社会運動

+1

「脱資本主義」の次に人類が向かうのはどこか 環境破壊時代に希望としてのマルクスを問う。

10年経っても日本では原発問題や環境問題への関心が低い。気候変動対策も、被害はすでに出ているのに、非常に遅れています。 解決の具体的な方向性について、 後期マルクスの思想から導き出すことができました。 それが、無限の成長を追求する資本主義の外に出ないといけないというものです。             ──脱資本主義的な社会の構築のために、「コモン」という言葉を紹介されています。 コモンとは、人々が生きていくのに必要な共有財産のこと。 水や医療が代表例です。 資本主

+4

環境保護と反原発の真相から社会運動を批判する

著者:ケイヒロ、ハラオカヒサ 証言:山本某 社会運動はヒステリーを演出してはじめて成立する。反原発運動も脱炭素化運動も同じだ。反原発運動では再エネ業界から資金が流れ、御用学者wikiで工作する者までいた。ポスト探しでキャリアシートを持ち歩いていた環境保護団体職員。大衆に不安を煽りながら政治とビジネスが動いていた。 (当記事は前半2,500文字を除き有料です) 彼はなぜ話しはじめたのか前回『欲望と希望を堂々と語れる環境の時代へ』と題して、環境NGOグリーンピースのアメリカで

スキ
19
有料
1,000

就活抗議デモの詳細情報

11月23日(火)に大阪で行われる就活抗議デモの詳細情報を掲載します。ぜひご参加ください! 日時:11月23日13:00集合(雨天決行) 場所:靭(うつぼ)公園 東園広場に集合。公園内での集会後、難波方面へ御堂筋をデモ行進。難波近くの公園で解散。 諸連絡: ・マスクの常時着用、アルコール消毒などコロナ対策へのご協力をお願いします。接触確認アプリなどのダウンロードもお願いします。体調不良、発熱等の場合は、参加をご遠慮ください(ぜひオンラインで応援してください!) ・個

+6

アジア・ソーシャルインパクト・トリップ#韓国編④ 兵役拒否運動からはじまった平和団体「戦争なき世界」

「良心的兵役拒否」ということばを聞いたことがあるでしょうか。 韓国には、国内に居住するすべての韓国籍の成人男性は軍隊に服務しなければならない「兵役義務」があります。最近、世界トップクラスのポップスター、BTS(防弾少年団)の入隊がどうなるのかなどが日本でも話題になり、韓国の徴兵制度について耳にしたことのある方も多いかもしれません。 しかし、兵役対象者のなかには、自分の主義や信念、信仰にしたがって軍入隊を拒否するという「良心的兵役拒否」をする人たちもいます。たとえ「良心」に

スキ
10

A君との対話:柄谷理論をめぐって

「ノード連合」のサイトを立ち上げた2013年の翌年にポストした『A君との対話』では、立ち上げからの経過と課題について書いています。以来7年が経ちましたが、今回はポスト資本主義の新しい社会をめぐる柄谷行人氏の問題提起をA君と共に考えてみたいと思います。参照した氏のテキストは、『トランスクリティーク』(2001)、『世界共和国へ』(2006)、『世界史の構造』(2010)、『ニュー・アソシエーショニスト宣言』(2020)です。 -------------------------

スキ
1

就活抗議デモに賛同します

11月23日(火)に大阪で行われる予定の「就活抗議デモ」に私は賛同し、同時にみなさんへの参加を呼びかけます。 学歴、ジェンダー、年齢、国籍など、あるいは、様々な力関係をも背景として、私たちは複雑なかたちで労働市場、そして「社会」に組み込まれているのでしょう。大学生の就職活動、また今回のデモの呼びかけ文に書かれているような諸問題(競争の加熱による学業その他への弊害、セクハラ、パワハラ、ルッキズム...)は、そうした今の社会の仕組みと関係してあるのだと思います。 ちなみに、デ

斎藤幸平氏の陳腐な社会運動論

毎日新聞が「斎藤幸平の分岐点ニッポン 資本主義の先へ 「気候不正義」に異議 若者のストに同行 おかしなことには声を上げる」という記事を出しています。 斎藤幸平氏は毎日新聞でこの「斎藤幸平の分岐点ニッポン 資本主義の先へ」という月一回の連載をもっているのですが、これは有料記事なので毎日新聞にお金を払わないと読めません。 たくさんの人には読んでいただけなそうで、残念ですね。はは。 この連載は毎回毎回、いやー陳腐だなあーと思いながら眺めていたのですが、今回の記事はもう、イキっ

スキ
230
有料
300

1回生による就活抗議デモ連帯アピール

こんにちは。 勤労感謝の日、学生有志による就活抗議デモが大阪市にて開催されます。 私はこのデモに連帯し、参加します。 私はまだ一回生で、就活までまだ時間があるのですが、これから先に待ち受けるそれを考えると、暗澹たる気持ちを覚えます。 たしかに、就活は学生の進路の一つの指標であり、それ自体を否定することはできません。 しかし、現在の就活が学生をがんじがらめにし、追い詰め、生活の幸福を損ねていることは明らかです。 例えば、サークルへの参加にしろ、就活に向けてのアピールの材料とし

文献紹介:『ラテンアメリカの新しい風 ――社会運動と左翼思想――』(1995) ラテンアメリカ諸国にとっての「新しい社会運動」とは何か

                               N.Y Ⅰ はじめに  近年の日本における社会運動は、世界各国との比較においては規模が非常に限定されているものの、質的な意味においては少なからず変容の兆しが見えてきているといえるだろう。少し例を挙げるとすれば、2018年に気候変動に対抗する「学校ストライキ」を決行したグレタ・トゥーンベリに「象徴」的なFriday For Future(未来のための金曜日)運動は、日本社会に生きる若者にも確かに共鳴しており、今や東

スキ
4

革命は差別を越えられるか?―七・七華青闘告発の現代的復権―

                             神戸みかげ I はじめに 資本論やマルクスをテーマにした書籍が書店に並び、若者たちがジェネレーション・レフトと称されるなど、時代錯誤な響きさえあった階級対立が改めて意識されつつある。資本家階級と労働者階級という境界がますます強固になる現代において、その越境はもはや不可能であるかのように思われる。人権や平等といった民主主義社会の建前を無効化してしまいそうな、越えられない絶対的な境界を前にして、革命を唱えるものもいるだろ

スキ
3