新型コロナ時代の人間の安全保障とUHC

7月18日(水)DC開発フォーラムは「新型コロナ時代の人間の安全保障とUHC」をテーマにしたオンラインイベントを開催します。

第67回となる今回は国際協力機構(JICA)上級審議役 戸田 隆夫氏を迎え、コロナ禍、ポストコロナの世界における国際協力のあり方、特にそこにおける人間の安全保障やUHCの今日的意義について、さらに議論を深めることを目指した内容を予定している。

【スピーカー】
戸田 隆夫

もっとみる

【オンライン・ランチ会】あいせき食堂

みなさん、雑談してますか?

新型コロナウィルス感染拡大の影響で、リアル対面での会議が減っている一方、オンラインでのテーマ設定された会議が増えていますね。

以前ならば、相手先に行く途中の電車で何気ない会話をしたり、会議の前後でちょっとした話ができていましたが、雑談の機会や偶然の出会いは激減。

ひとり暮らしで在宅勤務の方は、オンライン会議がなければ1日誰とも話さず終わってしまう日も。

「孤独を

もっとみる

ウガンダレポート|久しぶりの仕事に大歓声!カフェを支える「ドーナツプロジェクト」

◆カフェが支えてきた家族の希望

PLASのカフェ事業は、HIV陽性のシングルマザーたちがカフェビジネスをスタートできるよう、初期投資や研修、カフェを開店した後のフォローアップを届けています。 まったくの未経験でカフェ事業に参加し、手探りながらも周辺の環境やお客さんの要望に併せてオリジナルのメニューを考えたり、ジュースを売ったり、カフェを切り盛りしているシングルマザーたち。

計算が苦手だったり、

もっとみる
「スキ」してくれたあなたに今日いいことがありますように!
3

国際協力の仕事

大学卒業後、大学院で国際開発を勉強しだした頃から、かれこれ17年ほどが経ちます。間に3年あまりの民間企業勤務を挟んだものの、それ以外は青年海外協力隊、NGO、そして新たに立ち上げる社会起業まで、国際協力の仕事に携わってきました。

「国際協力の仕事」は、狭いようで割と多岐にわたります。
国際協力に関わるアクターをざっと挙げると、
● 国連
● 外務省
● JICA(職員、専門家、青年海外協力隊など

もっとみる

カンボジアに行ったこどもたちが感じたこと

おはようございます!いとうです!いつも読んでくださりありがとうございます!

昨年夏、娘がラボの仲間とカンボジアを訪問。もう1年経つのかとしみじみ。

昨夜の映像配信をシェアさせていただきますね。

↓↓↓

\カンボジア🇰🇭と日本🇯🇵を繋ぐ!/
KIssoのみらい会議を開催しました!

Kisso代表、加藤大地さんとのトークライブ!
ご参加いただきましたみなさん、
ありがとうございました

もっとみる

家畜化する現代人 ~権力構造の逆転~

今の私だからこそ書ける記事になっています。
思考実験、お付き合い下さい。

家畜化する現代人 

家畜と呼ばれる動物は、基本的に自ら食料を求めて移動したりはしない。

「檻」や「舎」の中で、人間によって供与される餌を日々食べ続けるのである。

現代人も広く捉えれば、家畜と言っても相違ないのではなかろうか。

食料(糧)の生産に関わらない人間は、生産者によって供与された作物を購入を通じて手に入れる。

もっとみる
感謝・感激・雨・あられ!!
41

フェアトレードの新グッズから思うこと

どうも!
皆さまお元気ですか?

先日PR動画も公開されましたが、Afro Begueの新グッズ・フェアトレードタオルがオンラインショップにて発売になりました!

Omarの母国セネガルのコットンを100%使用したフェアトレードタオルで、「1秒タオル」で人気のHotmanとのコラボで作りました。

ハンドタオルとポケットタオル、このタオル、生地が本当にいいんですよ!
体拭いたり顔拭いたりしてるだけ

もっとみる

新型コロナ対策関連の経済社会開発計画の実施状況(7月13日時点)

新型コロナ対策関連の経済社会開発計画の実施状況をまとめました。
主に保険・医療器材の供与で、国別にE/N署名日・支援金額・供与品目・調達代理機関・入札状況をまとめています。

また、個別の無償資金協力の詳細はこちらにまとめています。

もっとみる

第24回 2/3とライス・ライフワーク

みなさん、こんにちは。
今月でサラエボ生活16ヶ月目。
任期の2/3が過ぎました。

いつも言っていますが、
時間が過ぎるのが速い←
あと1/3で帰国ですが、
正直どうなるか不明です。

帰国したら無職になりますが、
この仕事のおかげで
「こんな業界いいな~」と
思えるものが出てきました。

そっちの方向に進めればいいな~と
思いつつ、仕事をしながら
国際協力に関わればいいな~とも
思っています。

もっとみる
私もスキです…(´ω`)←
8

コロナ危機に苦しむメキシコシティとマニラの子どもたちに居場所と食事を!

世界銀行によると、コロナ禍によって世界経済は、第二次世界大戦後最悪の景気後退に直面しているといわれています。その影響が特に大きいのが新興国、途上国です。
その波はストリートチルドレンを考える会で毎年訪問しているメキシコ、フィリピンの子どもたちの生活も直撃しています。
フィリピンではマニラの路上で商売をして、何とか日々の食費を稼いでいた親たちの多くが仕事を失い、子どもの一食分の食事にも事欠く状況が起

もっとみる