氏家 法雄 ujike.norio

「哲学は常にあなたの暮らしの真正面から始まります」ーー。 戦う哲学者、神学者、書評子、大学教員を経てNPO法人あおぞら理事(多度津町)。無教会主義の吉野作造研究者。考えることと暮らしの新しい接続を試みた『暮らしを哲学する』明日香出版社を刊行。地域再生と福祉の接続を提案中。

氏家 法雄 ujike.norio

「哲学は常にあなたの暮らしの真正面から始まります」ーー。 戦う哲学者、神学者、書評子、大学教員を経てNPO法人あおぞら理事(多度津町)。無教会主義の吉野作造研究者。考えることと暮らしの新しい接続を試みた『暮らしを哲学する』明日香出版社を刊行。地域再生と福祉の接続を提案中。

    マガジン

    • 多度津にいったい何があるというんですか?

      氏家法雄の地域再生の記録。香川県仲多度郡多度津町、芸術喫茶清水温泉、お惣菜処てつや周辺から地域の未来を考える試み。しかし、多度津にいったい何があるというんですか

    • あんときのフィルムカメラ

      最近、趣味のフイルムカメラでの撮影を再開しました。現像代が思った以上に高額なことに驚いていますが、少し古いフィルムカメラを使って、景色を切り取り、時間を残していきたいと思います。

    • あんときのデジカメ

      少し古いデジタルカメラを使って、景色を切り取り、時間を残していきたいと思います。毎週木曜日か水曜日に更新しています。

    • B面のウジケさん

      『朝日新聞』の投書欄や折々のことばに「気づいた」ことに「ツッコミ」をいれていきます。学びや気づきのきっかけを目指します。

    最近の記事

    • 固定された記事

    暮らしと学問 1 学問というよろこび

    (はじめに)20年以上にわたって学問をやってきましたので、読書は熱心ですし、文献を読み込み、それを精査して論文書いたりしています。すると「そんなに本を読んでばっかりで楽しいの?」と聞かれますが、まあ、「楽しい」ですよね。読書したり、幅広く言えば勉強したりすることの一体、何が「楽しい」のでしょうか? そのひとつを紹介したいと思います。 どうでもいいことを「知る」こと  国語辞典編纂者の飯間浩明さんのコラム「街のB級言葉図鑑」(『朝日新聞』土曜版be連載)が面白く、週に1度の

      • 多度津町議会選挙関連 書評:小松理虔『地方を生きる』ちくまプリマー新書、2021年。

        いわき市でローカルアクティビストとして活動している小松理虔『地方を生きる』ちくまプリマー新書を読み終えました。 地方で生きること、あるいは地方で生き残るためには何が必要なのか、その魅力と大変さを縦横に語る本書は、地方というキーワードを超えて幅広く手にとってほしい一冊です。 本書の中で、小松さんは「魅力と課題は同時に発見されるもの」だから面白がろうと勧めます。 確かに地方には、都会には面白さやその土地土地の魅力があります。またその一方で風通しの悪さといった負荷も歴然として

        • 多度津町議会選挙関連 書評:中島岳志『自分ごとの政治学』NHK出版、2021年。

          NHK出版の「学びのきほん」シリーズは、第一線の識者がそれぞれの分野をわかりやすく解説した入門書で、時々手に取り、自分自身の凝り固まった考え方をリフレッシュしたり、新しい知見を手に入れたりすることができたりもしますので、大いに活用しています。 若い方にぜひ、手にとってほしいシリーズです。 さて、こちらのブログでも書評を載せていこうと思い、執筆し始めましたが、まず第1回目は、気鋭の政治学者中島岳志さんの『自分ごとの政治学』(NHK出版)を選んでみました。  本書は、私達の生活

          • 多度津町議会選挙関連:立場の違いで終了にならない未来へ向けた取り組みの可能性とは?

