旅の前のなだ万。梅餡の粥の和朝食

日曜日の朝。今日の午後から出張。月曜の朝早くからの仕事に備えて、事前に移動することにした。
まず「なだ万」で朝。

帝国ホテルの地下一階にあるアーケードの中の一軒。新館と本館の地下をつなぐ通路の先にあり、この通路が地下アーケードの中でも一番きらびやか。
まばゆいほどのシャンデリアにいざなわれた先にシックな数寄屋造りの店がある…、というのも特別。
店に入ると週末の朝ということもあってでしょうか…、お

もっとみる

2019クリスマスその9 〜帝国ホテルとペニンシュラ

この季節、用もないのにホテルをうろうろしている。

帝国ホテルのツリーは、高さ6メートルのもみの木。

来年開業130周年を迎えるにあたって、
幸せが詰まったインペリアルブルーの袋が
130個飾られているそうだ。

数えないよ。

正面ロビーのドーム型のお花も人気で、
一緒に撮影する人が後をたたない。

隙を見てパチリ。

お花も美しいが、同じ赤ならこっちが好きかもしれない。

パークサイドダイナ

もっとみる
ありがとうございます!!!
13

『シンデレラの育て方』本物のシンデレラはホテルマンに育ててもらうのが正解❣️

シンデレラの育て方

娘をシンデレラにしようと思ったきっかけは食事のマナーでした✨

これもやはり、田舎で育った私が苦労した経験からきています

『マナー教本』だったかな⁉️

本を一冊買ってきて、ナイフとフォークの使う順序や食事のお作法を一人でずっと狭いアパートの部屋で暗記していたのですが

いざその場になると、お店の内装やスタッフの方の立ち居振る舞いに飲まれて

何が何だか分からなくなってしま

もっとみる
感謝です^ - ^
49

ありがとうの会、そして梯子酒

金曜日の午後、帝国ホテルに行った。亡くなられたホッピービバレッジの石渡光一会長を送る「ありがとうの会」。ホッピー社の大イベントは、いつもここ帝国ホテル。受付でいただいたのは「HOPPY MAGAZINE」の特別号。「HOPPY MAGAZINE」って何となく三代目の象徴のように感じるので、これで見送ろうという気持ちと企画にまずは感激。表紙は光一会長の笑顔。僕は、この笑顔と、とても軽くて味のある光一

もっとみる

帝国ホテル客室のタッチパネル

120年以上続く迎賓館
帝国ホテル
つい最近仕事で初めて客室に足を運んでみた。
スイートルームでスタンダードよりは
上のランクのお部屋は想像より
インテリアなど色々と落ち着いた雰囲気で
少し年季も感じられるデザインでした👍🏻

その中でもデジタルなタッチパネルが目を引いた。

カーテンやエアコン、画面消灯など
シンプルなアイコン色使いで
デジタルなアイテムといったらこれくらいで
どこかアナログ

もっとみる
いただきました♡!
14

ランデブーラウンジ

ホテルのロビーでどこが好きですか?
そう聞かれたら、迷うことなく帝国ホテルのメインロビーの「ランデブーラウンジ」ですと答える。

必要とする皆のためにある「パブリックスペースとしてのロビー」がこれほど豊かで充実しているホテルは少なくなっちゃった。
宿泊客がゲストをもてなすにもいい空間。
一人でのんびりするもよし、待ち合わせの場所に指定して、出会った後の時間をどう過ごそうかと、コーヒーを飲みながら考

もっとみる

日本の朝の日本の料理、とびきりの朝のとびきりの料理

有楽町からはじまる一日。とびきりの和朝食がボクを呼ぶ。
帝国ホテルの地下アーケードのなだ万にくる。

有楽町駅から一番近いホテル本館の入り口を入ると右手にパークサイドダイナー。向かい側の階段を降りると続く一直線の長い廊下の先にお店の看板。シャンデリアがキラキラ眩く、目を覚まさせる。

和装の女性のキリッとしながらどこかけだるく見える優雅に、ウットリしながら朝のお膳をのんびりと待つ。

ここではいつ

もっとみる