カトリーヌ ド メディシスは善者か悪者か?

まあ、話というものはあまり真剣に聞かないと一回くらい聞いてもああ聞いたことがある、で終わる。二回くらい聞くと、あ、知ってるそれ!と確信する。三回聞くと人に教えられるようになる。だから、講座では覚えていただきたいことは何回もお話しします。

zoomお菓子歴史講座で、特に話さなくても、と思うエピソードも沢山あります。なので、ここからは前回の講座に関するその類の話。

カトリーヌ ド メデイシスの話の

もっとみる
ありがとうございます❣️
4

「Singing from the Floor  A History of British Folk Clubs」

数多くの人たちへのインタビューを細かく編集して、ロンドンとその周辺のフォーククラブの盛衰をたどった本です。

マイクもステージも不要だったから、60年代には数百のフォーククラブがあったそうです。クラブそのものよりミュージシャンに興味がひかれます。

昔から活躍していたALロイドやユワン・マッコールら、アメリカから来て影響を残したジャック・エリオットやビッグ・ビル・ブルーンジーら、無名のディランやポ

もっとみる

ZEROTEN2020 No.26 おかしなせかい「ケーキちゃん、食べる。」

★タイトル★

ケーキちゃん、食べる。

★制作秘話★

ケーキをキャラクター化、髪の毛をクリームになぞらえて描いています。
バックには食べ物を描きました。

着想は、いつも食べられる側のケーキが食品を食べたら面白いのではないか、という考えからです。

ケーキが食品を食べるなんて、普通ではありえない設定なので、絵を見て「なんか奇妙。。。」そんなふうに想いを馳せながら、ご覧になる方それぞれの世界を想

もっとみる

Original Album Series : Judy Collins

廉価CD5枚組シリーズからジュディ・コリンズ。1965年の5枚目から1968年の8枚目までと1975年の12枚目。

青い眼に先見の明が宿っているのか、ジョニ・ミッチェル、レナード・コーエン、サンディ・デニーらの曲を取り上げるのが早い。

昔ボロボロの中古LPで聴いていた8枚目「時の流れを誰が知る」がお気に入りで、なかでもイアンとシルビアがオリジナルの「サムデイ・スーン」が大好き。スティーブン・ス

もっとみる

5.高田渡「ブラザー軒」/透明キラキラの結界

音の可視化についていくつか書いた。1は音程の上下、2は音の左右移動、3は音の偏在、4は入れ違う音。今回は少し外れて、主に歌詞の世界を見る。音のことも最後に少しだけ。

高田渡(1949-2005)は山之口獏、金子光晴などの現代詩にアメリカのフォークを合わせて多くの曲を作った。「ブラザー軒」という曲は、詩人菅原克己の同題詩を歌をつけたもの。七夕の夜に「僕」が亡くなった父と妹を幻視する話だ。

東一番

もっとみる

【DAY29】子供のころから覚えている曲【#30日チャレンジ】

#30dayssongchallenge 29日目です!
今日と明日でおしまいだ~~わ~い。

私、経験ないんですけど、この前友人たちとア〇ウェイの話になりました。みんな結構誘われたりしてるんですね。
私、お客さんにジュースの販売セミナーに連れていかれたことがある以外は、面と向かって……というのがないから寂しいんですよね。

さて、いきましょ!

【DAY29】子供のころから覚えている曲

ザ・フ

もっとみる
エジソンは電球を開発していない
25

shirley collins 「America over the Water」

ビートルズと同じ勲章を女王陛下からもらうまでになった英国民謡界の歌姫シャーリー・コリンズが米国南部音楽旅を回想した本。

音楽研究家アラン・ロマックスが赤狩りを避けるために50年代にロンドンに拠点を移していたとき親密になり、米国に戻ったロマックスに呼ばれ、1959年の秋、音楽収集のために大きなテープレコーダーやバッテリーを積んだ自動車で、ヴァージニア州、ケンタッキー州、テネシー州メンフィス、アラバ

もっとみる

「Roots of the Revival American and British Folk Music in the 1950s」

1950年代の米英のフォーク界について、うまくまとめている本。

米国のほうが印象に残り、英国では50年代後期にブームとなったスキッフルが印象に残る程度(結成当時のビートルズをも巻き込んだスキッフル・ブームって何なのか別の本を読んでみたい)。

米国では50年代初頭にウィーバーズというピート・シーガーのいたグループが大人気となるのですが、赤狩りの影響は映画界だけではなく音楽界にも及び、急速に人気が

もっとみる

ギター/アコギの”「何気に弾く」カッコいい”フレーズ ! ~Emのみ!ハンマリング・オンとプリング・オフとニール・ヤング的弾き方!~ @GibsonTV @創弾き語り @Elixir Strings ​

今回は,アコギ/ギターのテクニック的なお話ということで,好評の『”「何気に弾く」カッコいい”フレーズ !』シリーズの最新版をお送りします!!

関連動画❶『ギター/アコギの”「何気に弾く」カッコいい!!”フレーズ 六十万回突破記念!!~EとAの中,ロックに,かっこよく?かます弾き方!~ @創弾き語り @GibsonTV @Elixir Strings ​』
https://youtu.b
もっとみる

マイ・フェイバリット・ソングス 第19回~あいみょん

(2020年Twitterより抜粋)

『tamago』

ライブが近づいて来たので恒例の予習です。あいみょんの1st.『tamago』を聴く。これだけ才能に溢れ、デビュー時には既に130曲持っていたらしいので、メジャー・フルアルバムでも十分いけたんじゃないかと思うんだけど、インディーズミニアルバムでのデビューだったんですよね。
とはいえ今や代表曲となっている「貴方解剖純愛歌~死ね~」「〇〇ちゃん

もっとみる