            こんにちは、氏家のりおです。 ご無沙汰しております。2023年の多度津町議会選挙に出馬することになりましたが、ご挨拶が遅れまして申し訳ございません。 所事繁多にてなかなかnoteも更新できないのですが、こちらでも日々、僕が多度津町で考えていることを紹介できればと考えています。 *なお同文章は、公式ホームページブログにも掲載しております。 ということで。 最近少しだけ考えていることを紹介したいと思います。 政治って立場になりますので、やはり考え方の衝突になることがしば

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 多度津にいったい何があるというんですか?
            氏家 法雄 ujike.norio
          • あんときのフィルムカメラ
            氏家 法雄 ujike.norio
          • あんときのデジカメ
            氏家 法雄 ujike.norio
          • B面のウジケさん
            氏家 法雄 ujike.norio

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            あんときのフィルムカメラ 佐渡友陽一『動物園を考える』東京大学出版会 + LOMO LC-A

            動物園を考える先日、佐渡友陽一さんの『動物園を考える 日本と世界の違いを超えて』(東京大学出版会、2022年)を読み終えましたが、実に痛快な一冊でした。 そもそも私たちは動物園について正確な理解をもっているのか問われれば、「動物園とは何か」について正確に答えることは難しいのではないかと僕は考えています。僕自身そうですが、断片的な記憶や理解はあるものの、それはいっぺんのイメージに過ぎず、体系的あるいは概論的には理解できていないのではないかと思います。 そうした間隙をつくのが

            あんときのフィルムカメラ 鳥原学『教養としての写真全史』筑摩書房 + TOPCON RE-2 + RE Auto-Topcor 58mm F1.8

            写真についての知識を網羅する「全史」 先日、図書館で何気なく手にした一冊が、鳥原学さんの『教養としての写真全史』(筑摩書房)です。 写真が趣味ですから、写真についてはある程度の理解はあるものとは認識していたのですが、本書を紐解くと、実に、写真について自分自身は丁寧に理解していなかったことを発見しまして、ちょっと驚いたりしています。 この本は、これから写真について学ぼうと思っている大学生や専門学校の学生を対象にした講義録がもとになったものといい、たしかに精巧に構成されてい

            あんときのフィルムカメラ 井上理津子『絶滅危惧個人商店』筑摩書房 + Nicca 3-F + NIKKOR-H・C 5cm F2

            久しぶりにいい本に出会った仕事柄、書物にはよく親しむ方ですが、「ひさしぶりにいい本に出会った」! それが、井上理津子さんの『絶滅危惧個人商店』(筑摩書房)。 量販店やコンビニの拡大に圧されて、いつの間にか個人商店が次々と消えていったのがこの数十年の動向で、そんな光景に寂しさを抱いた著者が「個人商店が『絶滅の危機に瀕している』という思いに駆られたこと」をきっかけに本書の企画が始まったといいます。 東京を中心に「営業歴が長そうで、なんだか味があり、街に溶け込んでいると推察す

            あんときのフィルムカメラ 吉田類『酒場詩人の流儀』中公新書 + ライカR4+Summicron R 50mm f2.0

            酒徒の遊行生酒酌む切子グラスに架かる虹=吉田類『酒場詩人の流儀』中公新書。山歩きと放浪、酒場での酒徒の遊幸、そしてその情景を伝える俳句。「純米酒の入ったグラスの向こうには、澄んだ青の天界が広がっていた」ーー。ページを捲る度に旅に出、酒を飲みたくなる、庶民の豊かさ讃える「恐ろしい本」。 先日、「酒場詩人」吉田類(1949年-)さんの紀行エッセイ『酒場詩人』(中公新書、2014年)を読み終えました。吉田さんの活躍についてはテレビで少々触れていたのですが、著書に親しむのは初めての

            あんときのフィルムカメラ 原武史『最終列車』講談社 + MINOX35GT

            最終列車コロナ禍は鉄道という交通手段の本質をあぶり出した!=帯。2022年、最初に手にする一冊は、鉄学者・原武史さんの『最終列車』講談社。原さんの著作は常に親しんでいますが、最新作に今から楽しみです。 1月3日から読み始めた、原武史先生の『最終列車』(講談社、2021年)ですが、鉄道を切り口としながら、日本社会の来し方と今後をあぶり出す非常に秀逸な快著です。 2022年1月28日付書評紙『週刊読書人』に原先生のこの著作の書評を僕が寄せていますので、ぜひ、お読みいただければ

            あんときのフィルムカメラ ウィトゲンシュタイン、最初の一歩 Canon Eos Kiss 初代 + EF28-105mm F3.5-5.6 IV USM

            ウィトゲンシュタイン、はじめの一歩言い方はよくないのだけれども、本屋や図書館で期待せずに手にした一冊が、実は、震えるほど面白い本だったことってありますよね。そういう逸書を僕は、 あたりの本 と呼んでいますが、先日読み終えた中村昇さんの『ウィトゲンシュタイン、最初の一歩』(亜紀書房)は、久しぶりの僕にとっての「あたりの本」となりました。 ただ思い返せば、だいぶ前に読んだ、そしてそれを面白く読んだ『落語 哲学』(亜紀書房)の著者と同一人物でしたから(ウィトゲンシュタイン本を

