大阪芸大へ行った、私の後悔とコンプレックスと夢の話

バイトを辞めて、大学も春休みに入って、本格的に暇になった。ニンテンドースイッチが欲しかったけどどこに行っても品切れなので、そういう運命だったんだと思う。

 前回のnoteで、自分を取り戻す方法を考えた。恋人に依存しない自分を、少しずつ探している。さみしがりなのはどうしようもないけど。3日間のひとり旅から帰ってきた恋人の胸の中で号泣したのは愛だからどうしようもない。

 そう、自分を取り戻す過程と

もっとみる

「お前の欠点は一重」と父が言った時アイプチで父のまぶた引っ付けてやればよかったな

「お前は、頭もいいし、聞き分けも性格もいい。だが目が一重、それが唯一の欠点だな」

と父が夕食時に漏らした。私が中学3年の時だったと思う。なんだか血が冷えたのを覚えている。

今となっては「オカンに似たんじゃボケぇ」と返せるが、当時の思春期の柔らかな心は父の心によって重石がのったようにズシンとした。漬物石くらい重かった。漬物石持ったことないけど。

姉がとても愛嬌があって可愛らしいクリクリの目をし

もっとみる

外見コンプレックスの乗り越え方

〜 今日のテーマ~
外見のコンプレックスをどうやって乗り越えてきたか

-------------------
質問内容

顔と頭が全体的に見て大きく、どんな洋服を着ても垢抜けて見えません。整形などではなく、心の持ち方で対処するしかないと思っています。自分では、どうにもできない外見のコンプレックスの乗り越え方について教えてください。
-------------------

〈ポイント〉
・自分の

もっとみる

カツラをかぶった同僚は他人事

職場は個人的なことやプライベートなことが突っ込みずらい。
例えば同じ職場の部署でカツラをかぶった同僚がいたとする。
みんなカツラをかぶっていることは社内で暗黙の了解となっている。
しかし、そのことを話題にするのは絶対にタブーとなっている。

職場で働いている人にとってとてもストレスになるのは理解できる。
カツラの同僚と話すときも、そしてその同僚が同じ空間にいるときも気を使わなくてはならない。
そう

もっとみる
うれしいです!
2

欠点で愛される人は総じて可愛い

私の兄はとにかく喋る。

本当によく喋る。

私はそんな兄のことをとっても可愛いと思っている。

そして、羨ましく思っている。

彼は家に帰ってくるなり、

その日の仕事であったことや、

〇〇さんがこんなことをしてたんだけど、どう思う?的な話、

全く関係の無い趣味の話、

私が全くやったことのないゲームの話…etc

こんな感じで兄はとにかく自分のことを話す、

全くこっちが知らないネタでも聞

もっとみる
🌹🌹🌹
25

ニコニコできる才能が欲しい。

飲食店の店員の方は、ニコニコできる人が多いです。たとえ、笑う理由がないとしても、笑顔で接してくれると、客は緊張感が和らぎます。ニコニコしているって、人にパワーを与えてくれるんです。

僕も、子どもの時には常に笑っていました。何でもかんでも笑ってしまって、よく涙も流していました。関根勤さんのように、なんでもオーバーに笑っていたと思います(笑)。

しかし、大人になっていくと、だんだんと笑わなくなりま

もっとみる
ありがとうございます!今日もお疲れ様です。
39

もしかしたら誰かの役に立つかもしれないわたしの気づき。2/20

昨日友人と過ごしているときに、映画『アイ・フィール・プリティ』の話になった。わたしはまだ観ていなかったけれど、あらすじは知っていたので、

「自分の体型も顔も嫌いだった人が、自分の理想の姿に変身するんだよね?」と言ったら、

「ふふ、違うよ~~。観てみれば分かるよ。」と意味ありげに笑っていた。むむむ、そんなことを言われると観たくなるじゃんと思い、今日早速観ることができた。

友人のことばが腑に落ち

もっとみる

お財布を抱いて寝てみたら

いいかも♪

そんなんでお金は入ってこない!!

と思われても、思っても大丈夫。

お金を稼ぐ事が苦手な人

お金の扱いが下手な人

お金が寄ってこない人

お金を受け取ることが苦手な人

は、お金に対するイメージが実はよくなかったりすると思う。

私も実際、お金は欲しい!って表面的には思っていても

潜在意識部分では

大金を得るにはそれなりの大きな責任を共わないといけない

大金を得る人はほん

もっとみる
あなたに良いことありますよ〜に
4

一般教養を使って迎合力を高める

昔ほどではありませんが、今でも一流大学、一流企業に入ることが最も良い将来の選択肢と考える方が多くいらっしゃいます。

たしかにそれは一つの事実なんですが、あくまで選択肢の一つであり、それが全てということもないんですよね、

もちろん、キャリアに箔が付きますし、様々な選考過程の場で有利に働くことはありますが、その後はやはりその人の努力や価値観が重要になってきます。

さらに身に付けた教養は、人付き合

もっとみる
ありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。
2

「みんな」を手放す

通勤電車の中で、ふとこう思った。
「みんな」って考え方を手放そう。やめよう。

その時の私は「みんなはどうして」「みんなはなんで」「なのにどうして私は」ということをぼんやり考えていた。
直後「『みんな』て誰だよ。どのくらい『みんな』なわけ?」ともうひとりの私が聞いてきた。

高畑勲監督の「おもひでぽろぽろ」で「PUMAがいいの!みんなPUMA(の靴)だもん!」という中学生女子に親御さんが「みんなっ

もっとみる
活力になります!ありがとうー
4