日本電産 賃金3割値上げへ!?

日本電産の永守会長は、「従業員の賃金を今後3年間で30%引き上げる計画」を発表しました。現在のコロナ禍で給与や賞与に削減する企業が多い中、待遇を大幅に改善することは異例です。

もちろん、ただ値上げする訳ではありません。日本電産は、コロナ禍でも上方修正をするくらい順調に伸びている企業です。その伸びている企業でも、日々生産性向上や原価低減活動に取り組んでいます。そこで確保した利益の一部を従業員に還元

もっとみる
スキありがとうございます!^^
1

転勤や単身赴任は日本だけの慣習 〜 自分が人生を決めるのか?会社が人生を決めるのか? N152

リモートワークで働く場所の自由や権利が認められようとしたところで出てきたのが転勤問題。どこで働いても良いのであれば転勤は必要ないのではないか? 

 そもそも転勤があるのは日本国だけである。メンバーシップ型の弊害なのだが、本社(多くは東京)を中心としつつ若い間に地方拠点を数年単位で経験しつつビジネスの全容を理解して最後に本社に戻ってきて管理職や役員になるというキャリアパスを取っている伝統的な日本企

もっとみる
Grazie(写真は美瑛で出会ったキタキツネ)
2

日本のリモートワークの行方 N151

リモートワークになって働き方改革の一環と称して働く場所の自由とか田舎暮らしを肯定する論調が日本で増えてきたように思う。しかし海外で似たような議論は一切見受けられない。 

 例えば小さい子供がいる女性が在宅勤務をしながら仕事ができるようになることについて、日本ではかなり前向きだ。もちろん良いことだと思う。しかし海外ではすでにこのような事情を特別視することなく、コロナ以前からごく普通に働くことができ

もっとみる
Grazie(写真は美瑛で出会ったキタキツネ)
32

勝利ムードに酔うエリート層が映し出す民主党の正体 バイデン支持の知識層は4年前の「失敗の本質」に学んだか(1)

米大統領選まで1週間を切りました。前回の大統領選では下馬評を覆してトランプ大統領がヒラリー・クリントン候補を破っています。今回は各種世論調査でバイデン民主党候補がリードしていますが、そのまま逃げ切るのでしょうか。

4年前の民主党の敗因がヒラリー不人気だけではないこと、民主党敗北の本質が労働者の政党を知識層が牛耳った結末であったこと、民主党は当時の「失敗の本質」に学んでいないこと、などを詳しく分析

もっとみる
いつもありがとうございます。これからもよろしくです。
3

グローバル化の影響 〜 格差を読み解く(1) N149

Noteをはじめて想像以上に格差について関心の高い若い人たちがいることに驚いた。その多くの人が格差は悪であるという前提に立っている。しかしその格差を縮めるための具体的な行動をなかなか見つけることができない。これは時代性なのかもしれない。数十年前であれば暴力的な行為が予想されるが今の若い人たちが暴力は良くないと教えられているから過激行為に出ないのかもしれないし、もっとスマートに水面下で進行しているの

もっとみる
Grazie(写真は美瑛で出会ったキタキツネ)
39

「グローバル化の死」なのか コロナ禍の米国で議論活発

新型コロナウイルスの流行で、それ以前から進行中であったグローバル化の巻き戻しが加速しているとの見方が米論壇では大勢を占めるようになりました。どうすればグローバル化を修復できるのでしょうか。過去数カ月の米論壇における多様な議論を簡単にまとめてみました。

https://weekly-economist.mainichi.jp/articles/20201020/se1/00m/020/031000

もっとみる
ありがたいことでございます。
1

資本に限りはないが資源には限りがある N148

コロナによる経済危機を乗り越えるために各国中央銀行は利下げや量的緩和を筆頭に経済対策を打っている。日銀の国債やETFの買い入れを見るともはや資本に限りはないのでは?という錯覚に陥る。実際に限りはないということなんだろう。
 

 一方で忘れてはいけないのは資源には限りがあるということだ。どれだけ人間の英知を尽くして数字を操作して経済危機を乗り越えたとしても資源やエネルギー、食糧の危機は乗り越えるこ

もっとみる
Grazie(写真は美瑛で出会ったキタキツネ)
37

日本の低い労働生産性に対してなぜ日本人は受け入れることができないのだろう N147

日本人のよくないところは世界で共通の認識を素直に受け入れないことだ。日本生産性本部が昨年2019年12月に「労働生産性の国際比較 2019」を公表したところによると日本の時間当たり労働生産性は46.8ドル(4,744円)でOECD加盟36カ国中21位だった。 

 この21位がこんなに頑張っているのにそんな低いはずがない。この指標の計測の仕方が間違っているとか、この指標自体が労働生産性を比較する上

もっとみる
Grazie(写真は美瑛で出会ったキタキツネ)
52

格差は相対的だから生まれる、だからAI時代でも仕事の数はなくならない N146

格差は相対的だから生まれる。 

 全員が同じリンゴを食べるとき格差はなくフラットだ。10人の中である1人だけが高級リンゴを食べる時、6人がリンゴを食べられないか(あるいはとても廉価だが危険な低級リンゴを食べざるを得ない)。高級リンゴは手作りだから6人が作業に従事せねばならないし、高級リンゴを食べる1人は資本家にならない限り6人を賄うことができない。 

 しばしばAIは仕事をなくすというが、仕事

もっとみる
Grazie(写真は美瑛で出会ったキタキツネ)
39

ホロライブの「海外ニキ」の比率を調べてみた

バーチャルYoutuber(Vtuber)のファンは日本だけでなく、世界中にいる。特にホロライブでは海外ファンが多く、日本のファンから「海外ニキ」と愛着をもって呼ばれている。今回はそんな海外ファンがどの程度いるのか、チャットコメントを分析して推定した。

※2020/10/18までにチャットログを取得できた動画のみ対象
※チャンネル登録者や再生数の正確な海外ファン比率とは異なる点に注意。
※とはい

もっとみる
Thanks! もしよければシェアもお願いします
105