きんにくちゃん

脳内からあふれ出るものを活字化してます。アイコンは秋山竜次さん。子育ても更年期も終わったので仕事のかたわら、放送大学で学生気分満喫中。年々記憶力が低下しているので、忘備録の意味でnoteを書いています。くだらない話をする友達がいないので、くだらない話をnoteに書いています。

きんにくちゃん

脳内からあふれ出るものを活字化してます。アイコンは秋山竜次さん。子育ても更年期も終わったので仕事のかたわら、放送大学で学生気分満喫中。年々記憶力が低下しているので、忘備録の意味でnoteを書いています。くだらない話をする友達がいないので、くだらない話をnoteに書いています。

    マガジン

    • 過去

      思い出して書くことが脳のトレーニング

    • 現在

      いま

    • 仮面家族

      家族ってなに?

    • 人間関係

      人付き合い苦手なもんで

    • 生涯学習

      50才を超えて、学びたい欲があらわれております。学生時代はいかに勉強せずに遊んでいられるか、と考えていた私からすればこの状況はとてもありえないのですが、まぁあほはあほなりに頑張っています。

    最近の記事

    言葉の刃

    母と母の姉は仲が良かった。 お互いの距離は離れており、簡単に会えるような場所ではなかったのでよく長電話をしていた。 それは、私の子供の頃の話だから40年ぐらい前のことだ。 学校から帰宅すると、母はいつものように電話で喋っている。 この頃(1980年代)と言えば、連絡手段は手紙か電話だ。 その中で電話はいいツールだった。 中学、高校生の頃、私も友達と電話を使って無駄話をしていた。 私が電話で話をしていると「長すぎる!さっさと切りなさい!」とよく注意されていたもんだが、母は

    スキ
    21
      • チラシの裏に書くようなことをネットの大海原に放つ理由

        noteに毎日書いている私の記事の内容だが、日常とその時々の気持ちを惜しみなく出している。 惜しみなく、なんて書くと高尚なことのようだが、私のつるつる脳みそから出る程度のものだ。 大したことは無い。 noteの下書きをパソコンで入力しながら、「こんな内容チラシの裏に書く程度のもんじゃないか?」と思いつつも、誰かに見られるだろう、見て欲しいと自意識過剰気味になりながら文字を並べていく。 チラシの裏に書くだけじゃ、誰も読んでくれない。 おもしろくない。 やはり、誰かに見られ

        スキ
        29
        • テンショッカー

          いままで沢山の会社で仕事をしてきた。 新入社員で入った住宅メーカーで設計補助、ジュエリー会社のボンボンが趣味で始めた和食料理屋の本部で経理、パソコンソフトの会社でデータ入力、インターネットプロバイダでデータ処理、介護事業の会社でレセプト請求、通信会社で営業、そして今は銀行でネット関係のサポートである。 こうやって書いてみると、わたし、長続きしないのがよくわかる(笑) 飽き性だし、こらえ性がない。 今思えば、どの会社も、それなりに仕事も楽しくできたし、人間関係もそこそこだった

          スキ
          14
          • すぐ分析したくなる癖ができた

            心理学の勉強をしている影響なのだろう、ちょっと知識を得るとすぐに実践し相手や自分を分析したくなる。 ああでもないか?こうか?いや、こうなのかも?と相手のこと、自分のことに思いをはせて、秘かに楽しんでいる。 noteのクリエイターさんの記事を読んで勝手に分析したり(大きなお世話だろう)、上司の横柄な態度から見える心理を勝手に分析したり、電話対応中にイライラしたお客の感情が私にも伝染しそうになったとき、自分の心理状態を分析したりしている。 当たってるかどうかはわからないけどね

            スキ
            12

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 過去
            きんにくちゃん
          • 現在
            きんにくちゃん
          • 仮面家族
            きんにくちゃん
          • 人間関係
            きんにくちゃん
          • 生涯学習
            きんにくちゃん
          • あなたのそばにもこんな人いませんか?まるちゃんシリーズ
            きんにくちゃん

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            熟女バー

            まるちゃんが必ず月一で連休になるように有給休暇を取って、このコロナの中どこかへ足繫く通っているのは薄々わかっているが、当の本人は絶対どこへ行っているか口を割らないし、誰も彼女に「どこでなにしているか」なんて恐ろしくて聞けないわっていう状態。 コロナの前から、土日を挟み金曜日や月曜日のどちらか、もしくは両方を休んでいる。 コロナの前は「娘のところへ行っている」とまるちゃんが言う理由を、その頃からすでに半信半疑で聞いていたが、コロナの世界になってからは、理由すら言わなくなった。

            スキ
            12

            わたしは馴れ合いを見せられている

            時間の無駄、メンタル削られるだけ、妬み嫉みが生まれるだけなんだから見ないほうがいいとか、なんだかんだと言いながら、昔の知人のSNSを見てしまう。 その中でも唯一、京佳のインスタは笑えるから、私の癒しではあるのだが。 この「京佳のインスタは笑える」というのは、彼女にセンスがないことや、時代遅れのメイクやヘアスタイルをバカにして、ぶっ飛んだポエムを悦に入ったBBAと笑うことで、私が満足を得ている。 センスについてバカにするなどの私の行為は、マウントだよなぁと思って躊躇しそうに

            スキ
            17

            そろそろ復習

            やっと放送大学の授業が来月から始まる。 先日学費を払ったので、もうすぐ教科書は来るんだろうけど、長いこの夏休みの間に色々と勉強したことを忘れていっているので、一冊の本を借りてきた。 復習である。 見開き2ページに1つのキーワードを解説していて、ほぼイラストなので楽しく読める。 チャプターは6つ。 興味津々になるチャプターである。 noteのタイトルにしたら、たくさんの人が食いつきそうである(笑) 読んでいて、「あ!これ知ってる」と思うキーワードがあると嬉しい。 知らない

