堀之内出版ブログ(公式)

  • 商品の画像

    【先行予約】『なぜ基地と貧困は沖縄に集中するのか? ――本土優先、沖縄劣後の構造』安里長従・志賀信夫

    2022年7月刊行予定/予価2,200円(税込)【沖縄の基地と貧困問題の本質はここにある】沖縄の「本土復帰」から50年。いまだに基地問題は解決せず、貧困問題も深刻であると言われる。基地問題や貧困問題は、沖縄の地理的・社会的な要素が原因であると説明されてしまうことが多い。「沖縄の貧困の原因は自尊心の低さだ」「地縁血縁社会の同調圧力が沖縄の貧困の本質だ」「基地問題ばかりに取り組んでいて貧困を放置している」「基地が置かれるのは安全保障のためには仕方ない」しかし、本当にそうだろうか?本書では、「復帰」後も変わらぬ「本土優先/沖縄劣後」が生み出す「自由の不平等」に着目する。それが、基地の押し付けや貧困の集中を沖縄に強いているということである。そして沖縄社会を特殊なものとして描き、基地や貧困の問題の原因をそこに還元する議論が問題を解決することを阻害していると本書は批判する。「本土」の貧困研究者と、沖縄の法律家の2人が沖縄の基地と貧困を正面から問い直し、「自由の平等」に焦点を当てた一体的解決を求める提案の書。目次はじめに 本書で伝えたいこと用語について第1章/貧困問題と基地問題を貫く差別の問題第2章/沖縄の基地問題の歴史と現状第3章/沖縄の貧困問題の歴史と現状第4章/平等と平和第5章/沖縄論の変遷補論1/現代的レイシズム論からみた沖縄第6章/新しい提案補論2/日本国憲法には「平等権」が保障されていない?第7章/シティズンシップを求めるアイデンティティ・ポリティクス第8章/沖縄の貧困問題と基地問題の一体的解決を目指してなぜこの二人なのか/立場の違いおわりにコラム1 沖縄はアメリカの「施政権下」に置かれていた?コラム2 国境に面した島嶼の軍事化(要塞化)は国際常識か?コラム3 階層論的貧困論の弊害コラム4 政治的思惑が優先された復帰関連法コラム5 社会福祉・社会保障と労働者コラム6 沖縄は男尊女卑社会?著者安里長従沖縄県石垣市出身、司法書士。沖縄国際大学非常勤講師。石垣市住民投票裁判原告弁護団事務局。「辺野古」県民投票の会元副代表。沖縄生活保護基準引下げに基づく保護費(減額)処分取消請求裁判原告弁護団事務局。基地問題などに関心を持ったのは、2002年に司法書士となり多重債務者の対応などをしているなかで沖縄が置かれている構造的な問題にきづいたのがきっかけ。それ以来、「基地」と「貧困」の一体的な解決を求めて活動を続けている。主な著書:『沖縄発 新しい提案―辺野古新基地を止める民主主義の実践』(共著、新しい提案実行委員会編、2018年、ボーダーインク)、『福祉再考―実践・政策・運動の現状と可能性』(共著、田中聡子/志賀信夫編著、2020年、旬報社)。志賀信夫宮崎県日向市出身、県立広島大学保健福祉学部准教授。一橋大学大学院社会学研究科博士後期課程修了、博士(社会学)。専門は、貧困問題、社会政策。家庭環境が貧しかったことから貧困問題に関心を持ち始め、貧困研究をはじめる。2017年に安里と出会い意気投合し、沖縄の問題に強い関心を持ちはじめ、社会的排除理論を通して考え、本書の執筆に至った。主な著書:『貧困理論入門』(単著、2022年、堀之内出版)、『貧困理論の再検討―相対的貧困から社会的排除へ』(単著、2016年、法律文化社)など。
    ¥2,200
    堀之内出版ウェブストア
  • 商品の画像