            あんときのフィルムカメラ 旅立つには最高の日 FUJIFILM FUJICA GER

            旅立つには最高の日 先日、作家・翻訳家の田中真知さんの新刊『旅立つには最高の日』を読み終えました。同書は、1990年代にエジプトに暮らし、現在に至るまで世界各地を旅してきた著者が、たいせつなものとの出会いと別れを描いたエッセイ集、紀行文となります。  過日、僕は、次のようツイートしましたが、 田中真知『旅立つには最高の日』三省堂。あらゆるものからの旅立ちを促す優れた紀行集。エジプトのコプト教会修道院から認知症病棟の「光の庭」まで。様々な「別れ」がこれほどまでに愛おしく美し

            あんときのフィルムカメラ わーきゃー言いながら追いかけ合う頃 に出会った OLYMPUS OM1-MD + G.ZUIKO 28mm f3.5

            つながり続けるこども食堂 こども食堂は「聞いたことはあるが、行ったことのない場所」だ。イメージだけで語るしかない。そして報道は、こども食堂が「食べれない子」のためにある場所のように伝えてきた。福祉っぽい場所だというイメージが張り付いてしまうのも無理はない。  しかし岡田さん(引用者補足…サッカー日本代表元監督の岡田武史さん)がそうだったように、行ってみると印象は一変する。 (出典)湯浅誠『つながり続けるこども食堂』中央公論新社、2021年、52頁。 「こども食堂」の普及・支

            あんときのフィルムカメラ 20年ぶりのはじめてのハーフサイズカメラ BELOMO Agat 18K INDUSTAR-104 28mm F/2.8

            はじめてのハーフカメラの「思い出」  思い出してみますと、はじめて使用したハーフサイズカメラは、ベラルーシ共和国(旧ソビエト)のBELOMO製のオールプラスチックのハーフサイズカメラAGAT18Kで、その次に使用したのが、アメリカのマーキュリーIIだったと思います。  それは2001年の冬のことで、当時は中野坂上に住んでい、中野~新宿界隈を撮影した記憶があります。ハーフサイズですから、例えば、36枚撮りのフィルムを入れると、倍の72枚撮影できるということで、デジカメ黎明期の

            あんときのフィルムカメラ 1990年代の一眼レフの記憶をたどりながら CONTAX RTS + Carl Zeiss Tessar T* 45mm F2.8

            哲学とは何か臨床哲学者の鷲田清一さんは、フランスの思想家モーリス・メルロ=ポンティの言葉を引用しつつ、哲学とは、「人生の《初期設定》、あるいは社会生活の《フォーマット》を改めて問い直すこと」といいます。 つまり、私たち自身が改めて考えてみたり、再び点検しようとしない「あたりまえ」のことを疑うことから哲学は始まるとの指摘です。 しかし、「あたりまえ」のことを疑うというのは、勇気のいるものです。 なにしろ「それまであたりまえの前提であったことが崩れる、不明になる」ということ

            あんときのフィルムカメラ 報道Nikonここにあり Nikon S3 + NIKKOR-S・C 50mm F1.4

            Nikon S2 を経て Nikon S3への追想クラシックカメラ歴は、けっこう古くて、かれこれ30余年近くになります。ただ、なかなか手を出すことができなかったのが、一眼レフのカメラと日本製のレンジファインダーのカメラでしょうか。 バルナックライカタイプのniccaやleotaxあたりに関心もありましたが、程度のよいそれとのめぐり合わせが悪かったこと、そしてニコンやキャノンというのも定番すぎると考え、なかなか触手が伸びなかったのですが、 思い返せば、子どもを授かった頃、す

            あんときのフィルムカメラ 番外編:HEXANON AR 50mm F1.7でレンズ沼

            高速鉄道と私たち 高速鉄道を走らせるのは文明である。誰もがそれを便利だと思う。だからどの国も、経済がある程度成熟してくると、高速鉄道を建設する。しかし、一〇分間隔でこれを運行し、さらに一分の遅れが出てるのにも慎重になること、逆に言えば、一分の遅れで一般市民から苦情が来るのは、日本特有の「文化」である。 (出典)平田オリザ『下り坂をそろそろと下る』講談社現代新書、2016年、195頁。  人口が減少し、産業全体が縮小していくなかでは、とてもじゃあ、ありませんが「経済成長」を望