竹田正信 Masanobu Takeda

株式会社マネーフォワード 取締役執行役員 マネーフォワードビジネスカンパニーCOO/株…

竹田正信 Masanobu Takeda

株式会社マネーフォワード 取締役執行役員 マネーフォワードビジネスカンパニーCOO/株式会社クラビス 取締役CFO。一貫してITベンチャー畑を約20年。経験領域はセールス/マーケ、事業戦略、人事企画、M&AにおけるPMI等。長野県出身、早稲田大学卒。愛犬の名前はむーたん。

マガジン

  • マネーフォワードで働く人達

    • 156本

    年齢も職種もさまざまなメンバーが、どんなことを考え、仕事やサービスとどう向き合っているのかをお伝えします。

  • いいチームをつくりたいマネジャーのためのマガジン

    いいチームをつくりたい、20代30代の若手マネジャーの方向けに、具体的なエピソードを交えながら、マネジメントのヒントをご紹介します。

    • マネーフォワードで働く人達

      • 156本
    • いいチームをつくりたいマネジャーのためのマガジン

最近の記事

グローバル化を進める会社での、英語ができない役員の葛藤とその転換点

マネーフォワード取締役 グループ執行役員 ビジネスカンパニー COOの竹田です。 当社は、2024年度末にエンジニア組織の英語化を完了させる計画であることを、取締役CTOの中出がエンジニアブログで宣言しています。 今回は、マネーフォワードが英語化、グローバル化を進める中での、私個人の赤裸々な思いの変化について書いてきたいと思います。 はじめにはじめにお伝えしますが、私は英語がとても苦手です。むしろ、英語ができないことにコンプレックスを持っていました。 これまでのキャリ

    • 組織フェーズの変化に対応できないと”無価値”になる話

      マネーフォワード取締役 グループ執行役員、ビジネスカンパニー COOの竹田です。 1年ほど前のnoteで、組織フェーズの転換点について書きました。 その後、社内外のマネジャーや経営者の方々から、この「組織フェーズの変化点」についてよく質問をされるので、今回のnoteでは「従業員数による組織フェーズの変化」について整理してみました。 はじめにこれは、私自身のこれまでの体験から整理した図になりますので、あくまで一例としてご覧いただければと思います。 組織に変化を与える要素

      • カエルの子

        私が大学受験に失敗して予備校生になった頃、父の病気が発覚した。1995年、平成7年のことだ。 父の病気はかなり重かった。医師からは、もしこのまま放っておいたら2ヶ月も持たずに亡くなっていただろうと言われた。それほど、深刻な状態だった。 父は住んでいた街から30キロ離れた、その道の権威の医師と、専門の医療設備のある大病院に入院した。 その病院はたまたま私が通う予備校に近かったので、私はその日から、父の着替えの交換などの世話を担当することになり、その流れで私はほぼ毎日、病院

        • 「もやもや」が、あることをきっかけに晴れて行った話(後編)

          マネーフォワード取締役 グループ執行役員、ビジネスカンパニー COOの竹田です。 前編では、この1年ずっと抱えていた「もやもや」の詳細について書きました。 後編はその「もやもや」を晴らしたコーチングについて書いていきたいと思います。 初めてのコーチングセッション前編でまとめた通り、以下の3つの問いを用意して、初めてのコーチングに臨みました。 問いを立てる力を磨きたい 具体を抽象化する力を付けたい 自分自身の特性(強みや弱み)を知りたい ところが実際は、コーチング

        グローバル化を進める会社での、英語ができない役員の葛藤とその転換点

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • マネーフォワードで働く人達
          マネーフォワード公式note 他
        • いいチームをつくりたいマネジャーのためのマガジン
          竹田正信 Masanobu Takeda

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          「もやもや」が、あることをきっかけに晴れて行った話(前編)

          マネーフォワード取締役 グループ執行役員、ビジネスカンパニー COOの竹田です。 突然ですが、実はこの1年ずっと「もやもや」した悩みを抱えていました。それは「もやもや」という柔らかそうな言葉とは裏腹になかなかに手強く、時にはダークサイドに行ってしまいかねないほどのものでした。 ところがそんな「もやもや」が、あることをきっかけに晴れて行ったのです。いったいどうしてそうなったのか。 (ちなみに今回のnoteはわたしのお悩み大公開みたいになってしまっていますので、先んじてご了

          「もやもや」が、あることをきっかけに晴れて行った話(前編)

          マネーフォワードビジネスカンパニーは、今おもしろいフェーズに一段上がってきていますという話

          マネーフォワード取締役執行役員、マネーフォワードビジネスカンパニー COOの竹田です。 先日クラウド公式noteで公開した、カンパニーCSO山田さんとの対談で、 というお話をしました。 今日は改めて、フェーズの転換点において、マネーフォワードビジネスカンパニー(MFBC)ではどんな変化が起こっているのかについて、私が感じていることを書いていきたいと思います。 組織拡大に伴うマネジメントの変化まずはなんと言っても組織の急拡大に伴って、必要とされるマネジメントが変化してい

          マネーフォワードビジネスカンパニーは、今おもしろいフェーズに一段上がってきていますという話

          マネーフォワード式リーダー研修のつくり方

          マネーフォワード取締役執行役員、マネーフォワードビジネスカンパニー COOの竹田です。 マネーフォワードでは、”Talent Forward”「社員の可能性をもっと前へ。」をテーマに、社員の可能性を最大限に引き出すための、さまざまな施策を行っています。 今回は、その施策の一つとして実施している、 リーダー育成のための「Leadership Forward Program」について、ご紹介します。  「Leadership Forward Program(LFP)」とは?

