死と再生の皆既日食体験 一回性の中で感じた生きている実感

<本日は動画にて配信〜動画後半で皆既日食の不思議な世界を疑似体験!>

普段、ワクワクを求めて生きているつもりなのですが、
「生きている実感ってどんな時に湧くんだろうか?」
と問われると、言葉にするのは難しかったりします。

とある精神科医の話によれば、どうやら、
「人生一回こっきりの体験をすること」
らしい。

そうだ、人生に二度はないかもしれない。
こんな貴重な体験はなかなかできないぞ!
そう
もっとみる

スキしてくれたあなたがスキ❤
18

宇宙人に出会える確率

このとてつもなく広い宇宙に宇宙人がいる確率は限りなく100%に近いでしょう。そして、このとてつもなく遠くてまばらな宇宙で宇宙人に遭遇できる確率は限りなくゼロに近い。
 皆既日食、太陽系のミニチュア・モデルなどを通じて、宇宙の壮大なスケールを体感してみましょう。

皆既日食を体感する

 2009年7月22日に日本の南西諸島で皆既日食があった。あいにくの雨であまりきれいには見えなかったようだが。20

もっとみる

ヒナオの夢日記
今回の夢では皆既日食を見ることができました!ただ、夢の中なので太陽と月が重なる時間が1秒しかありませんでした。めっちゃ早くて長い時間は見られませんでしたが、今までで一番まともな夢を見ることが出来て良かったです!

スキありがとうございます!
6

母方の祖父母宅で、仮住まい

こんにちは(^^

今日は、小学4年生の頃、家を建て替えるため、母方の祖父母宅で仮住まいしていた時のことを、綴ってみます。

父は、畑作農家から転業。たたみ内装店に弟子入り後継し、古い工場付き一軒家を譲り受けたのは、私が小学1年生のころです。その家では4年間ほど暮らし、商売が軌道に乗ったころで、建て替え新築します。仮住まいの間、父は少し離れたところに、工場を間借りしていました。

母方の祖父母宅は

もっとみる
とっても嬉しいです(^^ Thank you !
16

No.2 哲学を創り出した タレス

今回は古代ギリシャ人のタレスの話です。タレスは今から約2600年前に現在のトルコである、ミレトスにいました。彼は科学者でもあり、哲学者でもあります。もちろんこれだけ前の話ですから科学は全く発展していません。そのため、宗教と自然を切り離すことはせず、災害や自然現象はすべて神によるものだと捉えていました。そんな当時に彼が行ったことは「皆既日食の予言」です。紀元前585年5月8日に皆既日食が起こると宣言

もっとみる
フォローもお願いします(^▽^)/
4

げし・祝新作再開 20.6.21

いつも誰かのツイートで夏至を知る。
だから、たまにタチバナ「母」などにダマされることもある。

今年はフォロワーさんのツイート だった。

毎日カレンダー見てるはずなのに。

今日(6.21)が「父の日」であることはCMなどで理解していたのだが、「夏至」ってそんなに企業さん的には大騒ぎしないのよね……。
やっぱり、ビジネスチャンスに結び付きにくいからだろうか。

日食のこともすっかり忘れていた。

もっとみる
飛田流と申します。感謝
2

2020年 かに座の新月・皆既日食・夏至

みなさん、こんにちは。いかがお過ごしでしょうか。

今回は、強烈な日食と夏至が重なり、2020年の折り返し地点でもあるため、普段より少し早めに書き始めることにしました。珍しく、新月の日に出すことができそうです。わたしの住んでいる地方では、からりと晴れ、日食をはっきりと感じることができました。みなさんの地域ではどうだったでしょう。

本題に入る前にまず、前回の月でサポートをしてくださったみなさん、そ

もっとみる
スキ、ありがとうございます。
59

「先生あのね」と、明日の皆既日食(未来のわたしとの交換日記6.20)

毎日日記を書く内容なんてなさそう…と、書き始めるまで思っていました。いや、書き始めてからも思っていました。
Twitterにつぶやくことはあっても、noteに、日記に、毎日かけることあるかな…と、書き始めて数日、そして、仕事が再開してから強く不安に思っていました。

最近気づいたのは、日記に書くことがないのではなく、日記を書くために1日を振り返る時間もなければ、その何かを切り取って文字に残す体力も

もっとみる
遊びに行きますね!遊びに来てくれたら嬉しいです
9

皆既日食の日🌕

今日は皆既日食ということで、なんとなく月読尊からメッセージをいただく予感がしています👸🔯

そんなことを考えていたら、言葉が天から降ってきました💡🧝🏻‍♀️🌕🌟✨

※今日の文章は絵文字なしで、しかも長いから読みにくいですね🙇‍♂️💦

【繰り返し現れる主題、三島由紀夫】

自分にとって必要な主題が何度も繰り返し現れる、ということは誰の人生においてもあることかと思いますが、私の人

もっとみる