秀秋協奏曲

 誰かが肩を叩いたので、高校生早川秀秋はハッと目覚めてあたりを見渡した。しかし目の前はいつもの見慣れた教室ではなく、どこかの野原であり、さらに周りを見渡してそのあまりに異常な光景に呆然としたのだった。彼の目の前には歴史の授業でしか見たことのない鎧姿の侍がずらりと並んでいた。侍たちは一様に真剣そものの眼差しで彼を見ている。秀秋はふと何か体中が締め付けられているような気がしたので俯いて自分の体を見てみ

もっとみる
愛…いただきました
9

威信をかけた陣取り合戦

 アメリカ大統領選挙を見るのが好きだ。正確に言えば大統領選挙の開票速報が好きなのだ。共和党や民主党、どちらの主張が正しいか。どちらがより国を発展させるのか。そこには着目をしていない。この州が優勢だ。この州を制したものが有利な状況に立つ。そんなワクワクワードがリアルタイムで目まぐるしく変わるところが、大好きだ。

 アメリカ全州を俯瞰し、優勢なところからじわじわと色がついていくところはずっと見ていて

もっとみる

昔も今も

「あそこは幽霊が出ますよ‼️」

山羊ミルクのアイスクリーム屋「メーメー  関ヶ原牧場店」の店員は真顔で教えてくれた。

沢尻エリカ似の客は「別に。心配していないわ」と短く答えるとアイスを受け取り。寒いテラス席でアイスを食べ始めた。それは秋が過ぎ去り、真冬の寒い日の事だった。

沢尻エリカ似の女の名前は吉永あすか。グレーのビジネススーツにヒールの低いパンプスを履いた観光目的にしては不思議な格好をし

もっとみる
アナタのスキがワタシのサプリメント!
2

歴史・人物伝~関ケ原編⑱合戦の勝敗を決めた小早川秀秋の寝返り

歴史・人物伝~関ケ原編の第18回です。

関ケ原の合戦は東軍西軍ともに相譲らず、数時間にわたって激しい戦いが繰り広げられています。その様子を松尾山から見ていたのが、西軍で1万5千の軍勢を率いていた小早川秀秋でした。

小早川家は、毛利元就の三男隆景が後を継いで毛利一族となりましたが、秀秋は毛利家の血筋ではありません。豊臣秀吉の妻・高台院の兄の子として生まれ、幼少時には秀吉の後継者候補にもなった人物

もっとみる
ご覧いただき、かたじけなく存じます
2

歴史・人物伝~関ケ原編⑰父譲りの調略で貢献した黒田長政

歴史・人物伝~関ケ原編の第17回です。

西軍の総大将だった毛利輝元は、毛利一族を一枚岩で束ねることができず、一族の重鎮・吉川広家の東軍内応という結果を招きました。その広家をはじめ、西軍諸侯の調略に奔走したのが黒田長政です。

長政の父親は、秀吉の軍師として知られる黒田官兵衛(如水)です。本能寺の変直後の中国大返しをはじめ、九州の平定、北条氏の小田原城開城など、秀吉の天下統一を軍略や調略で支えてき

もっとみる
ご覧いただき、かたじけなく存じます
3

歴史・人物伝~関ケ原編⑫「三成との友情に殉じた」大谷吉継

歴史・人物伝~関ケ原編の第12回です。

西軍を束ねた石田三成が、一番最初に徳川家康打倒を打ち明けた大名が大谷吉継だとされています。三成が佐和山(彦根)、吉継が敦賀という「領地を接する間柄だから」というだけではありません。

吉継と三成、真田親子の関係

吉継は、信長の重臣だった頃の秀吉に近習として仕え始め、秀吉が天下統一を果たしてからは、奉行衆として豊臣政権を支える役目を担ってきました。つまり、

もっとみる
ご覧いただき、かたじけなく存じます
9

歴史・人物伝~関ケ原編⑤大軍勢を相手に壮絶に戦った鳥居元忠

歴史・人物伝~関ケ原編の第5回です。

「内府ちがひの条々」により、徳川家康に宣戦布告をした石田三成は、西軍の総大将となる毛利輝元が大坂城入りしたことを受け、ただちに軍事行動を起こします。東へ向かって軍勢を進めるのです。

行く手に待ち受けるのは、家康の居城となっていた伏見城です。家康が大軍を率いて出陣したのち、この城は鳥居元忠ら少数の徳川家臣団が守っていました。ここに西軍は攻撃を仕掛けたのです。

もっとみる
ご覧いただき、かたじけなく存じます

依存症のこと【薬物】【アルコール】山口達也事件

アルコール依存症絡みの事件が多くなっていますね。

アルコール摂取をした山口達也本人を叩く論調が多いことに、非常に驚いています。アルコール依存症は病気の一つであって、自分で飲まないと決めて飲まなくなるほど簡単なことではありません。

現代では、コンビニエンスストアやスーパーでアルコールを容易に購入できるようになり、またアルコール度数の高い飲料が増え、1回あたりのアルコール摂取量も増えています。

もっとみる
「スキ」ありがとうございます。深く感謝いたします。
1

裏切りの末路

日本と世界の歴史、特に政治権力や宗教の主導権の抗争の歴史には、しばしば重大な背信、裏切りが事件として生じています。日本の歴史では、明智光秀が織田信長に対して謀反を起こした本能寺の変(1582)や、関ヶ原の戦い(1600)の最中、最重要局面での小早川秀秋の離反などは、悪名の高い裏切りとして語り継がれています。15世紀末~16世紀末、戦国時代の日本は安定した社会からはほど遠く、下克上がいたるところで起

もっとみる
ロンブローゾ! ありがとうございます。
13

PCエンジン

生まれて初めてプレイしたゲームは、PCエンジンの「桃太郎伝説」と「関ヶ原」というゲームだった。

これが原因で歴史が好きになり、高校入試の社会科で85点をとった。

おかげで高校に入学できた。

まさにゲーム様々。

ちなみに英語は、0点の学力(笑)

ウッヒョー。ありがとうございます!
4