私は誰か、しかし記憶喪失ではない

ハロー皆さん、Trevorです。というか初めまして

私はこの地球で聞いた「音楽」というものに、ものすごいビックバンのような衝撃を感じたからこのNoteの場を使ってその「音楽」っちゅう物をみんなに書いていく

どのような音楽を書いていくのか??

私は「音楽」と書いたが、実際にはロックンロールっちゅう物が好きだ!!
なぜロックかだって? それは一番カッコ良くて、反抗している物だからね

しかしロッ

もっとみる

ふざけた要塞

映画音楽風ですが途中からふざけてます。
何故にこんなことを?と思われるかも知れませんが、、、

wave345

変拍子なのですが変拍子に聴こえない、後半の音の渦を楽しんで頂けたら嬉しいです。

変拍子の楽曲作成ガイド【DTM】

変拍子を取り入れた楽曲

「単調な曲はつまらない...」、そんなあなたにおすすめしたいのが変拍子を使った作曲です。

思いつきですが、実際に変拍子を使った曲を作ってみました。ピアノとドラム+αのシンプルな構成でも、変拍子を取り入れることでかなり雰囲気のある楽曲に仕上げることができます。ドラム音源はSuperiorDrummer3、ピアノ音源はIvoryⅡを使用してます。これらの音源は以前紹介した記

もっとみる

シド・バレットという名の偶像

さて。
 たまにはプログレを書かねば。ピンク・フロイドを書かねば。
 忘れがちですが、わたし、プログレッシャーでフロイド・ファンなのですよ。ときどき思い出します。
 そんなわけで今回は、シド・バレットのお話です。

 シド・バレット。本名ロジャー・キース・バレット。
 とかく「狂った天才」と言われて肯定意見しか出ない、ピンク・フロイド創設者。
「シー・エミリー・プレイ(エミリーはプレイ・ガール)」

もっとみる

Flower Travellin' Band – Satori (1971)

当時世界中で雨後の筍のように生まれていたヘヴィブルース・バンドの一つであったFlower Travellin' Bandは、1971年の4月に変貌を遂げた。東洋思想に根差したコンセプトが通底している『Satori』の勝ち得た高い評価は、単なるサイケデリックとエスニック趣味の取り合わせによるものだけではない。ジョー山中の力強いハイトーン・ボイスや、石間秀樹の印象的なスライド・ギターといった、GS時代

もっとみる

U.K. (1978)

皮肉なことだが、あまりにもスタープレイヤーが集まりすぎたグループが登場すると、多くのリスナーはまず身構えてしまいがちだ。パンク・ロックの隆盛によって、下火になりかけていたプログレッシブロック・ムーブメントの救世主として生まれたU.K.だが、Allan Holdsworth、Bill Bruford、Eddie Jobson、John Wettonによる4人の輝かしいメンバーは音楽的に完璧な共存を見

もっとみる

涙のROCK断捨離 135.THE_PRETTY_THINGS「PARACHUTE」

プリティ・シングス「パラシュート」+6/THE PRETTY THINGS「PARACHUTE」
1970年

人生は選択の繰り返しだ。
人は毎日、数千回だとか数万回だとかの選択をしている、というのは、スティーブ・ジョブスのファッションに関する文章で見つけて、その後もいろいろな場所で目にするようになった話しです。
だから服選びなんていうことに判断力を使って疲れないようにするのだとか、ルーチンがスト

もっとみる
ありがとうございます。よろしければ、他もご覧ください。
2

涙のROCK断捨離 134.Still_Life「Still_Life」

スティル・ライフ「Still Life」
1971年

どのような経緯でこのバンドを知って、アルバムを入手したのか、全く思い出せません。
1960年代後半からバンド活動を始めたマーティン・キュアーなる人物が、メンバー・チェンジを繰り返すたびにバンド名を変更させる中で、奇跡的に生まれた傑作アルバムです。

どんな音楽かといわれると形容しにくくて、英国的な抒情性が感じられるアート・ロックとか、煙に巻い

もっとみる
ありがとうございます。よろしければ、他もご覧ください。
7

涙のROCK断捨離 133. RICK_WAKEMAN「LISZTOMANIA」

リック・ウェイクマン「リストマニア」/RICK WAKEMAN「LISZTOMANIA」
1975年

それこそ、リック・ウェイクマンのマニアでもなければ、CDは買わないかもしれない、変な意味で貴重なアルバムです。

ケン・ラッセルが監督した同名の映画のサントラということで、リック・ウェイクマンのソロ・アルバムとしてはカウントされないケースもあるようです。
映画の方は、リストが活躍した時代、その界

もっとみる
ありがとうございます。よろしければ、他もご覧ください。
5