『放射線』ってなんなのだろうか?

『放射線』という単語はどうもヒトを気持ちよくさせることは少ないように思う。

放射線に関する知識に差はあれど、「『放射線』は怖い、被ばくが心配」という感覚はかなり多くの人が共有しているのではないだろうか。

「広島・長崎に投下された原子爆弾が引き起こした惨事があまりにひどく、それが現代にも伝えられているから日本人は『放射線』に対して特に恐怖心があるのではないか」ということを聞いたこともあるが、アメ

もっとみる
恐縮です!
30

放射線医学 腎疾患

腎細胞癌

成人充実性腎腫瘍の85%は腎細胞癌
大半が多血性

CT所見
単純→正常腎より低~等濃度
造影→動脈優位相で濃染
   実質~静脈相で低濃度
膨張性発育

超音波所見
等エコーが多い
大腫瘍→不均一エコー
繊維間質成分豊富・管腔形成→高エコー
管腔形成乏しい→低エコー

※経皮針生検禁忌

腎盂腫瘍

内腔突出型、壁肥厚型、腎実質浸潤型に分かれる
大半が移行上皮

CT所見
腎盂壁肥厚

もっとみる
他のジャンル記事もよければ見てください
4

「食中毒?」医師が放射線被曝を疑うべき初期症状”75年原爆”Dr.Soko 41日目/50

食中毒の様な症状 嘔吐/下痢/食欲不振 

〜8月7日の病院〜

蜂谷道彦医師は、著書である広島日記の中で、原爆が落ちた翌日の8月7日の病院内の様子をこのように記している。

「明かりひとつない病院にすし詰めになった患者の吐瀉物で一夜のうちに病院が汚されてしまった。我々の病院にいる者は病院を死守した者か、逃げ遅れて逃げ場を失った者か、これ以上逃げる力がなくなって、病院に辿り着いた者だ。‥嘔吐、下痢

もっとみる
ありがとうございます。どうか良い一日を!
3

がんの治り方

「がんの中医学養生」講座で配られた資料には「がんの治り方」という項目があった。私は癌は治らない不治の病、死の病と思っていたので、癌が治ると聞いただけでとても励まされた。

先生は、血液は3ヶ月で一巡するので、養生を始めるとまず血液から効き始めるので、養生は3ヶ月は続けることが大切だという。すると食欲が出て、顔色、手の色が良くなり、効果が見えてくるという。先生が写真を見せてくれたが、癌の状態が悪いと

もっとみる
♥️ ありがとうございます!
5

第2回web研究会無事終了

Zoomでの第2回web研究会に関して記事にします。今回も無料版なので簡単な講義(脳卒中)を15分、ディスカッション15分、残り10分ゆとりを持っておくというスケジュールで挑みました。
業務終了後、職場に残って参加したほうが良いかなと考え、6月11日(木)(18:15~)に開催してみましたが、いざ開催してみると家庭の事情(子供のお迎え等)や帰宅中など、逆に集まりが悪くなってしまいました。
web研

もっとみる
よろしければシェアお願いします。
2

ノブコの体験12/救護所3 "75年前の原爆" By Dr.SOKO 20日目/50

(ノブコは、広島の町を歩き回った。へとへとになって倒れていたところを兵隊さんに助けられ、救護所へついた。)

ノブコの焼けた靴

兵隊さんは、ノブコにちょっとそこで待つように言って、どこかに行ってしまった。ノブコはガレキの上に座って、乾パンを缶から一欠片だけ取り出してふたを閉じた。お腹がとても空いていた。そして、一欠片を口に入れ、噛まずに溶けるまで口に含んでいた。眼を閉じて乾パンの甘さを感じながら

もっとみる
ありがとうございます。どうか良い一日を!
1

『身近にあふれる「放射線」が3時間でわかる本』児玉一八【1行引用から140文字で紹介する実用書】

しっかり理解すれば恐れることはありません

2011年の福島第一原発事故で一気に恐怖の対象になった「放射線」

しかし、放射線は元々我々の身の周りを飛んでいるもの

宇宙や地面や食べ物、体内さえからも

● 放射線と放射能の違い

● 放射線を浴びるとどうなるのか

● 放射線の利用方法

このような正しい知識を知れば、放射線恐れるに足らず

【合わせて読みたい!】

今後の紹介していく本の購入資

もっとみる
ありがとうございます!フォローもお気軽にお願いします。
8

③爆風,原爆の3エネルギー"75年前の原爆"医師の目から。8日目/50 Dr.SOKO

〜爆風〜

その衝撃波は、一瞬で家屋をつぶしました。
熱線の影響は、3秒ほどでおさまりましたが、その瞬間、瞬時に家々がぐしゃっと倒壊しました。

爆心地ではほぼ真上から、少し爆心地から離れると斜め上から衝撃が来ました。衝撃波、つまり爆風です。

爆風は3秒で1.5キロメートル、10.1秒後には4キロメートルに到達し、家々は倒壊、人々は下敷きになりました。爆心地から3.7キロメートル離れた広島地方気

もっとみる
ありがとうございます。どうか良い一日を!
4

原爆の3つのエネルギー  ②熱線 "75年前の原爆"医師の目から。7日目/50 Dr.SOKO

〜熱線〜

熱線は人を焼きました。原子爆弾ならではの悲惨な威力です。
原子爆弾が爆発する瞬間の火球の中心温度は摂氏250万度を超えます。衝撃波が周囲の空気にぶつかると青白く光った火球として見え、0.2秒後には火球の表面は6000度、直径は310メートルになりました。2秒後には熱線全体の90%が放出されており、多くの人が深い火傷を負いました。この時点で放射線であるガンマ線が大量に放出され大気に反応す

もっとみる
ありがとうございます。どうか良い一日を!
3

原爆の3エネルギー①放射線"75年前の原爆"医師の目から。6日目/50 Dr.SOKO

原爆の特徴である3つのエネルギーが、瞬時に街を突き抜けました。最も早く人々に届いたエネルギー、それが放射線です。

爆弾炸裂よりも早く、地面に到達した放射線

この中でいちばん最初に人体に到達したエネルギーは、100万分の1秒の速さという想像を超えた速度で人々の体を通り抜けました。放射線は、原爆や核兵器に特有なエネルギーです。

放射線の速度がはやい為、起爆された原子爆弾の殻が、炸裂せずにその殻の

もっとみる
ありがとうございます。どうか良い一日を!
7