これから求められる力「全てに意味があることに気づく」

これからの時代に、強くしなやかに時代を生きる人財・組織には、いくつかの考え方を知ることが大切です。

その中でも最も大切な考え方の一つが、「全てに意味があることに気づく」です。

例えば、今、いくつかの国の指導者達は、多くの人々の批判の的になっています。

現実、その指導者達のマネジメントによって、命の危険にさらされる人さえいます。

つい、「何考えてるんだよ!指導者やめろ!よく考えろ!」と思って

もっとみる
スキ、ありがとうございます!
2

コロナ後の日本は国境を開くのか

小池東京都知事が圧勝した選挙でありながら、やはり投票率はすごく悪かったらしい。

豊洲問題などで、安全だが安心はできないなど何言ってるかわかんなかった事は忘れられているのか、かなりあっさり決まってしまったが、もはや選挙は行かないものになりつつある日本において、選挙制度というのがどこまで有効的に作用しているのかは疑問ではある。

どんな国であれ、形や公平性は違えど選挙というのはあるんだろうが、日本に

もっとみる
日本をこれから衰退する国にさせないよう考えていきたいです。
10

2050年の日本の未来を左右するドライバーは?

ドライバー

「内向き」か「外向き」か。
・世界経済の潮流。米中、あるいは米中印の関係は分断か協調か。
・日本の外交戦略

「集中」か「分散」か。
・東京一極集中か、地方分散か。
・オンライン化は進んでいるか。

「上を目指す」か「それなりでいい」か。
・日本企業は積極的にグローバル展開を進めているか。
・日本企業は世界で勝ち残っているか。

改めて考える、日本企業の強み

随時更新

日本企業の強み
・サービス業の質
・信頼性
・技術力
・環境の変化への対応力(*)
・人的資本(チーム力?勤勉さ?)
・日本というユニークなマーケット

日本企業(製造業)の強み
・「中価格帯以上で高品質」な商品開発
・ユーザーニーズに沿う開発力
・コスト削減能力
・多品種少量生産可能

日本企業のグローバル戦略 成功例
①海外のマーケットで開発力・技術力を生かす
・BtoC市場の海外

もっとみる

今は何も問題がなくても、内9割の人は単に今は運が良いだけの話だとしたら?

休日は美味しいパン屋さんやカフェに出掛ける事が好きです。以前はスーパーでもよくパンを買っていました。ですが近年は、特定のメーカーさんかつある程度の値段を出さないと素材に相当妥協しないといけなくなってきたこともあり、どうしても食べたい時以外は回数を減らして良いものにしようとしてみています。

今朝も

『何処へ行けば、超絶美味しいトーストとコーヒーをゆったり頂けるか?』

で暫く脳内サーチをしていま

もっとみる
ありがとうございます!!
2

これからのかっこいい組織

グローバル人財基盤形成教育が目指す組織創りは、これまで多くの人々が疑うことのなかった当たり前の、逆にあります。

先日グローバル化で選ばれる「これからのカッコいい」をアップしましたが、今回は、「これからのかっこいい組織」について考えてみます。

以下、「これからは成果を出せなくなる組織の要素」と「これから求められる組織の要素」です。

社内に明確なビジョンが存在しないこと。

会社の存在意義と築い

もっとみる
スキ、ありがとうございます!
4