サラリーマン番長2狙い目!アップデート。

サラリーマン番長2 4/20導入 

5/29
狙い目アップデート

A天井
799+α
200.400.600

B天井
561+α
100.300.500

天国99

BB.AT終了後のシャッター選択率

通常A
なし90% 白黒10%

通常B
なし43% 白黒50% 色つき7%

天国
なし65% 白黒20% 色つき15%

167から
200ゾーン反応ぬけはやめ。
現金177から

2

もっとみる
ありがとう!今日も素敵な1日をお過ごしください。
1

情景

遥か彼方には、黄金に輝く雲とその先が。
下を見れば、今まで生きてきたコンクリートの人工物。
下に戻れるはずもなく、かといって先に焦る必要もない。
見の前には自然の豊かさが拡がり、まだその色を愉しみ、感受していたい。
景色が違って見えるようだ。語られぬ色彩と豊かさがさらにこの地を彩っている。

いい気分。ありますように😄
20

思考しても無駄案件で世界が成り立ってる件。いかにうまく思考停止/思考そらしツールを獲得していくか。

思ったことの羅列です

たぶん人間生きていくには、思考停止ツールや思考そらしツールが必要。思考しろっていう割には、思考しても無駄というか、むしろ思考すればするほどに地獄を見る案件も世の中多いわけで、これは私が若すぎるからそう思うのか、解像度があますぎるのかしらないけど。まぁでもこれから80年もあるかもだし、しかもこの先もおそらく独身未婚子なし女でいくとすれば、いやでも孤独との付き合い方とか自分との

もっとみる
えりぽよぽよぽよ~うれしいぽよ~読んで頂きありがとうございます
18

イエスはご自身の再来の方法が二つあると預言された

全能神教会では、主イエスの再来についてすでに証しをされている。そうですね。全能神は主だと。全能神は終わりの日に裁きを行われる。しかし多くの信者は信じています。主は雲に乗って来られると。主イエスが言われたからです。「そのとき、人の子のしるしが天に現れるであろう。またそのとき、地のすべての民族は嘆き、そして力と大いなる栄光とをもって、人の子が天の雲に乗って来るのを、人々は見るであろう。」(マタイによる

もっとみる

死んだ、者達に、告ぐ。

「いづきは、今日も、働きました。」

「今日も、はち切れる位、ご飯、食べました。」

「今日は、暑かったです。」

「そっちの空は、こっちと、同じでしょうか。」

「こっちは、コロナと言う、戦と、戦っています。」

「それを、知る前に、そっちの世界へ行けて、良かったね。」

「震災。大変でした。」

「けれど、コロナの方が、もっと、大変です。」

「何故なら、世界中だから。」

「けど、怖いけど、

もっとみる
ありがとうございます😊

私のおばあちゃん

母方のおばあちゃんについて書いてみる。

私がまだ赤ん坊だった頃に、ガンで亡くなってしまったおばあちゃん。

顔も声も覚えていない。
でも、とても可愛がってくれていたことは何度も聞いているので、おばあちゃんのことが大好きだ。
(良いところしか聞いてないので、物凄く美化されてるのかもしれない笑)

「すごく可愛がっていたんだよ。ガンで手がパンパンに膨らんで抱っこできなくて。他の人に抱っこされてるのを

もっとみる

突然の旅立ち

今朝ウチの愛犬が遂にお空へと旅立ちました

今年の4月に15歳になったばかり
共にコロナ時代を乗り越えていくものと思っていたのに…😣

☝️今月上旬に📸した愛犬
もう歳のせいかヨボヨボだったけど元気でした…

今年の夏は暑くなるそうだし、野外だと😷を外す人は多数出てくるだろうな…
まぁ気持ちは痛い程分かるし、猛暑の😷は熱中症のリスクもある
人気がほぼ無いところなら😷外して散歩するのもアリ

もっとみる

天国と地獄を発明した事の良い点と悪い点

現在ここにないもので人間が死んだ後にしか見ることができない世界がある。

それが天国と地獄である。

あるかどうかわからないから本当はあるとは言えないが、あるかも、あるんじゃない?的な説得力があるのは、死の恐怖と天国と地獄が表裏一体であるからだろう。

ここにないものを創造することで、ここにある物事や考え方を再認識させたり倫理観や生活観までをも巻き込んで影響をあたえたことは人類最大の発明では

もっとみる
ありがとうございます!
5

吉本隆明  善・悪どちらを優先して考えるか

善・悪どちらを優先して考えるか。これを考えるには信仰のあるなしが大きな問題になってきます。親鸞は当然信仰を持っている人ですから、そこが僕にとってわかりづらいところではあります。

善人が天国に行けるなら悪人はなおさら行ける。そういう考え方はまったくその通りに考えていたのではないでしょうか。理屈はどうかといえば、要するに、善人は救済を必要としていない。だけど、人間、救いを必要としているとすれば、それ

もっとみる