幸せな人生の順番「健康→つながり→お金」|【読書日記】精神科医が見つけた 3つの幸福…

突然ですが、あなたは幸せになりたいですか? どうも、 安全・安心と絆でつながるキャリアコンサルタントのタルイです。 週一でnote更新してます。 幸せになりたい。 もちろんそうですよね。 これは愚問です。 しかし あなたにとって幸せとは何でしょう? どんな状態になったら幸せと言えますか…

包みあう幸福論

自分と少しでも似たところがある人物と出会う。 自分の強みが発揮できる機会に巡りあう。 これらを幸福と名付けるのなら 人が幸福に出会う確率は63%もある!(確率論による) 人生捨てたものじゃない。大切なことは粘ることだ。 このチャンスをモノにするには二つのやり方がある。 力で打ち負か…

幸福と快楽の違い

はいどうも 本日の15分間ライティングのテーマは幸せです。 あなたは今幸せですか? 幸せな人もそうじゃない人も、今回のお話は幸福に対する認識を改めていくきっかけになると思うので、よければ最後まで読んでいってもらえればと思います。 まず多くの人が幸福を求めているのに、その正体というか…

四畳半にボクの全てがある。 四畳半神話大系ならぬ、 四畳半幸福論を書いた。 ボクは心に穴が空いており、 モノ依存症だった。 あることをキッカケに 生活がシンプルになり、 徐々に満たされていった。 そんな記事ですmm https://note.com/shinya_compass/n/nf823d3b600b4

「子供がいる」ことは本当に女性を幸せにしないのか

少し前の記事だけれど(この投稿、結構いい感じに熟成されてしまった)、研究の結果「子どもがいると女性の幸福度が下がる」ということがわかったんだそう。「子どもの数が増えるほど下がる」とも。 でも「子どものいないまま50代を迎えた身」としては「本当にそうだろうか?」と思う。 誰もができて…

格差の広がる世界でどう生きていくのがよいのか?

こういったテーマの本や、資本主義、幸福とは?といった本は好きでよく読みます。僕自身は比較的恵まれた環境で、今のところはお金の不安も少なく(めちゃ勉強と実践しました)、こういったことを考える余裕があるのですが、考えれば考えるほど、大きい主流の流れからは外れた傍流のほうでやっていきた…

人生達人のことば 11

幸福論を進めるにあたって、ラッセルは「外的不幸の極端な原因に苦しんでいない人々」にその議論を限定します。対象となるのは「食と住まいを確保できる十分な収入と、通常の身体活動を可能にする十分な健康」を享受する人々です。 そしてラッセルは「自分の子供をすべて失ったり、あるいは社会的不名…

シアワセとは何だ。

お金に困らない生活なのか。 貧乏だけど家族仲良く笑顔でいられる生活なのか。 好きな人に愛される人生なのか。 最愛の人と共にいられる人生なのか。 ただ結ばれなくともいいから「好き」と思われたいのか。 愛されなくとも、愛する人と共にいればいいのか。 友達さえいればいい人生なのか。 独…

【ときめき純度を高める】

心地よい選択→行動 生きてる時間は限られてるから 決めたら即実行 そしたら何かしらの結果が生まれる それも全てが人生よくなるために必要な結果 悩んでる時間がもったいない だって生きてる間に たくさんの幸せを味わいたいもの いらなくなったものを感謝して手放し 今この瞬間必要なものを受け取…

「動物と機械から離れて」読書メモ

結構前に読んだ本で、メモだけしていたので、そのメモです。 金儲けを目的として必死に働く人たちのお陰で、私たちはみな経済的に裕福になるかもしれない。だが、経済的な必要から自由になったとき、豊かさを楽しむことができるのは、生活を楽しむ術を維持し洗練させて、完璧に近づけていく人、そして…