          マネーフォワード式リーダー研修のつくり方

          マネーフォワードビジネスカンパニーの新ミッションを策定しました

          マネーフォワード取締役執行役員、マネーフォワードビジネスカンパニー COOの竹田です。 マネーフォワードビジネスカンパニー(以下、MFBC)では、カンパニーミッションを改定し、先日公開した「株式会社マネーフォワード統合報告書 2022」にも掲載させていただきました。 今回は、ミッション改定に至った背景や、新ミッションに込めた思いについて書いていきます。 改定の背景 マネーフォワードでは、全社で定義しているMVVCがあり、加えて、MFBCとして定義したミッションや事業指針

          マネーフォワードビジネスカンパニーの新ミッションを策定しました

          ヤクルトスワローズを好きなわけ

          マネーフォワード取締役執行役員、マネーフォワードビジネスカンパニー COOの竹田です。 3月下旬になり、だいぶ暖かくなってきました。そして、いよいよプロ野球開幕の季節です(笑)。 プロ野球には、子どものころから親しんでいるのですが、中でも私は、ヤクルトスワローズのファンです。 最近は、ちょっとマネーフォワードについてのご紹介が多くなっていましたので、今回のnoteは、閑話休題ではありませんが、私の完全に趣味の話、「ヤクルトスワローズ」への想いについて書かせていただきます

          ヤクルトスワローズを好きなわけ

          社内の情報連携の課題に直面して、1年半続けてきた社内向け配信のこと

          マネーフォワード取締役執行役員、マネーフォワードビジネスカンパニー COOの竹田です。 マネーフォワードビジネスカンパニー(以下、MFBC)では、毎月1〜2回、「MFBC Park Session」という社内向けのウェビナー配信をしています。 毎回1〜2組のゲストを招き、私がファシリテーターを務めながら対談します。リアルタイムでZoom配信しますので、視聴者からもチャットで質問や意見を受け付けてインタラクティブなディスカッションも行う形式です。 2020年の9月にスター

          社内の情報連携の課題に直面して、1年半続けてきた社内向け配信のこと

          マネーフォワードの「つよく/しなやかな組織づくり」

          マネーフォワード取締役執行役員、マネーフォワードビジネスカンパニー COOの竹田です。 マネーフォワードでは、半期に一度、「マネーフォワードグループ半期総会」を行っています。 毎回、有志で集まった運営メンバーが、「Let’s make it! Together!」のコンセプトのもとつくりあげる、とてもマネーフォワードらしい会で、私も毎回楽しみにしています。 半期総会については、運営メンバーの花岡さんがnoteを書いていますので、是非ご覧ください。 さて、昨年12月に開

          マネーフォワードの「つよく/しなやかな組織づくり」

          M&Aやグループジョインは、もっと自由であっていい

          マネーフォワード取締役執行役員、マネーフォワードビジネスカンパニー COOの竹田です。 2021年12月1日、マネーフォワードは、社内向けAIチャットボット『HiTTO』を運営する株式会社HiTTOさんのグループジョインを発表しました。 はじめて『HiTTO』というサービスと会社を知った瞬間から、なぜか勝手にとてもご縁を感じ、「絶対にご一緒したい!」と思っていました。その夢が叶い、グループジョインというスタートを切れたことを、本当に嬉しく思っています。 今回のグループジ

          M&Aやグループジョインは、もっと自由であっていい

          「失敗」を経験にするために

          マネーフォワード取締役執行役員、マネーフォワードビジネスカンパニー COOの竹田です。 マネーフォワードは、11月を決算期としているため、今月がFY21の期末となります。このタイミングで、メンバーのみんなに伝えているのは、ありきたりですが、「しっかり振り返りをしましょう」ということです。 振り返りのススメ 期末は「評価」のタイミングでもあり、また来期に向けた「目標設定」のシーズンでもあります。 それが必要なのはもちろんなのですが、会社の制度としてやらなくてはいけないから

          「失敗」を経験にするために

          現場からビジネスをForwardするための、基本だけど大事なこと

          マネーフォワード取締役執行役員、マネーフォワードビジネスカンパニー COOの竹田です。 しばらくnoteの更新ができていなかったのですが、これから少しずつまた書いていこうと思います。 とはいえ、1年ぶりに何を書いていこうかと思い悩んでいたところ、メンバーから、「竹田さんの、"ココロ動かされたこと" について書いてください」とリクエストがありました。 そうです、私たちマネーフォワード クラウドの事業指針は「ココロ動かすクラウド」です。 少々無機質なイメージもある「クラウ

          現場からビジネスをForwardするための、基本だけど大事なこと

          中堅企業のDXに寄り添う『マネーフォワード クラウドERP』スタート

          マネーフォワード取締役執行役員、マネーフォワードビジネスカンパニー COOの竹田です。 この度、『マネーフォワード クラウド』の中堅企業向けサービスを拡充し、バックオフィス業務をクラウドで完結できる『マネーフォワード クラウドERP』の提供を開始することを発表しました。 今回のnoteでは、中堅企業向けにサービスを拡充する背景や、そのご提供内容についてお伝えしたいと思います。 オンラインで開催された戦略発表会 10月12日 (月)に行なった「プロダクト戦略発表会」にて

          中堅企業のDXに寄り添う『マネーフォワード クラウドERP』スタート

          私のライフワーク

          先日の日経ビジネスに、ブルースシンガーで国際セラピードッグ協会代表をされている大木 トオルさんの記事がありました。 仕事と別に「ライフワーク」を持てば、人生の答が分かる 米国では、経済的成功者であっても「生涯をかけて、どんな社会貢献をしているか」によって、初めて人間的に評価されたりするのだそうです。 そこで今回は、私のライフワークについて書きたいと思います。 私のメインの仕事は、マネーフォワードで「お金を前へ。人生をもっと前へ。」というミッションに取り組むことです。 し

          私のライフワーク