    KOKKO第47号[第一特集]気候危機と公務

    [第一特集]気候危機と公務●100年後の世界への責任 世界各地で異常気象による災害が頻発し、生態系への不可逆的な変化が現れています。日本でも、猛暑、集中豪雨、巨大台風が毎年のように各地を襲い、河川の氾濫や崖崩れ等の甚大な被害が出て、多くの公務労働者が対応に追われています。こうした「気候危機」は将来にわたって私たちの生存基盤を脅かし、国家間、地域間の格差を増幅するもので、若い世代を中心に「気候正義 Climate Justice」を求める世界的な運動が巻き起こっています。 昨年秋にはCOP26(気候変動枠組条約第26回締約国会議)が開かれ、パリ協定が定める2020年以降の「勝負の10年」の具体的取組が確認されました。温度上昇を1.5℃に抑えるためには、世界全体のCO2排出量を急激に減らさなければいけません。 こうした差し迫った状況で、国家公務員の仕事は「気候危機」にどう関わり、市民として、労働者として何をなすべきなのか、本特集を通じて考えます。[第二特集]2022年参院選KOKKO的観点●改憲/維新/ジェンダー/統計問題今年実施される参議院選挙の投開票日は7月10日が有力とマスコミ報道されています。そして、自民党の憲法改正実現本部・古屋圭司本部長は、「次の参院選が終われば最長3年ほど大型国政選挙がない期間が続く。その間に(改憲国民投票を)実施できればいい」(「日本経済新聞」1月14日付)とあからさまに語っています。改憲をめざす勢力にとっての「黄金の3年」が手に入るというわけです。加えて現時点(4月25日現在)では、ロシアによるウクライナへの侵略戦争に便乗した改憲と軍拡の流れも強まっています。いよいよ正念場となる憲法9条を守ることや新自由主義に対抗して生活改善をはかること、ジェンダー平等の推進、公的統計の立て直しなど参院選の課題をKOKKO的観点で考えます。目次[第一特集] 気候危機と公務気候危機の現在と課題 ……………… 005伊与田昌慶 国際環境NGO 350.org Japan, Communications Coordinator気象行政からみた近年の自然災害の特徴について――急がれる線状降水帯予測 ……………… 013国土交通労働組合気象部門気候変動を踏まえた自然災害対策のあり方について――あらゆる関係者が流域全体で行う持続可能な治水行政への転換 ……………… 021国土交通労働組合建設部門脱炭素対策・省エネと再生可能エネルギーシフトと地域発展 ……………… 028歌川 学 産業技術総合研究所主任研究員[第二特集] 2022年参院選KOKKO的観点自衛隊明記・緊急事態条項による改憲の危険性――自民党改憲4項目・「同性婚」改憲論を考える ……………… 041木村草太 東京都立大学教授維新政治を全国に広げないために――いまこそ新自由主義とのたたかいを ……………… 077冨田宏治 関西学院大学教授ジェンダー平等へ男女ともにアップデートを――誰もが持つ無自覚な特権と加害性を見つめて ……………… 104太田啓子 弁護士国土交通省統計調査不適切処理による二重計上問題 ……………… 112笛田保之 国土交通労働組合中央執行副委員長[単発]「国公労連2022年非正規で働く仲間の要求アンケート」結果について ……………… 122国公労連調査政策部[連載] 難民アートプロジェクト 第12回「わたしは未来を描きたい」(後編) ピーターの場合 ……………… 136西 亮太 中央大学法学部准教授[連載] スミレとヒマワリ 第13回軍事力に頼らない道こそリアル――ウクライナ軍事侵攻と憲法 ……………… 141白神優理子 弁護士[連載] 国家公務員の労働条件Q&Aきほんの「き」から 第35回年度をまたいで一時金引下げ? ……………… 146国公労連[連載] 8プロ映画部日誌 第4回見知らぬ土地で生きる人びとの物語 ……………… 148皿倉のぼる 放送作家/8プロ映画部総合演出[書評]KOKKO Editor’s Book Review『維新政治の本質』/『告発と呼ばれるものの周辺で』/『パイプライン爆破法』……………… 153KOKKO編集部連載「運動のヌーヴェルヴァーグ」「KENちゃんの職場訪問記」は、都合により休載といたします。表紙イラスト オカヤイヅミデザイン ナルティス/末吉亮(図工ファイブ)本文組版 はあどわあく
    ¥1,540
    堀之内出版ウェブストア
  • 商品の画像

    貧困理論入門――連帯による自由の平等(志賀信夫 著)

