沖縄から貧困がなくならない本当の理由 感想

普段は、自己啓発やビジネス本が中心なので、他のジャンルも読もうと思い、手に取ったのが本書「沖縄から貧困がなくらない本当の理由」です。私は愛知県生まれの愛知育ちで、沖縄では「ないちゃー(沖縄県民以外の人)」と呼ばれます。 本書を読んでいくと沖縄の貧困問題について、詳細に分析された内…

督促えげつなかった記憶

10年前の話だから具体的に何がつらかったのか覚えてないけど、つらかった記憶だけ鮮明なのよな。覚えてたら気が狂ってしまうからどんどん忘れるのだ。 専門出たばっかりでバイトで食い繋いでる時に高校生の弟を養うことになって急遽地元に戻って、当たり前だけど二人分稼いでる時に、稼ぎが多いからっ…

反社に与しない経産省の姿勢

財務省の学級委員長的な考え方にNOの声を挙げる省庁が出てきたことは非常に喜ばしい。 そろそろ不毛な議論には終止符を打ちたい。 国民は普通の生活に戻りたいんだ! 我々は声を挙げ、反社会的活動をしている政府に対し、まっとうな国民生活ができる水準、そう、憲法が保障する水準を保証させようは…

【世界初】ビットコインがエルサルバドルの法定通貨に

みなさん、こんにちは 大槻亮太です。 仮想通貨(暗号資産)には少し手を出して、ビビッて放置してます。 いつの間にやら仮想通貨が世界的に取引され、重要視されています。 そしてついには「法定通貨」に。 日本では「円」、アメリカでは「ドル」、中国では「人民元」です。 中米のエルサルバド…

気付けば私も、貧困女子。(後編)

※こちらの記事は、後編になります。 前編は、下記のURLよりどうぞ。 https://note.com/kali_/n/n190d0108030c 退職してから、全く働いていなかった訳ではなく、ご縁があり、副業程度の収入で、いくつかお仕事をさせて頂いた。 それ以外の時間は、物思いに耽りながら、普段はしない間食をする時間に…

『からゆきさん』は、有名な売春婦のはなしですっ!!!!※『あめゆきさん』『ジャパゆきさ…

①からゆきさんWikipediaも参照して下さい 「一日一晩のうちに、49(人と)したよ……」。16歳の少女は、船底で汚物にまみれて海を越え、見知らぬ異国で春を売った。幕末から明治、大正にかけ、貧しさから海外に渡り、娼婦(しょうふ)として働いた女性「からゆきさん」。その一人が約60年前、その…

ひとり親の貧困問題。仕事と移住で解決するの?

ひとり親の貧困問題が叫ばれるようになりました。そんな中、 LinkedInで、人材派遣会社のパソナグループのニュースを目にしました。本社機能を淡路島に移転することに伴い、ひとり親の就労も支援しようという取り組みです。  LinkedInでいろんな意見を目にして、自分が体験していることをコメントし…

【生活の話】生活水準を下げれば意外と楽になる。

毎日投稿66日目です。 3分で読める記事を目指して書いていきます。 今日は生活水準についてのお話です。 【今の生活はどう?】 現在の生活をはどうでしょうか? 「全然お金がたまらね~。」 「その月暮らしだよ~。」 「むしろ足りなくてクレジットカード使いまくりだよ~。」 こんなことが多く…

「#268」高校でのマネーリテラシー

高校の頃、宮部みゆきさんの大ファンでした。今でも好きな作家さんです。宮部さんは何冊か、クレジットカード破産に関する作品を出しています。 若者がお金を気軽に借りたばっかりに破産していく。 当時は一応、生徒会長でイベントの企画や生徒会主催のものを作れる立場にあったので、お金の講演会を…

「#267」生活保護で楽して暮らす?

ネット番組を見ていて、こういうコメントがありまして。 生活保護で楽して過ごしてずるい。 私なりの意見としては、生活保護は最低限の援助しかないので、楽ではないです。自分の好きなものも制限されると思っています。その中で、年金や家賃、病院にかかるお金が多くて、仕事をするだけ病状が重くな…