今日の幸せ

新型コロナウイルスの感染者数が増えていることもあり、最近は自宅で過ごす時間が長くなっている。そんなわけで、おうち時間を快適に過ごせるよう、部屋着を買ってきた。これまでの服より良質なものを選んでみたが、かなり心地よい。ストレスフリーとはこういうことを言うのかと感動している。「もっと早く購入すればよかった」と言いかけて、ふと子どもの頃の記憶がよみがえった。

 私の家はいわゆる貧困家庭だった。小学時代

もっとみる
ありがとうございます♡
8

この本からあなたも何か感じることがあるでしょう。きっと。

石井光太「本当の貧困の話をしよう」

を読んだ。

ふーっ、と深く、長い息をして、それでもなお、身体の震えが止まらない。

昔、学生時代を終える頃、炊き出しのお手伝いをしたことを思い出した。

その頃は、社会起業家が注目されて、自分もそのような一人になりたいと思ったのだ。

グラミン銀行のユヌス氏の本も読んだり、社会起業の仕方を学んだりしたが、結局のところ何もできないまま、故郷に帰ってきた。

もっとみる
うおー。ありがとうございます!!励みになります(*^^*)
10

"仕方ない"なんてない。

私が友達に言われた言葉、"仕方ない"。

私が友達に「人として生まれてきたのに人権を得られず、夢も追えず生きることで精一杯なのは悲しいから助けたい」話した時に、友達が返した言葉は「持って生まれた環境は変えられへん事だってあるから"仕方ない。"」

私はなぜか凄く悔しかったし、涙が出そうになった。それは違うんじゃないかと思った。

 その友達はとても仲が良く、信頼できる子だからこそ、その子がこんなこ

もっとみる

「それでも幸せはここにある」 ~フィリピン・セブ島のスラムで困難な生活を強いられている人々。それでも人々はそこで暮らし、喜びも哀しみも、やっぱりそこにあります、、

今日はこの家のパパの誕生日です。

「ん?また誕生日の話?」って?

そ、そうですね😅

考えてみれば、自分はもう20年近くこの地域に関わっていて、もちろんたくさんの知り合いがいて、毎日、誰かしらが誕生日を迎え、
そして今は、ロックダウンでぜんぜん会うことができないこともあり、そういう特別な出来事があると、こんなふうに写真を送ってくれたりするのです。
それでつい何か思うことがあったり、こういう小

もっとみる
ありがとうございます。今後ともよろしくお願い致します(^^)
1

「大丈夫だよ。繋がってるから。」 ~フィリピン・セブ島のスラムにおける緊急食糧支援

先日、NGOの現地事務所前にて、周辺スラムの人々への、食糧支援を行いました。

新型コロナウィルスの感染状況が落ち着かず、未だ、世界最長のロックダウンが続くフィリピンにおいて、もう四ヵ月半に渡って、仕事もなく、疲弊した生活を送り、スラムの人々は、飢えに苦しんでいます。

ロックダウンが始まったのは3月中旬です。日本では、学校の休校要請はもう出ていましたが、まだ休業要請とかの前で、自粛もどこか緩く、

もっとみる
ありがとうございます。今後ともよろしくお願い致します(^^)
2

北の国から

学生たちの多くが、「貧困は自己責任」と思い込んでいる。大学に入り、就活をがんばれば、貧困になど落ちるわけがない。貧困に落ちるのは、つまりは怠け者だと多くの学生が考えている。学生の多くは、東京圏の恵まれた家庭のお嬢さんたちである。貧困など無縁の世界で育ってきている。努力をしようにも、それが不可能な状態に置かれた人たちへの想像力が働かない。しかし地方出身の学生は、それとは少し違う感覚をもっている。

もっとみる

事実と真実の境い目

アウトプットの仕方も慣れ始めてきた今日この頃、、

最近は書く作業を多く取り入れるようにしています。✍️

変化が見られているかと言われるとなんとも言えませんが、、、書くことにより頭が整理されているのは感じるし、何よりも気になる分野のニュースから考えるくせがついたり目標を持ったりすることで、自分の意見を大切にするようになってきてると思います。

毎日変化がない生活はときに退屈してしまうけど、目標や

もっとみる
これからもいい記事書けるよう頑張ります💪
22

教育協力「平和・人権・開発」の3つのアプローチとは?

今日は主に発展途上国に対する教育協力について書いていくことにします!

今回はネット上の情報ではなく、国際教育開発の分野で研究している早稲田大学院黒田一雄先生の『国際教育協力の再生 ―平和・人権・開発への統合的アプローチ』という短めの論文の内容をもとにお話しています。私の興味が彼の研究内容に近いこともあり、今回は黒田一雄先生の実際の論文を選びました。

黒田先生は、銀行員を経験してから留学を志しス

もっとみる
これからもいい記事書けるよう頑張ります💪
24

恋愛のコミニケーション

パートナーシップ トラウマ専門
コーチ、コンサルタント
稲垣美和です

甘え下手女性やこれからパートナーを探している
方向けの記事です

恋愛で大切に長続きさせるために何か重要だと
思いますか?

女性はこの人なら(男性)信じられる
信頼関係が1番じゃないでしょうか?

男性と違う感覚とも言えます

なぜなら、場合によって男性は好きじゃない女性と
身体の関係は(SEX)もできてしまうからです。

もっとみる
好き嬉しいです 有難うございます♪
8

貧困は貧困者だけの問題ではない

貧困は貧困者の自己責任というけれども、

そもそも人は環境でどうにでもなる。

貧富の差は紙一重、一寸先は闇

もし違ったところに生まれていたら?

とはいうものの当人達の態度を見ると余計に風当たりを強くするかもしれないが、恋している者に何言っても耳を貸さないのと同様一種の症状なのである。

と別にそんな事を話したい訳ではない

皆が貧困に対して出来る事を無理なくしようではないか

貧困は国力低下

もっとみる
ありがとうございます!
6