#27 私の育休を彩り豊かにしてくれたもの

#27 私の育休を彩り豊かにしてくれたもの

毎日投稿27日目。 今日は私の育休を彩り豊かにして くれたものを紹介します。 それは「産後ケア教室」です。 先日その産後ケア教室を紹介した 育休中の友人とランチをして、 話を聞いたこともあり、 今日はこのテーマで書いてみようと思います。 産後ケア教室とは?NPO法人マドレボニータにより 開発されたもので、産後1か月より、 赤ちゃんをつれて母親が通える教室となります。 週一回連続4週間で1コースです。 内容は、毎回、前半1時間でバランスボールに よるエクササイズを行い、 後半

スキ
8
いよいよ明日!

いよいよ明日!

いよいよ明日は体験会初日です! アシスタント研修に行かせてもらっていることで少し自信はついたものの、やっぱり緊張します。 持ち物もたくさん! 1週間の旅行に行くような荷物です。 今回はららぽーとで駐車場からすぐだけど、11月開催のスタジオは駐車場もなく、コインパーキングも近くにないので荷物どうするか、考えなければ! とにかく、5月からたくさん学んで練習してきた事を参加者さんをしっかり見てやって来たいと思います。 喘息気味だった息子もすっかり良くなり、明日は保育園に行け

スキ
1
初めての体験会開催

初めての体験会開催

こんばんは‼︎ NPO法人マドレボニータ養成スクール生の杉村美穂(みーちゃん)です¨̮♡︎ 産後のバランスボール教室10月体験会初日を開催しました‼︎ 今日は参加者さんお一人だった為少しドキドキだったんですが、お一人という事で返って参加者さんのペースに合わせてエクササイズをする事が出来、のんびりと体験会を行うことが出来ました😊✨ 参加者さんも、達成感を味わう事が出来たとおっしゃって下さり楽しんでもらえた様でとても嬉しかったです💕 また、このコロナ禍でなかなか外出する機

スキ
1
胎教はいつから始めるの?どんな音楽がいい?
+4

胎教はいつから始めるの?どんな音楽がいい?

お腹の赤ちゃんとのコミュニケーションのひとつが「胎教」。 いつから胎教を始めればいいのか、どんなことをすればいいのか、 初めての妊娠だと胎教についてわからないこともあるでしょう。 ここでは、胎教について詳しくご紹介します。 1.胎教ってなに? 赤ちゃんに声や音楽を聴かせることが「胎教」というイメージが強いですよね。 これはお腹の赤ちゃんにも聴覚や記憶能力があることがわかり、早期教育が注目されたことがひとつの理由。 胎教は「教育」のイメージがありますが、現在では 「ママがリ

背中で語るカラダの美学 トレーニング編①
+7

背中で語るカラダの美学 トレーニング編①

皆さんこんにちは 今回はタオルでできる背中のトレーニングをご紹介します [用意するもの] ・タオル [ターゲット] ・大円筋 ・広背筋 [種目] ①タオル・バックラットプル ・タオルをもち両手を上げます。 ・胸を張った姿勢で肘を曲げていきます。 ・5秒間で肘をゆっくりと下げ、背中の脇(外側)を意識します。 [効果] ・背中の上部(大円筋)を鍛えることで、広い背中になり、くびれも強調されやすくなります。 [ポイント] ・肩甲骨はなるべく動かさず固定して腕を引い

暮らしに寄り添うやさしい教室

暮らしに寄り添うやさしい教室

私は、母になる前から体づくりを指導するお仕事をしている。産後、人生の価値観は大きく変わったけど、体づくりへの考え方は変わっていない。むしろ、今までやってきたことは間違いじゃなかったということを確認できた気がする。 今回は私が普段、意識している体づくりへの考え方をお話ししたいと思います。 おうち時間でやっていたことまず、産後直後の体重は妊娠前の+7kgで、そこから2ヶ月半くらいで元の体重に戻った。体重は戻っても見た目は全く戻っていなかった。明らかに腰や股関節周りに脂肪がつい

スキ
2
寒さ到来そして体験会前日

寒さ到来そして体験会前日

こんばんは‼︎ NPO法人マドレボニータ養成スクール生の杉村美穂(みーちゃん)です¨̮♡︎ 週末から急に寒さがやってきて、2歳になる長男も鼻水と咳が出始めました💦 急な寒暖差に体調も崩しやすいですよね。 さて、明日はいよいよ体験会初日です‼︎ 参加者さんを迎えて約50分のバランスボールエクササイズを行います。 今は緊張は無く、むしろ楽しみな気持ちの方が強いです😊✨でも、明日の朝になったら急に緊張するかもしれませんね😅 そして今日はスタジオ練習した後に、赤ちゃん連れの女

スキ
3
高齢出産だけど大丈夫?過ごし方と注意点
+4

高齢出産だけど大丈夫?過ごし方と注意点

晩婚化が進み、それに伴い妊娠・出産をする年齢も上がっています。 「高齢出産だけど大丈夫かな」 「実際、高齢出産って何歳からなの?」 「高齢出産のリスクが気になる」 など、高齢出産という言葉を聞いたことはあるけど、詳しくは知らない、という人もいるかもしれませんね。 ここでは高齢出産について詳しくご紹介します。 1.高齢出産て何歳から? 日本産婦人科学会は、初めて出産する35歳以上の人を高齢出産と位置づけています。 最近は30代後半で出産する人が増えているので、35歳で高齢出

スキ
9
産後ケアの専門家になりました
+1

産後ケアの専門家になりました

はじめまして! 一般社団法人体力メンテナンス協会認定 バランスボールインストラクター をしています😀 先日、産後指導士の試験を受け、 無事に合格できました! 夏休み期間や緊急事態宣言が出て、 子どもたちもずっと家にいる状態で 正直勉強できずモヤモヤしてる時もありましたが やり切りました!!! バランスボールインストラクターから 体力指導士 産後指導士まで ずっと支えてくださったゆうこ先生には 感謝しかありません🥺🥺💕 なかなかエンジンのかからない私ですが、

スキ
2
妊娠中のストレスと上手くお付き合いする方法5つ
+3

妊娠中のストレスと上手くお付き合いする方法5つ

待望の妊娠に喜ぶのもつかの間、どんどん変化する体型や体調に戸惑いを隠せない妊婦さんも多いのではないでしょうか。 妊娠中は何かとストレスを感じやすく、ちょっとしたことでも大きなストレスとなってしまうことも。 約10ヶ月に及ぶマタニティライフを快適に過ごすために、妊娠中にストレスを感じやすくなる理由についてご紹介します。 加えて、ストレスとの上手な付き合い方についてもご紹介するので、参考にしてみてくださいね。 1.妊娠中にストレスを感じやすくなる理由 「妊娠するとこんなにスト

スキ
1