社会運動

「認識論メモ」:ヴィトゲンシュタインとメイヤスー

ヴィトゲンシュタインの最晩年のノート『確実性の問題』では、数学や論理学など、プラトンからカントに至るまで、人間世界とは別の次元に存在するとされてきたものも、人間が行動して得た結果を(世界内の)現実と照合し、繰り返し一致したものが確かな命題として蓄積され、やがて固定化し、計算したり、論理的に考えたりする際には自明のこととして参照されるに至ったものだとされる。

これは、彼が最初『論理哲学論考』で考え

もっとみる

デモに行ったら会社でヘンな人扱いは、日本だけ。政治に関与させない”空気”の正体。谷崎光のインサイド・アジア No.58

管自民党新総裁が選出された。
この結果に不満な人も満足な人もいるだろう。が、今の日本に満足な人はどれぐらいだろうか。

自戒の意味を込めて言いたい。
日本を変えるたったひとつの方法は、政治に関心を持つ、である。
そんなこと、お前に言われんでもわかるわー、お前より持っとるわーという方々。でも以下には同意してくれるのではないだろうか。

1.デモに行ったら会社でヘンな人扱いは日本だけ

日本人は長らく

もっとみる
ありがとう!
13

イルカ漁を否定も肯定もしない人はそこにいるか?

最近、Instagramにてある動画が目の前に現れた。「日本のある地域でイルカ漁がなされていて、それが何とも残酷である。故に、イルカ漁を廃止セヨ!」というものだった。

日本という地域に住み始めて数十年も経つのに、未だ日本で何がなされているのかを知らなかったという衝撃、そして確かに海が血で染まっている光景という衝撃。2つの、それぞれ違った、けれども言葉としては同じ”衝撃”を抱いた。色色な事情の人間

もっとみる
アリゲーターゴザイマス
3

名もなき人々の歌、フォルクローレ

封建時代の芸術は主に社会の上層部を相手にしていた。
極一部の階級をのぞいて富の余剰が存在しない時代では、芸術家は王侯貴族をはじめとするディレッタントの庇護に頼る必要があった。
大衆のための芸術が歴史の表舞台に現れるのは、メディアの発達が大衆の存在感を高めた20世紀からだ。

チリの女性歌手、ビオレータ・パラは、日本での知名度こそ高くはないものの、そんな20世紀の芸術を体現する存在である。

191

もっとみる
拙稿が貴方の一日に一つ彩を加えられたのであればこれ幸いに存じます。
4

『最初のフォロワーを獲得する』

2010年、「CD Baby(※)」の創設者デレク・シヴァーズはTEDで、ある映像を見せた。
 まずひとりの人(リーダー)が草地で踊り始める。やがて次の人が加わり、最初の人の行動を正当化すると、程なく3人目も加わり、周りの人たちが一気になだれ込んで一大ダンスパーティーになるという映像だ。

シヴァーズは、こういう時に重要なのは「最初のフォロワー」だと指摘する。このフォロワーがリーダーに信用性を与え

もっとみる

希望のタイムスパン:『不安の時代の抵抗論』ご感想を受けて③

3.11後の反原発運動、あるいは同じ時期に世界的に展開していたオキュパイ運動などの社会運動について、「結局、あれは社会を変えなかった」という言い方がされることがあります。

運動の「意義」や「成功」をどう測るのか。それは、自著『不安の時代の抵抗論』の議論の一つでもありました。この中で私は、3.11後の反原発運動が社会を変えなかったという評価に異を唱えています。

前回の投稿『ご感想を受けて②』でも

もっとみる

闘うZ世代が社会を変えるーー学生ユニオニズムの可能性

雑誌『POSSE』45号(特集「コロナ時代を生き抜く」)に掲載された「抗う姿ーー脱商品化のための学生ユニオニズム」の全文を特別公開します。本稿は、アメリカの社会運動のなかで学んだZ世代(1990年代中盤以降に生まれた世代)の著者が、日本におけるZ世代の運動の可能性を、POSSE/ブラックバイトユニオンの活動を通じて考察したものです。

著者プロフィール
山本健太朗。NY州立大オルバニー校卒(人類学

もっとみる

れいわ新選組の規約改正 -山本私党脱却いまだ見えず-

れいわ新選組は、今月12日の「れいわ地下二階B2サンデー」で代表山本太郎が言及していた課題の一つである「規約改正」を総会を開催しておこなったと22日に公表した。これは二段にかけておこなう規約改正作業の一段目の改正ということになる(二段目は衆議院選挙後を予定とのこと)。

筆者は支持者の立場から、過去記事『れいわ新選組の岐路 -山本私党からの脱却-』で、れいわが「山本私党」のレベルから脱却するために

もっとみる

自己紹介

私達は埼玉県川口市に住む市民です。
2020年3月に突然市議会で同年9月からの水道料金平均25%値上げが決定されてしまいました。これは命にかかわる大問題です。なのに市民合意は無視され、押し通されようとしていました。私たちは市民の会を結成し、市の決定を覆すべく運動を始めました。

署名用紙を作り、4月から署名を集めています。緊急事態宣言下で路上に立てない時期にも知恵を絞って署名を集めてきました。6月

もっとみる
大好きです。またよろしくお願いします。
15

プロ・フェミニズム男性運動のジレンマ

本稿では、中枢都市のO市を根拠地とする一般社団法人A(特定は可能だろうが伏せる)の運営者会議に参加した経験をもとに、現代日本における男性運動がどのようなメンバーシップで構成されており、どのようなジレンマが示唆されるのか、筆者の整理を主たる目的として書き連ねる。

 主な内容は2020年8月に出席した3度の会議をベースにした分析視角の整理と仮説提示である。一度目は運営者会議の司会を担当する大学教員の

もっとみる