            スキ
            15

            美しいマウス

            10年ぐらい使っていたマウスが壊れた。(長持ちした方?) 左クリックが5回中、1回しか反応しない。 ダブルクリックしなくていい場面で、そうなってしまうし、逆にダブルクリックをしなければいけないところで、一向に反応せず空しくクリック音だけが部屋に響く。 画面は「スン・・・」ってな感じで何も起こらない。 何も起こらないならまだいいが、変に別の何かが反応してソフトが起動してしまうなんてこともある。 仕方ないので主要なボタンを左クリックから右クリックに設定を変えてみた。 これ

            スキ
            15

            台風頭痛

            やっと休み、そして三連休! なのに、低気圧の影響で日頃高めの血圧のワタクシも低血圧気味で、そしてお約束の頭痛。 こんな日は、お部屋で快適に過ごすにため電気代惜しまずエアコンはドライモードにして、ダラダラ過ごすことにする。 ただにドライモードにするのは背徳なので、洗濯して、その上シーツも洗おうと思う。 台風が近づいているこのお天気に、洗濯を始める私。 部屋の中でシーツ干すと、一気に芝居小屋感が出る。 この三日間、引きこもる予定でおやつはたんまり買ってある。 だらける連

            スキ
            18

            No Internet No Life

            ここんとこ、と言ってももう数年になるが、我が家のルータがおかしい。 よくインターネットが切れる。 WiFiも動作不安定だ。 先週末、私は相変わらず自宅で引きこもり、壮大な暇つぶしをしていた。 しかし、・・・・。 動画の途中で止まる。 ロードしているクルクル渦巻きが永遠に続く。 動き出したか?と思って2,3分見ているが、また止まる。 酷い時には画面が静止したまま、音声だけが流れていく。 こうなると、仕方なくルーターの再起動をする。 これがまた、1階の奥にあり、2階に

            スキ
            10

            noteの続け方

            いつかははっきり覚えていないけど、ここ最近のこと。 noteを更新した後に、連続何日!とポップアップが出るのだが、そこで777日のゾロ目の日があった。 ほお、スロットマシンならコインがいっぱい出てくるやつやん、と思いながらその画面をスクショすることもなく、PCを閉じた。 自分でも2年を超えて毎日書いていることにびっくりする。 飽き性で、長続きしない私がこのnoteを続けていられるのは、誰のためでもない、「明日の私」や「一年後の私」や「未来の私」に読んで欲しいから書いている

            スキ
            20

            ヒステリックな母の声で幼少期に戻る

            小さい頃、母のヒステリックな金切り声に怯えていた記憶がある。 おねしょをしたら、ヒステリックに叱られる。 いくら夜寝る前にトイレをしたからと言って、夜尿症という病気なんだから仕方ないんだと今ならわかるんだけど、あの頃はただひたすらにお尻を叩かれ怒られた記憶しかない。 学校での出来事を喋らないからと言っては、ヒステリックに叱られる。 終始ぼんやりしていた子供だったので、そうそう毎日のように興奮気味にクラスでの出来事なんてしゃべられへん。 母は無邪気になんでも話す天真爛漫な娘

            スキ
            17

            そして誰もいなくなった

            ・・・noteの街。 誰もいなくなったというわけではないけど、人が減ったなぁ~、という印象が日々大きくなる。 フォロー中のタイムラインに並ぶ記事が少なくなっている。 以前はなかなか読めなかったのに。 以前もこの手の記事を書いたけど、あれからさらに過疎化が進んでる。 私の周りだけなんだろうけど。 最近の私と言えば、noteに記事をあげたら即座にPCを閉じ、自分の記事を読み返すこともなく、他の人の記事を読むこともなく、仕事に飲まれていく感じだ。 人さまのnoteを読んでスキ

            スキ
            30

            それが早くても出世はしません

            私はトイレの早さに定評がある。(きんにく周りの人調べ) 婦女子のトイレは長い、という固定概念を覆すために私は生まれてきたのかもしれない。(なんやそれ) 中学の頃から「きんにくちゃんのトイレ早すぎ」と言われてきた。 「ちゃんと拭いて手も洗ってるの?」と、男子に投げかけるような言葉を私に向かって言うのを何度聞いたことか。 うるせーな、ちゃんとやってるわ! 先生からは、「早飯早クソ早寝は出世する」(当時から給食は早く食べどこでもすぐ寝る)と言われたが、このありさまである(笑)

            スキ
            14

            not very smart

            英会話のアプリで、結構な頻度ででてくるフレーズ。(繰り返して覚えるんだね) My dog is not very smart. たまに、猫の時もあるが。 確かにその通りなんだけど(笑) うちのイッヌはあまり賢くないというか、おバカ犬で間違いない。 犬とは思えぬどんくささと、キレイな女子は絶対ガン見するオヤジ気質。 My dog is not very smart. この問題がでるたび、可笑しくてそして複雑。 でも、そのおバカなさまがかわいいので許す。

            スキ
            12

            セルフでメンテナンスやっていたら上達した

            髪を切った。 3週間に1度のペースで、自分で切る。 美容院に行くと安くても1回3000円程度は必要で、それが月に一度のペースだ。 勿体ないなぁと思ったのが数年前。 それに、美容院で高いお金を支払っている割に、何回か回数を重ねると美容師も客に対して慣れが生じるのか、ぞんざいな扱いになってくるのがわかる。 そうなるのが嫌だから、髪は自分で切ることにしている。 いつもセルフカットばかりなのもなんだかなぁ、と思って美容院でカットをしてもらったこともあったが、スッキリさせてほし

            スキ
            22