    貧困問題は、依然として深刻な社会問題であり続けている。私たちはどうすればこの問題を緩和し、根絶することができるのだろうか?それを考えるためにも、そもそも「貧困とは何か?」と改めて問うことは重要な課題だ。本書では、ブース、ラウントリーらの貧困調査による「絶対的貧困」からはじまり、べヴァリッジの社会保障論を経由して、タウンゼントの「相対的貧困」、EUの「社会的排除」へといたる、「貧困概念」の歴史的な拡大過程を追いながら、貧困対策の理論的核心を探っていく。貧困研究で期待の若手が、資本主義における階級と階層の両概念に改めて光をあてつつ「貧困理論」を基礎から解説する初の入門書。https://www.hanmoto.com/bd/isbn/9784909237651【推 薦】いくら研究が増えても、理論が間違っていたら、現状は変えられない。必要なのは階級論的貧困理論。貧困克服のための「脱資本主義宣言」!──橋本健二 社会学者「貧困に陥ったら自己責任である」あなたがそう思っているのなら、車椅子ユーザーの私が電車に乗る時、毎回不便を感じ、時には乗せてもらえないのは仕方がないことなのでしょうか? 改善を求めるのはワガママなのでしょうか。平等に見えながらも、違いを受け入れない社会はつらいです。この本の「選んだ貧困ではなく、社会的排除による、押し付けられた貧困がある」の視点に、私は救われました。自由の平等を求め続けたいです。──伊是名夏子 コラムニスト目次まえがき[第1章] 「貧困」とは何か――諸概念の整理  貧困理解の前提となることばの整理  貧困概念とは「貧困の意味内容」のこと  貧困の定義とは「貧困と非貧困の区別・境界」を言語化したもの  貧困の測定とは「貧困の広がりと深刻さの計量」  「格差」「不平等」「貧困」の概念的区別  階層論と階級論  貧困概念は人びとの要求によって拡大してきた  貧困理論の学説史に関する概要説明[第2章] 絶対的貧困理論  ブースの貧困調査と貧困の捉え方  ブースの調査研究にひそむ「分断と統治の論理」  ラウントリーの貧困研究と貧困調査  「絶対的貧困」の概念  ブースとラウントリーの相違点の整理  「絶対的貧困」から考える現代日本の生活保護[第3章] 相対的貧困理論  相対的貧困理論の考え方  相対的剝奪概念から定義づけられる貧困  ベヴァリッジ体制の成熟とタウンゼントの貧困理論  タウンゼントの貧困理論  「普通の生活」と「社会参加」  タウンゼントの貧困理論と現在  「相対的剝奪」と「相対的貧困」に関する補足説明[第4章] 社会的排除理論  社会的排除とは  EUの社会政策と「社会的排除/社会的包摂」  「社会的排除」概念が一般化した社会背景  「自由」と「自己決定型社会参加」  「自己決定」を可能にする「自由」  「自由」の実質的広がりを規定する三つの要素  自由獲得の歴史  自由拡大の担い手  「権利の擁護」と「権利の保障」[第5章] 「自由の欠如」と現代日本の貧困問題  本章の目的  自由の平等と幸福  貧困と差別、および貧困者への差別  権利の有用性および有効性と自己決定の限界性に関する検討  「子どもの貧困」問題  「経済的投資アプローチ」と「Well-beingアプローチ」  普遍主義と脱商品化  社会的包摂と社会参加[第6章] 階層論的貧困理論と階級論的貧困理論  「あってはならない生活状態」再考  階級論的(資本‐賃労働関係)視点の必要性  失業者対策と相対的過剰人口対策  日本の労働者階級と階級意識の喪失という問題  無所有に対する抵抗あとがき引用文献一覧前書きなど あらかじめことわっておきたいが、本書は貧困問題の現状を告発する類の書ではない。本書は「貧困をどのように理解するか」「貧困とは何か」に関する整理、この一点に集中する。 貧困を論じることと、貧困問題を論じることは異なる。貧困を論じるというのは、「貧困とは何か」および貧困対策の理論的核となる原理について論じるということであり、貧困問題を論じるというのは、現象した貧困を論じるということである。両者を区別せずひとまとめにして「貧困論」とすることもあるが、あえて前者に焦点化したものを私は「貧困理論」と呼ぶことにしたい。 貧困を議論する際に難しいのは、大抵の場合、「あってはならない生活状態」に関する理解が個々人で異なっているということである。これが原因の一つとなって、貧困対策や政策に対し、あるいは貧困状態を余儀なくされている者に対し、バッシングや擁護が生じたりする。「あってはならない生活状態」の水準をめぐる理解は、常に〈論争的〉なのである。 では、そのような〈論争的〉である諸個人の貧困観に対して、本書はどのような立場をとるのか。 本書では、「貧困理論」をめぐる学説史を整理し、さらにこれを批判的に検討していくという立場をとる。私個人の貧困観を開示するのではないということは強調しておきたい。貧困理論をめぐる学説史とは、貧困(=あってはならない生活状態)に関する社会規範を直接的に、ときには間接的に記述したものである。(「まえがき」より)装 丁  川添英昭組 版  江尻智行(tomprize)印 刷 中央精版印刷株式会社著者プロフィール志賀信夫県立広島大学保健福祉学部准教授一橋大学大学院社会学研究科博士後期課程修了、博士(社会学)。NPO法人結い理事。日向市子ども未来応援会議副会長(宮崎県日向市による子どもの貧困対策会議)。主な著書に、『貧困理論の再検討―相対的貧困から社会的排除へ』(単著、法律文化社、2016年)、『地方都市から子どもの貧困をなくす』(畠中亨・志賀信夫共編、旬報社、2016年)、『ベーシックインカムを問いなおす―その可能性と現実』(佐々木隆治・志賀信夫共編、法律文化社、2019年)、『どうする日本の福祉政策』(埋橋孝文編著、担当相:第5章「貧困―反貧困の貧困理解」、ミネルヴァ書房、2020年)、『福祉再考―実践・政策・運動の現状と可能性』(田中聡子・志賀信夫共編、旬報社、2020年)などがある。【正誤情報】初版に以下の誤りがございました。読者の皆様にお詫びして訂正いたします。●内 容誤 「モナド化」正 「アトム化」●該当箇所(4ヶ所)・195頁15行目~196頁1行目・196頁4行目(2ヶ所)・196頁5行目
    ¥2,200
    堀之内出版ウェブストア
  • もっとみる

