人々をウイルス運搬の罪を持つ存在にして、ワクチン接種の代価が必要と言い続けた人々から離脱。私たちが、自分の人生をわが手に取り戻すルネサンス。分断を乗り越え元気よく進もう!

長い題名で申し訳ありません。 僕は言いたい結論を最初にお伝えするようにしているので、題名で完結してしまいました。コロナ後を予見して3か月前から書いているものも、前書きでほとんど書いてしまっています。 ブログの記事をもとにしています。 ☆☆☆ ワクチンを作っている側の人が、次のコロナウイルス株には現在の遺伝子ワクチンが効かないと言っています。 ずいぶん前からまんえんしているオミクロンも無症状か、軽症状。 急に突然変異したわけでもなく、何年も前からいるウイルスがちょっ

スキ
11

君主論の要約~マキアヴェッリ

ルネサンス期イタリアの政治混乱から 統治論を説いた君主論を読み始めました。 内容を要約します。 君主論は近代政治学です。 君主は生き残るためであれば、 悪徳を行使する能力を身に着け、 これを臨機応変に行使する必要性を問いてます。 君主に求められる素養は力量と運です。 その他、 ・ケチであること ・信義ある人間であると思われること ・白黒はっきりした方針により尊敬されること です。 残虐非道を是とする君主論です。 1.新たに獲得した地域を治める最も安全な方法は制度や法をすべて

スキ
1

君主論~マキアヴェッリ

ルネサンス期イタリアの政治混乱から 統治論を説いた君主論を読み始めました。 内容を理解するために時間を要しています。 ・君主政体にはどれほどの種類があるか、またどのようにして獲得されるか ・世襲の君主政体について ・複合の君主政体について ・反乱が起きないのはなぜか ・極悪非道による君主の座 ・市民による君主政体 ・聖職者による君主政体 ・軍隊にはどれほどの種類があるか ・軍隊のための君主の役割 ・人間が褒められたり貶されたりすること ・気前の良さとケチ ・冷酷と慈悲 ・君

スキ
2

無症状のウイルスに無効のワクチン / ルネサンスの始まり

ワクチンを作っている側の人が、次のコロナウイルス株には現在の遺伝子ワクチンが効かないと言っています。 ずいぶん前からまんえんしているオミクロンも無症状か、軽症状。 急に突然変異したわけでもなく、何年も前からいるウイルスがちょっとずつ変化したものであることも系統図でお示ししました。 無症状のウイルスに無効のワクチン。 どうするかは個人の自由。   ☆☆☆ ファクトの前にこれまでの構造が終焉し無くなりました。 そして何がどういうものだったか分かった。 人間をあた

スキ
32

ルネサンスの再来!?無銭飽食の時代に考える、お金についてのあれこれ。

 ルネサンス期に流行った文学に、嘲笑文学というものがあります。  世の中の道理というものを、ひたすら虚仮にするという内容なのですが、中でも、ヴィヨンという詩人が主人公の、無銭飽食というお話が面白い。  これはですね、無銭飲食とはちょっと違いますよ?  無銭飲食はただの犯罪ですし、大抵はお金に困ってやるものですよね。  やられた方もたまったもんじゃないから、被害届を出すわけです。  でも、このお話の中で、ヴィヨンという頭の切れる詩人は、あの手この手で仲間たちにご馳走を

スキ
2

記憶の行方#wonder

wonderといったら、Stevie wonderを思い浮かべる。 行方のわからないことを楽しめる時と楽しめない時がある。 曖昧さや不確定な気持ち、モヤっとしたこと。 熱が出過ぎて、熱量を持て余す時、それは、悪意ではなく、善でもないのですが、時には、相手にとって、悪と捉えられてしまうことがある。そんな時は楽しめない時。 どんなにそれは、誤解であっても、一つのレッテルが張り巡らされると、大きな壁が出来る。 そんな壁、要らんがな。 一人で生きることと、自立することは、

スキ
1

<芸術一般>「トスカ,カラス,そしてカラヴァッジョ」

20世紀最高のオペラ歌手いや最高のディーヴァ(歌姫),まさに人類に自らの歌を捧げるためだけに生まれてきたと言っても足りない程の至上のソプラノである,マリア・カラスは,最も多く出演したプッチーニ「トスカ」のトスカ役が,そのまま自らの人生を反映したようなものとなっていた。 「トスカ」は,近世初期のイタリアでゴシック美術の天才とうたわれたミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョ(1571年9月29日生まれ,1610年7月38日)の短く激しい生涯を題材にして,カラヴァッジョの恋

目的とスタンスとデカダンス

デカダンス【décadence】 「衰退」を意味するフランス語 こんにちは。のりとです。 目的とスタンスを変えたら人は困る そんな気づきがありましたので、今回筆を取ってみます。 カレーを作ろう!お客様は決まっている状態で、役割分担と時間内の調理。 自分が集めた仲間と一緒に最高のカレーを作ります。 残り時間はわずか、お客様のお腹も空いてきた頃 仲間の1人が言いました。 「いつになったら出来るの?」 どう感じますでしょうか? スタンスが変わると言うことは、目的が変

スキ
4

メトロポリタン美術館展レポート@大阪

アートな話 昨日は大阪市立美術館のメトロポリタン美術館展を観てきたのですが、大阪も寒くてみんながコート着てるの見て服装間違えたと気づいたギータです。 というわけでこの展覧会は是非是非行ってみてということでメトロポリタン美術館展のレポートをさせてくださいね。 【展覧会の構成】展覧会の構成は、15世紀ルネサンスから19世紀ポスト印象派までを3章に分けて展示されてました。 1つ目は「信仰とルネサンス」 フラ・アンジェリコ、ラファエロなどイタリアとクラナーハたちドイツ、ネーデルラン

スキ
1