斎藤幸平

超早Zoom朝会:2か月のトップ10はコレです

4月13日から開始した『超早起きZoom朝会』も2か月が過ぎました。この間、休まず続けて、コンテンツは173を数えました。 そこで、この2か月間を振り返って、アクセス数が上位のコンテンツを見てみます。短いコメントを付けて紹介しますので、お好みのものから一緒にお楽しみください。2か月間のアクセ…

SDGsと大衆のアヘン

福島の原発事故から10年。 これからの10年の指標を探していたところ、SDGs((Sustainable Development Goals/持続可能な開発目標)に遭遇し、学び始めた中、衝撃的なフレーズが目に留まりました。 「SDGsは『大衆のアヘン』である!」というのです。 発信元は、大阪市立大学准教授・斎藤幸平氏によ…

コミュニズムに可能性はあるか?

コロナ禍の不況にもかかわらず、世界的に見て富裕層は資産を増やしているらしい。 富裕層はますます富を蓄え、貧困層はますます生活が苦しくなっていく。 この現実に、ぼくらはどう向き合えばいいのか? 新型コロナウイルス感染症が発生した当初、この新たな感染症は人々を平等にするかのように思え…

仮説とは、島と島を橋で結ぶようなもの

企画を考える上で「仮説思考が重要」だとよく言われるが、仮説を思いつかないこともある。 そんなとき、仮説の元となる情報が足りてないことが多い。なぜなら仮説とは「島と島を橋で結ぶようなもの」だと思うからだ。 そもそも島が見えてなかったり、島にどんな魅力があるのかわかっていないと、橋で…

5月に読んだ本、6月に読む本

前に下のようなnoteを更新しましたが、 イデオロギー的な話が苦手な方はブラウザバック推奨です。 資本主義の終わりか、人間の終焉か?未来への大分岐4月に「人新世の『資本論』」を読んで、 著者の斎藤幸平さんに興味を持ち、手に取った1冊。ヨーロッパの3人の知識人との対談という3部構成で、内容は…

仕事における「構想」と「実行」の統一 #人新世の「資本論」

斎藤幸平さんの『人新世の「資本論」』 からの引用。 **引用開始 アメリカのマルクス主義者ハリー・ブレイヴァマンの言葉を借りれば、社会全体が資本に包摂された結果、「構想」と「実行」の統一が解体されてしまったのである。 どういうことか、簡単に説明しておこう。本来、人間の労働において…

なぜ「資本論」への関心が高まっているのか?

 先日NHKが、「資本論」への関心が高まっているという記事を書きました。     実際に、斎藤幸平氏の「人新世の「資本論」」は30万部売れています。    しかし、「資本論」に注目が集まる一方、著書のマルクスがエンゲルスとともに共産主義者が目標を達成するにあたり暴力革命が必要であると訴え…

社会構造の歪み(資本主義)と家族の歪み

こちらの動画↓  あっちゃんの顔ナシなので 何とも寂しい動画ですし 本自体が難解な内容になっていて とっつきにくい動画ではあるのですが そこをクリアして観てみると… とても壮大で、緊急を要する大切な動画である ということが分かります。 脱資本主義、大賛成です。 結局…お金を中心に全ての…

【本】『人新世の「資本論」』(斎藤 幸平/集英社新書)

こんにちは、『猫の泉 読書会』主宰の「みわみわ」です。 評判になっている『人新世の「資本論」』(斎藤 幸平/集英社新書)を読もうとしました。 第四章まで読んでいくうち、「今の方法がまずいこと、なぜかわれわれが貧しい暮らしになっていること等々、著者の主張と解説は、いちいち、ごもっとも…