる! ◆首都圏の「1都7県」の機能が停止する!? 飛鳥昭雄 ・『日本書紀』では、聖徳太子を「兼ねて未然に知らしめる」とし「聖徳太子は預言をする能力があった」と記されている。その聖徳太子の預言書が『未来記』『未然紀』の二書 ・「第五百歳」の預言は「壬(みずのえ)戌(いぬ)1922年~辛(かのと)丑(うし)2021年」ですべて完了する!!そのため、今年中に大きな「変化」がある可能性があります! ▼吉濱流「人間の研究」月額見放題コースにて、望ましい「パラレルワールド」の選び方、行動を変えて「人生を改善」する「脳力開発」を含む90以上のコンテンツが見放題! https://funai-51collabo.com/contents/category/teiki-yonk ▼マスメディアには載らない本当の情報「月刊ザ・フナイ電子版」 月額見放題コース「51プレミア」にてバックナンバー公開中! https://funai-51collabo.com/courses/4 『ザ・フナイ』とは? 【マス・メディアには載らない本当の情報】 選りすぐりの豪華執筆陣による、新聞・テレビなどが報道しない世界の裏の動き・情報を、毎月お届けしています。経営コンサルタントであった故・舩井幸雄が、日本と世界の将来を見据えて2007年に創刊した雑誌。舩井幸雄が自らの多様な人脈の中から選りすぐった豪華執筆者からの情報をはじめとして、まだ広く知られていない諸分野の情報、先がけた情報を、偏った一方的な見解ではなく様々な視点を用いて、毎月お届けしています。

【掲載中】 文春オンライン サントリー美術館「聖徳太子 日出づる処の天子」展

【掲載中】 聖徳太子さまに興味津々になる。 歴史と美術と文学は同じもの。視点が違うだけで。ということも強く思うのだった。 サントリー美術館での「聖徳太子 日出づる処の天子」展のこと、 文春オンラインで! #聖徳太子 聖徳太子への崇敬の念はなぜ高まり続けたのか 没後1400年、日本史上最大の“スター”の全貌 アート・ジャーナル #文春オンライン https://bunshun.jp/articles/-/50160?utm_source=twitter.com&utm_med

スキ
1
+13

20211111 幣立神宮

【2021年11月11日(木・仏滅) 幣立神宮 御参拝】 10月27日~29日の聖地参拝後、九州の何処の神社に導かれるのだろうかと考えていた。   聖地参拝前に、ある方から幣立神宮の話を聞き、ぼんやり頭の片隅に残っていた。 その方とは「十一面観音様」を通じる不思議なご縁を感じていた。   幣立神宮に御参拝するのが良いかも知れないと思い始める。   11月7日(日)、幣立神宮の御参拝日をどうするか思案する中で、11日なら都合が良いことがわかった。 調べれば仏滅。   決めかね

スキ
4
+6

【『日出処の天子』毎日新聞捏造報道事件】

『日出処の天子』は、1980~84年に白泉社『LaLa』に連載された、山岸涼子による歴史ものの少女漫画。聖徳太子とその腹心である蘇我蝦夷の関係が中心に描かれ、歴史漫画の傑作として現在まで有名である。  特徴的なのは『聖徳太子伝暦』などに遺る超常現象的な逸話を排除せずに太子を一種の超能力者として描いたこと、なおかつ蘇我蝦夷に対して密かな恋愛感情を抱く同性愛者とした大胆な設定である。  連載も終盤を迎えた1984年1月24日付『毎日新聞』夕刊に「法隆寺 カンカン『えっ、これが聖

スキ
13
有料
100

柿食えば鐘が鳴るなり法隆寺、に行きました

奈良の法隆寺を初めて訪れました。 着いた時、鐘が鳴っていて、子規の一句にぴったり。つい最近まで、坂の上の雲を視聴していたので自然と頭に浮かびました。お土産屋さんに並んでいた柿の和菓子を食べたかったけど、そこはちょっと我慢しましたが、市田柿が大大大好きな私は、今ちょっとだけ後悔かも😑 私が通った学校の修学旅行は京都・奈良ではなかったので、京都も奈良も大人になってから初めて行きました。法隆寺も今回が初めてで、大阪の四天王寺や難波宮に続き、聖徳太子繋がりで、飛鳥文化に触れること

スキ
1

水神の悪戯

水神の悪戯 伽婢子  河内の国でのこと。男が商いの帰り道、疲れはてて歩いていた。川沿いの道で、同じ里の方に向かって馬で進む一団があった。空いている馬もあったので、もしよかったら乗せてもらえないかと頼んだ。快く乗せてもらうことになり「川の向こうまで」といわれた。  男は里につき、一団とわかれると、家に戻った。家では人々が集まって宴の最中だった。話しかけるが誰も答えてくれない。思わず妻に手をあげて打ったがこれも気にされない。これはいったいどういうことだと思ってるうちにむなしくな

スキ
1

難波宮を初めて知る、行って良かった大阪歴史博物館

難波宮(なにわのみや)の事、初めて知りました😳 とてもロマンのある発掘ですね。展示の仕方、説明も分かりやすく、実際にあった場所が博物館から見え、ここに都があったんだという事をリアルに感じさせてくれました。短いけれど、難波宮が日本の都だった時があるんですね。 関東住まいだと、飛鳥時代に縁がなく今ひとつ実感が湧かなかったのですが、大阪に来て四天王寺に行き、そして今回の難波宮を知り、聖徳太子が実存した事を初めて実感できました😆 藤原京や平城京よりも前の都、難波宮。関西地方はや

スキ
1
+5

モーツァルトの魔笛に隠されたフリーメイソンの秘義

モーツァルトの死については未だに謎が残っていますが、公式記録によれば、粟粒熱によるものとされています。 しかし、35歳という若さで亡くなっていることから暗殺説があるのも事実です。

スキ
9
有料
100
+1

金龍神のお寺にご一緒しませんか✨

おはようございます🥰 皆さま、いつも誠にありがとうございます🥰 現存するにっぽん最古の歴史書「古事記」には、推古天皇様の御世までが記されています🥰 (日本書紀は持統天皇まで) この度の古事記にふれる遠足は✨ 推古天皇様の皇嗣となり天皇を補佐なさった聖徳太子様のお父君用明天皇様の勅願寺 「般若寺」に正式参拝します🥰 ご都合がおつきになる方はご一緒にいかがでしょうか🥰 この度まいります般若寺は、 な、な、なんと✨ 1400年もの歴史があります✨ 仏教がにっぽ

スキ
2