自己紹介って難しい

noteを始めるにあたり,最初にプロフィール登録を行うのですが,これが結構曲者でした。
最初に書いたプロフィールは以下の通り。

1969年神戸市生まれ。福岡市職員を中心とするオフサイトミーティング「明日晴れるかな」を主宰するほか,「ビルド&スクラップ型財政の伝道師」として「出張財政出前講座 with SIMふくおか2030」を携え全国を飛び回る。

これは一昨年に刊行した拙著「自治体の“台所”事

もっとみる
😍😍😍
13

色眼鏡はいらない

この間、職場の同期と一緒に帰りの電車に乗った時のこと。
ひょんなことから大学時代の話になり、そこから卒論のテーマを何にしたかという話になった。

わたしは、学生時代にバイト先で同じ話をした時、「何それ難しそう」と顔をしかめられた経験があったため、今回もそんな反応をされるんじゃないかと思い、本当にざっくりとしか話さなかった。

でも。
ざっくりとしか伝えなかったのに、彼女は「へぇ、面白そう!」と言っ

もっとみる
また来てください♪
9

他人を色眼鏡で見てしまう人 その先入観は危険です! No.554

先日友人に朝ごはんにカレーを食べたという話をしたら「朝からカレーなんか食べるの?」って言われたのですが、これってこの方の先入観なんですよね。例えばインド人が朝ごはんにカレーを食べていても誰も何も言わないと思います。

イチロー選手が現役時代にいつも朝ごはんにカレーを食べていたというのは有名な話ですが、イチロー選手の話をしたら「それはイチロー選手だから」と流されてしまいました。

私が食べているとお

もっとみる
そこが良いんです!
45

【脳と情報】脳は知らず知らず情報操作してる?

人間はびっくりする位、
脳は、知らず知らず、情報操作をし、
偏見や先入観に満ちている…。

自分に都合がいい情報には
胸を開いて、聞いたり、読んでいる。
一方、関心がない情報は入ってこない…。

例えば、シンガーソングライターの
木山裕策さん。歌もキャラクターも
優しく穏やかな印象だけど、
趣味はホラー映画が大好き。
趣味を訊かれたら
毎回、ホラー映画と答えても、
テレビ等マスコミは、
相応しく

もっとみる
嬉しいです!
23

イメージで判断するな

「話してみたら意外と話しやすかった」、「意外と真面目なんだね」etc.

 うるせぇ。見た目で判断するな。そう言いたい。

 殺人事件のニュースが流れると容疑者の昔の友人とかに話を聞くシーンがある。
「気さくで話しやすく、まさかあんなことする人には見えなかった」。
よく聞くセリフだ。

 そう、人は見た目では分からない。

 私の場合、よく「真面目」と言われる。
別に不快には思わないのだが、なんで

もっとみる
スキありがと~!!
1

先入観を自覚する

大体
なにかにとらわれている。

こう思われてるんじゃないか。
実は◯◯なんじゃないか。
これは全部に当てはまるんじゃないか。

そう思っているから
そういう情報を集めるし
そうじゃない情報を与えられても
疑ってかかる。

そしてさらにとらわれていく。

その輪廻は自分で止めない限り
どこまでも続いていく。

そして
いつか大岩のように
一貫して動かない価値観になる。

一貫性とは誠実さの象徴だ。

もっとみる

わたしの中で差別が生まれるとき

私は、幼少期、ミックスという理由でひどいいじめにあっていた。
衣服はボロボロにされ、近所からも石を投げられ、「アメリカへ帰れ!」と書き殴った手紙をポストに入らないくらい突っ込まれ、いじめた相手よりも自分の境遇を呪った。(詳しくはエッセイでもしつこく書いてるのでここでは省きます)
そんな日本人たちによる過去の嫌がらせから、日本が大嫌いになり「こんなクソみたいな国とクソみたいな奴ら(日本人)から一刻も

もっとみる
O(≧▽≦)O
1

こっぱみじんの先入観とさくらんぼ

毎年この時期になると、
奥さんの実家@山形県鶴岡市のお義母さんからさくらんぼが送られてきます。

可愛くて甘くて少し酸っぱくて宝石のようです。
さくらんぼと苺と桃はいつも気分がアガります。

山形といえば東北地方。

僕は関西の大阪出身で、両親も山口出身なので東北地方に縁がありませんでした。そして、なぜだか暗い重苦しいイメージを持っていました。

なんでしょうね?
雪国、辛抱強い、口数が少ない、「

もっとみる
スキありがとうございます。
1

カスタムカーメディアを運営している私がカスタムカーに乗らない理由

どうも、やんじぇです。
動画に特化したカスタムカーメディアを運営していています。

運営者である私自身もカスタムカーが大好きで、若い頃はもちろんカスタムした車に乗っていました。

そんな私ですが、現在はカスタムレスのフルノーマル仕様の車に乗っています。

これには明確な意図と理由があります。あくまでも私はメディア側の人間であって、撮影する側取材する側のポジションであることが多いです。つまりその際に

もっとみる