チャン・ガンミョン『鳥は飛ぶのが楽しいか』「訳者解説」無料公開中です!

訳者解説吉良 佳奈江  この本は闘いの書であり、また同時に希望の書でもある。  著者のチャン・ガンミョン(張康明/장강명)は1975年ソウル生まれ。東亜日報の記者を1…

第34回文学フリマ東京出店&オンラインセールのお知らせ

5月29日(日)に開催の文学フリマ東京に、堀之内出版が出店します! 日時:2022年5月29日(日)12:00~17:00 場所:東京流通センター第一展示場 堀之内出版のブースは「…

【志賀信夫『貧困理論入門』】「まえがき」を試し読みできます!

まえがき志賀信夫 現代の日本に住んでいるならば、ほとんどの人が「貧困」ということばを耳にしたことがあるだろう。そして、本書を手に取っている人ならば、現代の日本で…

刊行予告『なぜ基地と貧困は沖縄に集中するのか?――本土優先、沖縄劣後の構造』安里長従・志賀信夫

刊行予告なぜ基地と貧困は沖縄に集中するのか? ―本土優先、沖縄劣後の構造― 安里長従 志賀信夫 2022年7月刊行予定/予価2,200円(税込) 【沖縄の基地と貧困問題の本…

【終了】イベント「ジェネレーション・レフト宣言――資本主義と闘う私たちの社会運動」を開催します!

いま世界では、若者たちが資本主義に代わるより公正なシステムを求めて動き出しています。「ジェネレーション・レフト」と呼ばれる彼ら彼女らは、新たな政治勢力として大き…

堀之内出版メルマガ vol.083

堀之内出版メルマガ vol.083 2022/2/23 (毎月第4水曜発行) 新しいお知らせ◆【増刷決定】 『ジェネレーション・レフト』の増刷が決定しました。大好評につき発売後約…