孤児院

【インドネシアにはなぜ孤児が多いのか】

皆さん、こんにちは!孤児院ダンサーこうすけです! 僕は、世界76ヵ国・1万人以上の子どもたちと踊ってきました! ということで、最近はずっと世界の旅の話ばっかりしてたので、 今回は久しぶりに、僕の活動について話します! 僕の活動は、 世界中の子どもたちとダンスを通して繋がる楽しさや今を…

活動紹介その③~教育支援 孤児院JUMP&SMILE~

今回はACEFが運営するエイズ孤児院「JUMP&SMILE」についてご紹介します。 「JUMP&SMILE」は2013年1月にマキマという地域で、3歳から11歳の男女15人、計30名のメンバーでスタートしました! ↑来たばかりの頃。年上の子が小さい子の手をひいて仲良く通学。ピクミンみたいな帽子が可愛い♡ 孤児院を始…

命と向き合えなかった

貧困や飢餓は日本のような先進国の人間が引き起こしていることなんだ。 僕達、いや僕の行動が原因なら、自分の行動を変えるしかない。 実際に現地をみてみたいと思って2020年2月にバングラデシュに渡航しました。 スラム、孤児院、学校を見学して「彼らに何かできることはないか?」っと模索していま…

ソフィへの手紙

この記事を読んだ私の親友が、私に手紙を書いてきた。 友達というのは、この人だ。 ソフィ。 とても心を打つ手紙だったので、本人の許可を得てnoteに掲載させていただくことにした。 そして今回のnoteは、このソフィの手紙に対する、私の返事だ。 やっと手紙を完成させることができた。 上記のno…

300

ソフィからの手紙

この記事を読んだ私の親友が、私に手紙を書いてきた。 友達というのは、この人だ。 ソフィ。 とても心を打つ手紙だったので、本人の許可を得てnoteに掲載させていただくことにした。(※「限定公開の有料記事?一体誰がそんなもの読むんだ??」と、彼女は心底不思議がっていた) 今回のnoteは限りな…

300

あの日、かけられた言葉を忘れない。

カンボジアでの活動を行なって約6年が経つ。 最初は知人の紹介で、孤児院への訪問を行なった。 「どんな子供達がいるのだろう。」 そんな不安で頭がいっぱいだった。 「両親のいない子供達、捨てられてしまった子供達がいる施設。きっとみんな怖い顔しているんじゃないか。」 僕の中での孤児院とい…

私が見たい景色

私が将来していきたいこと、その先に見たい景色、背景について簡潔にまとめてみました。 私は、タイの孤児院や移民の子ども達の不安定就労問題をソーシャルビジネスをとおして解決していきたいです。 私は中学生のときに、NPO法人ジャパンハート創設者である吉岡秀人さんの「飛べない鳥たちへ」を読…

【映画】 レベル16 服従の少女たち

『レベル16 服従の少女たち』 (原題:Level 16、2018年、カナダ映画、SF・サスペンス) あらすじ 16歳のヴィヴィアンとソフィーは、孤児として幼いころからとある寄宿学校で育てられてきた。少女だけのその学校では、「服従」と「清潔さ」が美徳として重んじられ、外界との接触は一切絶たれた規則…

恐るべき孤児院の施設長

孤児院には2,3~18歳くらいまでの男女が生活しているということもあり、年齢に合わせた養護職員が配置されていましたが、現在よりも人権及び教育意識が低かったこともあり、職員は粗悪、それに育てられる子供も粗悪という状況でした。 それを束ねる施設長はとても大変です。聞くところによるとかつ…

児童相談所から孤児院へ発送

子供が自動相談所に放り込まれてから、どのようなルートで孤児院(児童養護施設)へ発送されたか当時の状況はわかりませんが、私は某都道府県の東側から、同西側の施設へ放り込まれました。 その時は3~4歳くらいですが、自分だけではなく、もう一人の子も横にいました。孤児院に到着する直前に、職…