雪舟の前衛性

前衛絵画を彷彿とさせるタッチ。ありあまる余白、洗練された印象。雪舟の傑作、破墨山水図である。。

 中国の山水画である南宋絵画の本質を「余白」であると早々に見抜いた雪舟は、それを自分のものにし、中国の画家を上回るほどまでに極めた。本元の中国の山水画ですら中国の山水の風景を描いた画であるにも関わらず、雪舟のこの画は、そうした具象的な対象すら感じさせない抽象画にさえ見える。

 お正月に雪舟のドキュメ

もっとみる

脳内サロン

イタリアの花の都フィレンツェは、ルネッサンスの発祥の地として有名です。

私も一度だけ訪れたことがありますが、街の至る所にこの地をおよそ200年間支配したメディチ家の痕跡がたくさん残っています。

1397年にメディチ銀行を創設したメディチ家はローマ教皇庁の財務管理者となり、その後めざましい発展をとげたことで知られています。

『豪華王』の称号を持つロレンツォ・デ・メディチ(Lorenzo de’

もっとみる

主人公たちの愛称

イタリアルネッサンス期のフィレンツェの工房で起きるちょっと不思議な歴史青春ファンタジーを描いています。

このシリーズを描くにあたって、彼らの名前をお互いどう呼び合うか。というのをまず決めました。というのは、後付けで、

名前の意味を調べていったら、日本語表記にすると単におもしろい訳し方だと思っただけ。

有名な「春」を描いたボッティチェリは、イタリア語で小さな樽の意。

これを日本語表記すると、

もっとみる
励みになります♪
1

全てを極めたいって思うのはなぜか

新年あけましておめでとうございます.今年もよろしくお願いします.

僕は定期的に自分の内側に入り込んで,自分と向き合うことがよくあるのだけれど,今回は新年ということもあって,今年をどう生きるかの誓いを立てるために,改めて自分と向き合ってみた.そうして湧き出る好奇心のままに行動してみたら,新たな自分と出会えた話.

2019年は自分を解きほぐしていく1年だった

2019年は自分に素直になる努力をし

もっとみる
スキありがとうございます!嬉しいです!
9

映画『華麗なる激情』(DVD)感想覚え書き

年末年始をきっかけに、前から見ようと思っていたDVDの一つ『華麗なる激情』を見終わったので、簡単な覚え書き。

 チャールトン・ヘストンがミケランジェロ、レックス・ハリソンが教皇ユリウス2世を演じる。

 映画のストーリーは、ルネサンス3大巨匠の一人、ミケランジェロが教皇ユリウス2世の命で、「いやいやながら」、あの名高きシスティーナ礼拝堂の天井画を手掛ける話。

ダニエラ・デ・ヴォルテッラ、<ミケ

もっとみる
スキ、ありがとうございます
2

ヴィーナス誕生-それはボッティチェリの想像の世界

ヴィーナスの誕生(La Nascita di Venere/1483年頃 伊) ルネッサンス期のイタリアの画家サンドロ・ボッティチェリの作品。このビィーナス誕生は、ボッチェリーが、神話から、描き出した、彼の想像の世界だということだ。
テンペラ画、キャンバス-1725×2785mm。現在、フィレンツェのウフィッツィ美術館に所蔵・展示。

プライベートジェットでトルコ経由にて、イタリアへ、観に行こう・

もっとみる
ありがとうございます!
61

フィリッピーノ・リッピ『受胎告知』:ルネサンス期フィレンツェを代表する画家、ミラノのマリーノ宮にて展示

1. 毎年恒例、ミラノ・マリーノ宮での特別展

毎年12月になると、ミラノのマリーノ宮では、イタリアの美術館から貸し出された作品が期間限定で展示される。

これは、イタリア有数の銀行インテーサ・サンパオロ(Intesa Sanpaolo)が、文化活動の一環として行っているものである。

今年展示されるのは、フィリッピーノ・リッピ(Filippino Lippi; 1457-1504)『受胎告知』(

もっとみる
Merci beaucoup
9

発行物のご紹介

つぶつぶコミックエッセイシリーズ

雑穀と野菜で何でも作れる日本のビーガン食つぶつぶ。その食の技を実践して家族で食転換をしたドタバタコミックエッセイ。

「つぶつぶわかばの穀民料理」300円 A5/36p

「レシピの読めない女」300円 A5/36p   エッセイ二冊目

フィオレンティーナのたまごたちシリーズ

レオナルド・ダ・ヴィンチとサンドロ・ボッティチェリを中心に、15世紀のイタリア・フ

もっとみる
励みになります♪
2