ホバーソニック3を買った理由

なぜ僕がホバーソニック3を買ったかと言うと
理由は3つあります。

1つ目前の記事でも言ったように
好奇心データ収集してくれたり
コーチングをしてくれるシューズが
安く買えるから

2つ目は誰もホバーソニック3の
YouTubeだったり、
ブログでレビューしてない事

3つ目はランニングを習慣にしたいから

※1つ目は前回の記事で説明しているので省かせていただきます。

「ホバ

もっとみる
スキありがとうございます!!!
2

ASICS TARTHERE EDGE TENKA

NIKEの厚底を一般のランナーが履きだした。
地元の公園のランニングコースにも、NIKEを履いて「ピョコタン」走っているオジサンが増殖中だ。
底にカーボンの板が入っていて、反発力を推進力に効率的に変えていく仕組みだと言う。
わかり易く言うと、跳び箱の踏切板の原理だ。

僕の勝手な推測だが、反発を得るにはそれなりの「踏み込む力」が必要な訳で、初心者では履きこなせる品物では無い。
増してや、ランニング

もっとみる
「スキ」してくれて嬉しいです!
3

「合わない靴」は、頑張れば合わせ込めてしかもフォームも良くなることもあるが、逆に数週間以上の故障を招くこともある。ここの判断ムズカシイ。攻めるならあまり重要でない時期が吉。

アディダス初のカーボンプレート搭載ランニングシューズ

先日、アディダスから初めてのカーボンプレート搭載シューズとなる「アディゼロ プロ」が発表されました。

詳細については、Tarzan webにて記事を書かせて頂いたので、こちらを読んんで頂けると嬉しいです。

発売は4月1日の予定。2〜3km程度の距離を走らせてもらったのですが、アディゼロシリーズらしい履き味という印象でした。なので、同じカーボンプレート搭載シューズといっても、ヴェイパーフライ ネ

もっとみる
ありがとうございます! 励みになります!!
3

足半は短い草履?

前の記事では、

「短い草鞋(わらじ)が足半(あしなか)」か、「長い足半が草鞋」かと、

足半と草鞋と台座の長さの違いから考えてきたけれども、

そもそも「足半は草履(ぞうり)じゃないの?」

という疑問をもたれるかもしれない。

確かに足半は「足半草履」とも呼ばれるため、「短い草履」と思ってしまいがちだ。

でも、足半と草履の間には長さの他に明らかに違う点が存在する。

それが鼻緒の位置。

もっとみる

ホバーソニック3買っちゃいました!

好奇心が収まらず買っちゃいました!笑
アンダーアーマーのホバーソニックス3!!
以前もこれについて記事を書かきましたが
それプラスでさらに知った情報があるので報告します!

1つ!
コーチングについてですが後イヤホンをつけておくとイヤホンに音声が流れてサポートしてくれる!

例えば、歩幅が広くペースが上がって、いれば「ペースを落としてください」とか、
目標に応じて
「速度を落として距離を伸

もっとみる
スキありがとうございます!!!
2

ものを選んで、買うということ

夫おつです。

いきなりですが、私は世の紳士諸兄と同じくガジェットに散在するのが大好き。(意外と妻まみにもそのケはあり)
ロードバイク、マウンテンバイク、ランニング、なんてものを趣味にしてしまった日には、それはもう数多ある機材・アパレルに目を奪われっぱなしなわけです。

というわけで、最近買った機材やその使用感なども都度当ブログで記事化していきたいと思います。

で、本日ご紹介するのはランニングシ

もっとみる

ちょっとそこまで #2

とりあえずスニーカーがダメなのは分かる。
その性質は歩くためであり、走るという攻めの姿勢ではない。
それは分かる。
けれども、ランニングシューズってどれを履けば良いんだ?

【ランニングシューズ 初心者 おすすめ】

【ランニングシューズ 人気】

【ランニングシューズ 疲れない】

当然、調べれば調べるだけ膨大な量の情報が出てくる。初心者向けとされる区分だけでも多くのメーカーが出しているし、その

もっとみる

おむすび~コロリ

皆様こんばんは zekiです

日頃よりかんじる
さまざまな
体験

練習終わったら
靴ひも
ほどいてますか…?

スパイク、ランニングシューズ、トレーニングシューズ

の靴のひも…

グランドに来る時

どうなってますか

もっとみる

穴があいて考えた。

3月のMine秋吉台ジオパークマラソン。

足半を履いてのチャレンジに向けて、二度目の10kmランの最中

足袋の踵に穴があいた。

足半ランでは接地はつま先からするものの、

脚全体で接地の衝撃を減衰して、

最終的には踵も接地する。

比較的軽い接地とはいえ相手はアスファルト。

丈夫といえども所詮は布製の足袋底。

そりゃ穴もあくわな。

ただ、こんなにも早くあくとは思っておらず、しばし途方

もっとみる