昨日あった嫌なこと

昨日嫌なことがあり、メンタルがブレイクしたので記事にしたいと思う。

初めに書いておくが、この記事は投稿一発目にして愚痴の記事になる。苦手な人は記事を読まないことをおすすめする。

プロフィールに理系大学生と書いてあることから想像がつくと思うが、研究室であった嫌なことである。

研究室は嫌いではない。高校生のころからの夢だったテーマの研究室に入ることができて、私はとてもうれしい。これは本当だ。

もっとみる

“おまえ”ではない

相手とどんな関係や距離感であろうと、”お前”と呼ばれるのは好きではない。

ちゃんと名前で呼んで欲しい。

調べてみたら、室町時代ごろまでは目上の人に対して、敬意をもって用いられていたらしい。

何がきっかけなのかはわからないけど、
時代の流れと共に同等や目下の人に対して使われるようになった。

響きが好きではないし、名前を知っているのだから、名前で呼んで欲しい。

おまえではない。

ありがとうございます。励みになります。
2

嫌な出来事も懐かしいと思えたらこっちの勝ち

嬉しい出来事や悲しい出来事、恥ずかしい出来事など、生きていると色々な出来事を経験していきますよね。
 嬉しい出来事がどんどん心に残っていくのは良いけど、苦しいことや悲しいことなど、マイナスな出来事はどうでしょうか。

 貴方には何年経っても忘れられないマイナスな出来事はありますか?

 自分は普通にあります。思い返すとしんどくなるくらい沢山あります…(笑)
 完璧な人間ではないので沢山失敗もしてき

もっとみる

嫌な事が立て続けに起きて、家に帰って来てから何もやっていない😢

やはり、材料を揃えてんだし、白無地の服を染める、冷める服、とか言ってなんか作るのいいかも、なんだかんだで、材料は集めてる段階で、心の準備をして居る、私、意外に根性があるのよ、と感じるよね〜、

常識を遥かに超えて募る想い。

沖縄のフェアにはもう出る意味が無いから出無いけれど、良い出会いは10人に一人ぐらい、作家同士も近いし、客も身内が多いので、作家の性格や財産金銭事情噂話、こういう深入りが購買意欲を削ぐんだと思う、と、毎日思うので、モノ作る意欲自体がなくなるんだよね、

愛情の裏返しって言うけれど、裏返さない方がわかり易い場合もあります。

もの作ってフェアに出て、という期間があったけれど、売れることは売れるが、そんなに売り上げないけれど、周りは焦らせ、先輩後輩ごっこに付き合わされ、お客さんが定価で買うのにっていう側で値切り買い叩きを強要する金城広次とかとよく付き合えたねと思う、、、縁切りしなかったら自殺してたと思う

どうもありがとうございます。

やっぱ、大々的な個展すべきだなと感じる、けれど、売り場には立てないであろう、、、もう売り場に立つ自信無い、

大切な事は焦らない事。

柿渋というけれど、柿渋やるに凄い憎しみの経験があるからあまりだが、私の場合他の人がアレやってるからアレやりなさいというのではなく、アレはアレこれはこれ、そしてアレとコレ、、、まぁ別枠に思ってた自体で、強迫観念かも、一人の人がやってんだから、注意散漫でも無いと思う、

アクセス伸ばしたくて好きやる人は嫌い。

私がもうちょっと行け行けドンドンなタイプだったら、クラブとかで夜は女装昼は縫製とかして居るはず、何故柿渋とかやりだしたのか、紆余曲折あるが、謎に思える、渋いラインでも私の場合は今個展してる作家たちとは別物しか出来ない、嫌いでも無いし、好きでも無い、自分で持ったが似合わない、柿渋、

愛情の裏返しって言うけれど、裏返さない方がわかり易い場合もあります。